1. TOP
  2. 楽しんで食事できる!無理な食事制限なしの5:2ダイエット

楽しんで食事できる!無理な食事制限なしの5:2ダイエット

 2015/11/13 食事   4,317 Views
無理な食事制限なしの5:2ダイエット2

ダイエットをする方のほとんどがしていることといったら「食事制限」。食事制限をして摂取カロリーが少なくなれば、体に脂肪がたまりにくくなって、逆に体にたまった脂肪が落ちてダイエットになるんですね。

でも食事制限をしていると、辛く感じませんか?食べたいものを我慢しないといけませんし、食事制限しているのに体重が落ちなかったら、本当に嫌になってしまいますよね…。

そこで、そんな辛い食事制限を無理して行わないダイエット法があります。それが「5:2ダイエット」で、楽しんで食事ができる素晴らしいダイエット法なんですよ。

ということで今回は、楽しんで食事ができる、無理な食事制限なしの「5:2ダイエット」についてご紹介します。

スポンサーリンク

無理な食事制限なしの「5:2ダイエット」とは?

クエスチョン

さて、「5:2ダイエット」といっても、どんなダイエット法なのか分からない方がほとんどだと思います。そこでまずは、5:2ダイエットがどんなダイエット法なのか、ご紹介しましょう。

5:2ダイエットとは、1週間のうち2日だけ断食をするダイエット法。つまり、1週間のうち5日間は普通の食事をして、残りの2日間で断食をするから「5:2ダイエット」というんですね。

5:2ダイエットの中で行われる断食というと、一定期間、食べ物を一切食べない宗教的な行為のイメージがありますが、最近ではダイエットに良いとされています。ですが、ダイエットのためといっても、断食中は水以外のものを一切口にしてはいけないので、なかなかの精神力が必要になります。

ですが5:2ダイエットは、1週間のうち2日だけ断食をするといっても、その断食中に「食べ物を食べてはいけない」ということはありません。規定の摂取カロリー以内でしたら、食べ物を食べても良いプチ断食なんです。

このように、5:2ダイエットはゆるゆるのプチ断食ダイエットで、プチ断食をしない日は好きなものを食べて食事を楽しめるため、無理な食事制限なしでゆとりを持ってダイエットを続けることができるんですよ。

5:2ダイエットの効果

メジャー

それでは、「5:2ダイエット」をすると、私たちにどんなダイエット効果をもたらしてくれるんでしょうか?その5:2ダイエットの効果について、1つずつ見ていきましょう。

体に脂肪がたまりにくくなる

5:2ダイエットでプチ断食をしている時は、摂取カロリーが少なくなるため、体に余分な脂肪がたまりにくくなります。ですが、5:2ダイエットには、ほかの要因でも体に脂肪がたまりにくくなる効果が期待できるんです。

それは、プチ断食をすることで口にする食べ物が少なくなるので、当然のことながら腸の中の食べ物の量が少なくなります。その結果、腸内の食べ物の移動がスムーズになり、長時間、腸内に食べ物が滞在しなくなるため、ムダに栄養を吸収されれなくなる。つまり、体に余分な脂肪がたまりにくくなるんです。

ダイエットは体重を落とすことに注目しがちですが、もっとも注目しなければならないのが体にたまっている脂肪の量。そんな脂肪を、5:2ダイエットなら減らすことができるんですね。

腸が活発になり代謝が上がる

疲れやすい体を体質改善する方法5:2ダイエットで腸内の食べ物の移動がスムーズになれば、腸内の環境も良くなります。じつは、腸内の環境を良くすることもダイエットにとって良いことなんです。

なぜなら、腸内の環境が良くなると、腸の働きが活発になるから。その結果、腸が消化する際に使われるエネルギー量も多くなるので、代謝が上がって痩せやすく太りにくい体づくりができるようになるんです。

最近はエコカーブームで、燃費の良い車が良い車とされていますが、逆にダイエットをするなら、消費エネルギーが多い燃費の悪い体(代謝の良い体)の方がダイエットしやすくなります。ですので、あなたも5:2ダイエットで、代謝を上げて痩せやすい体づくりをしてみませんか?

便秘も解消できる

ダイエットをしている方の中に、便秘に悩んでいる方もいらっしゃると思います。便秘になる原因にはいろいろありますが、何といってもいつばん原因は、腸内環境が悪化して腸の働きが衰えていること。腸の働きが衰えれば、食事したものが腸内に残りやすくなるため、便秘になってしまいます。

そこで先ほどご紹介したように、5:2ダイエットは腸内環境が良くする効果があるため、腸内の食べ物がスムーズに移動するようになります。つまり、5:2ダイエットは便秘の解消にも効果があるんですね。

ですので、慢性的に便秘に悩んでいる方は5:2ダイエットじゃなくても、1カ月に1回でも良いですからプチ断食をして腸内環境を整えると、しつこい便秘を解消できるのでオススメなんですよ。

美肌効果も期待できる

美容効果便秘になるとお腹が張って気持ち悪くなりますが、便秘になるデメリットはそれだけじゃありません。便秘になるということは、体にたまった老廃物が体の外に排出されにくくなるため、お肌にも悪影響を及ぼすんです。

また、便秘は腸内環境の悪化とも関係しており、腸内環境が悪化して悪玉菌が増殖すると腸内に有害物質が増えるため、有害物質が吸収されて血液に流れ出すとお肌に悪影響を及ぼします。

では、便秘がお肌にどんな悪影響を及ぼすのでしょうか?それは

  • 肌荒れ
  • くすみ
  • カサツキ

などがあり、便秘が美肌から遠いお肌を作り上げてしまいます。

ですので、5:2ダイエットをして腸内環境を良くして便秘が解消されれば、美肌効果も期待できます。お肌にハリや潤いがあげれば、年齢以上に若く見られるようになるので、自分に自信が持てるようになりますよね。

スポンサーリンク

5:2ダイエットのやり方

食べる03

無理な食事制限なしなのに、ダイエットはもちろんのこと便秘解消や美肌に効果のある5:2ダイエットですが、具体的にどのように行っていくのかご紹介します。

プチ断食の基本的なやり方

まず最初にご紹介するのは、5:2ダイエットで2日間行うプチ断食のやり方です。5:2ダイエットをする上でいちばん大切なことですので、しっかりとやり方を覚えましょう。

5:2ダイエットのプチ断食は、食べ物を一切食べないとい普通の断食ではなく、規定の摂取カロリー以内なら食べ物を食べて良いとご紹介しました。その規定の摂取カロリーとは1日500kcal。ですので、プチ断食中の摂取カロリーは1日500kcal以内に収めてください。

ちなみに、女性と男性では体格差がありますので

女性:500kcal以内
男性:600kcal以内

とすると良いですよ。

プチ断食に良い食材

ただ1日500kcal以内でしたら食べ物を食べて良いといわれも、成人の1日の摂取カロリーの平均が1800~2200kcalなので、食べるものがだいたい限られてきます。またプチ断食を始めても、いざ何を食べようか考えると分からないですよね?

そこで、プチ断食に良い食材についてご紹介します。

野菜

ダイエット中の食事と定番といえば野菜がありますが、もちろんこの野菜は食材はプチ断食に良い食材です。野菜は何といっても低カロリーで、さらに体の代謝を上げるために必要なビタミンやミネラルを豊富に含んでいるので、ダイエットに最適なんですね。

とくにプチ断食中はお腹が減るので、不溶性食物繊維を多く含んだ野菜がおオススメ。不溶性食物繊維は体内に入ると、水分を吸収して何倍にも膨れ上がるので、満腹感を感じやすくなるんですよ。

不溶性食物繊維を多く含んだ野菜というと

  • もやし
  • キャベツ
  • モロヘイヤ
  • ニラ
  • ごぼう
  • ほうれん草

などがありますので、ぜひプチ断食中に食べてみてください。

低GI食材

ダイエットに良い食材の中に低GI食材があります。なぜ低GI食材がダイエットに良いかというと、血糖値の上昇が緩やかになるから。じつは、血糖値が急激に上昇すると体に脂肪がたまりやすくなってしまうため、ダイエット中に食事をする際は、血糖値の上昇に気をつけることが大切なんです。

そんな低GI食材をご紹介すると

  • 玄米(GI値:55)
  • 発芽玄米(GI値:54)
  • そば(GI値:54)
  • 全粒粉パスタ(GI値:50)
  • 全粒粉パン(GI値:50)
  • ライ麦パン(GI値:58)
  • さつまいも(GI値:55)
  • オートミール(GI値:55)

などがあり、カッコ書きで書いてあるGI値が60以下だと血糖値が上がりにくく、GI値が低くければ低いほど良い食材なんですよ。

次の記事では、GI値について詳しくご紹介していますので、参考にしていただけたらと思います。

ダイエット中でもOK!主食なのに食べても太らない食べ物9つ

高タンパク低カロリー質食材

ダイエット中は、お肉などのタンパク質食材を避けてしまいがちですが、ダイエット中にタンパク質を避けると筋肉が痩せ細り、代謝が落ちて帰って太りやすい体になってしまいます。ですのでタンパク質は私たち人間にとっては大切な栄養源。そして、筋肉量を増やして代謝を上げるためには、タンパク質が必要なんです。

といっても、タンパク質はカロリーが高い食材が多いので、プチ断食中は高タンパク低カロリー食材がオススメです。例えば

  • 鶏のササミ肉
  • 豚・牛の赤身肉
  • マグロの赤身
  • ほっけ
  • 豆腐

などがありますので、ぜひ食べてみてください。

水分

ダイエットをすると、ついつい陥りがちなのが水分不足。水を飲むと飲んだ分だけ体重が増えるので、水分を摂るのを控える方もいらっしゃるようですが、体重が増えるのは一時的なことでダイエットには必要なんです。

なぜなら体が水分不足になると、血液がドロドロした状態なって流れが悪くなり、代謝が落ちて太りやすくなるから。なので、ダイエット中は水分不足にならないようにしないといけないんですね。ですので、プチ断食中もしっかりと水分を摂りましょう。

ちなみに、プチ断食中にピッタリな水分は「水」。水分補給のためにお茶やコーヒーを飲まれる方がいらっしゃいますが、お茶やコーヒーには利尿作用があり、結局は体から水分が失われてしまいますので、水を飲んで水分を摂りましょう。

普通の食事をする5日間は食べ過ぎ注意

プチ断食をしない残りの5日間は基本的には何でも食べて良いのですが、いちばん怖いのが食べ過ぎです。いくら5:2ダイエットで2日間プチ断食をしても、残りの5日間で食べ過ぎていたら、5:2ダイエットの効果はほとんどありません。

そこで、5日間の食事は腹8~9分目の食事をするように心がけましょう。腹8~9分目だったら、何を食べても構いません。

もし、あなたが腹8~9分目の食事をするのに自信がないのなら、次の記事をご覧ください。簡単に食欲を抑える方法ですので、食欲をコントロールして腹8~9分目の食事をしていきましょう。

ダイエットに成功できる!簡単に食欲を抑える方法10選

プチ断食は連続し行わなくてOK

さて、ここまで5:2ダイエットのやり方についてご紹介してきましたが、プチ断食を連続して行わないといけないと思っている方もいらっしゃると思います。

ですが、プチ断食は連続して行わなくてOK!例えば、月曜日と木曜日にプチ断食をするように、日を空けたほうが無理なくプチ断食をすることができ、ダイエットに成功するまで5:2ダイエットを続けることができます。

5:2ダイエットは、無理な食事制限なしのダイエット法。なのに無理に感じてしまったら意味がありません。

ちなみに、もしあなたが「いきなり週に2日もプチ断食をするなんて嫌だ!」と思われるなら、週に1日だけプチ断食をするのも良いですよ。そしてプチ断食に慣れてきたら、5:2ダイエットを始めてみましょう。

5:2ダイエットが合わない方

ご紹介してきたプチ断食ダイエットは、残念ながらすべての方に適したダイエット法ではありません。次の

  • 成長期のお子さん
  • 妊婦さん
  • 授乳中の方

これらの方は体に栄養が必要なのに、プチ断食が栄養不足を招いて自分自身や赤ちゃんに悪影響を及ぼしますので、、5:2ダイエットをするは避けましょう。

スポンサーリンク

無理な食事制限なしのダイエットの関連記事

次の記事では、5:2ダイエットの以外の無理な食事制限なしのダイエット法について紹介しています。もし5:2ダイエットがあなたに合わない場合は、ぜひこちらにチャレンジしてみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ダイエットに食事制限を不可欠ですが、好きなものが食べらないというのは、私たちにとってかなりのストレスになります。でも、食事制限をしてそれを乗り越えないと、なかなかダイエットに成功できないのも事実なんですね。

そこで今回ご紹介した5:2ダイエットは、無理な食事制限なしでダイエットをすることができます。そして、ダイエット効果だけじゃなく、便秘や美容にも良いというとで本当にオススメです。

もし、あなたがダイエット中の食事制限に悩んでいるのなら、この5:2ダイエットにチャレンジしてみませんか?あなたの食事制限の悩みを、これで解決しましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

無理な食事制限なしの5:2ダイエット2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 健康的に痩せる食べ方11選!少しの工夫で食べてダイエット

  • スッキリ感が最高!レモン水のダイエット効果8つ&作り方

  • 杜仲茶の効能6つ!ダイエットに効果のある飲み方もご紹介

  • きなこ牛乳7つの効果が凄い!ダイエットにいい健康ドリンク

  • 食べるほど痩せる?マイナスカロリーダイエットできる食材12選

  • 1日1食だけでOK?新りんごダイエットの効果7つ&方法