1. TOP
  2. その後ろ姿…見られてますよ!老廃物を流す背中痩せストレッチ9選

その後ろ姿…見られてますよ!老廃物を流す背中痩せストレッチ9選

 2015/04/06 運動   34,648 Views
背中痩せストレッチ

鏡に映った自分の姿。そこに見えるのは自分の正面の姿ですよね。

私たちは、自分の正面の姿を見ることはありますが、後ろ姿を見る機会はなかなかありません。ないんですけど後ろ姿、とくに背中は年齢が出やすい場所でもあるんですよ。

背中も他の体の部分と同じように老廃物がたまって、むくむといわれています。背中がむくんでしまったら、背中が大きくなって太って見えてしまい、実年齢以上にも見られてしまいます。なので、背中を引き締めて上げることも大切なんですね。

ということで今回は、背中にたまった老廃物を流す、背中痩せストレッチをご紹介します。

スポンサーリンク

背中に老廃物がたまる理由

考える

では、どうして背中に老廃物がたまってむくんでしまうんでしょうか。その理由の1つとして、背中に体重がかかるところにあります。

例えば夜、仰向けになって寝ていると、背中に体重がかかりますよね。背もたれのあるイスやソファーに背中をあずけても、体重がかかりますよね。

体のどの部分も同じなんですが、体重で負荷がかかると血管が締め付けられて血液の流れが悪くなります。さらには老廃物を流すリンパの流れも悪くなるので、背中に老廃物がたまるわけです。

また、背中は余分な肉も付きやすい場所。背中についた余分な肉は皮下脂肪なので本当に落ちにくく、そんな背中の肉と老廃物が結びつくとセルライトができてしまいます。

セルライトができた部分は、皮膚の表面が石のようにゴツゴツした感じになってしまいます。そして、セルライトは長い時間かけてできるので、セルライトを除去するにも長い時間がかかってしまいます。

ですので、背中がむくんだりセルライトができないようにするためには、背中の老廃物をしっかり流して上げることが大切。背中の老廃物を流せばむくみは解消され、セルライトができる心配がありません。すでに背中にセルライトができてしまっている方も、背中の血液とリンパの流れを良くしてあげれば、徐々にですがセルライトを除去できますよ。

背中の老廃物を流す背中痩せストレッチ

ストレッチ01

背中の老廃物を流すには、背中の筋肉をストレッチするのが効果的です。ストレッチをすれば、背中の筋肉が柔らかくなって血液やリンパの流れが良くなり、たまった老廃物が流れるんですね。

ということでここからは、背中にたまった老廃物を流す「背中痩せストレッチ」をご紹介します。

1.ゆりかごストレッチ

まず最初にご紹介するのは、ゆりかごストレッチです。ゆりかごストレッチといっても聞き慣れないかもしれませんが、仰向けになって両膝を両腕で抱え込み、ゆりかごのように背中でゴロンゴロンするだけのストレッチなんですよ。

なぜこんなストレッチが背中の老廃物を流すの良いかというと、背中でゴロンゴロンすると、背中の上をローラーが動いてマッサージされているかのようになるんです。なので背中の筋肉がほぐれて老廃物が流れるようになって、背中を引き締めることができるんですね。

実際にゆりかごストレッチをすると、背中がほぐれてとても気持ち良くなるのでオススメです。

ただフローリングの床のような硬い床ですると、背骨があたって痛みを感じる方もいらっしゃるかもしれません。もし背骨に痛みを感じるようでしたら、柔らかいじゅうたんやマットなどの上で、ゆりかごストレッチをしてみてくださいね。

2.たるんだ背中シェイプ

続いては、たるんだ背中をシェイプするストレッチです。以前、「おうちヨガでダイエット!初心者でも効果が出る簡単ポーズ10選」の中で紹介した「チャイルドポーズ」を発展させたストレッチなんですよ。

まず床に正座した状態から上半身を前に倒して額を床につけ、両手は前方に伸ばして床につけて、これがスタートポジションです。そして腰を持ち上げて体を伸ばしていって、両手で上半身を支えて体を反らせ、また元のスタートポジションに戻ります。これを数回繰り返すんですね。

このストレッチをすると、最初のスタートポジションで背中が伸び、体を反らせることで背中が縮みます。この背中の伸び縮みが背中のストレッチに効果的で、背中の老廃物を流して引き締めるんです。

実際にこのストレッチを数回繰り返してみると、背中がだんだん温まってくるので、背中の血行が良くなったんじゃないかと感じましたね。

3.背中と脇腹引き締めストレッチ

こちらのストレッチは、背中と脇腹を一緒に引き締めるストレッチです。なので、一風変わったかたちで背中をストレッチをするんですね。

床に四つん這いになった状態からストレッチをスタートさせます。そして、上半身を左右に「く」の字に曲げることで、背中と脇腹をストレッチしていきます。

背中も余分な肉がつきやすいですが、脇腹も余分な肉がつきやすいところ。背中も脇腹も引き締めたい方にとっては、一石二鳥なストレッチですよ。

4.肩こりも解消できる背中痩せストレッチ

背中の筋肉が凝り固まっていると、肩も一緒に凝っている方も多いことと思います。そんな肩コリも一緒に解消できるのがこの背中痩せストレッチです。

このストレッチはご存知の方もいらっしゃると思いますが、やり方はとても簡単。はじめに両手をお尻の位置で組んで肘を伸ばします。そして、肘を伸ばしたまま組んだ手を上へ持ち上げて、手のひらを後方へ向けるだけです。こうすることで左右の肩甲骨が寄って、背中と肩のストレッチになるんですね。

肩甲骨のまわりには、褐色脂肪細胞といわれる細胞が集まっています。褐色脂肪細胞は刺激をされると発熱をするため、体にたまった脂肪を燃焼させることができます。

もちろんこの背中痩せストレッチをすれば、褐色脂肪細胞が刺激されるので熱を発します。つまり肩甲骨まわりが温まるわけで、血流やリンパの流れが良くなって老廃物が叱り流れるようになって、背中を引き締めることができるわけですね。

場所もとらず、いつでもどこでもできるストレッチですので、例えばデスクワークをしていて肩や背中が凝っているのを感じたら、このストレッチをしてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

5.寝ながらできる簡単背中痩せストレッチ

こちらは仰向けに寝ながら行う、背中痩せストレッチです。ですので夜寝る前、または朝起きた時にベットや布団の上でこのストレッチをすると、背中のストレッチになるだけじゃなく、寝つきや朝の目覚めが良くなります。

仰向けになったら体をまっすぐにして、それから両肘を曲げた状態からスタート。両肘に力を入れて頭は床に付けたままで背中を床から離し、背中をアーチ状にしてキープするだけです。

こうすることで先ほどの「肩こりも解消できる背中痩せストレッチ」のように左右の肩甲骨が寄りますので、背中のストレッチになって老廃物がしっかりと流れるようになるんですね。

背中をアーチ状にする時、両肘だけの力に頼るとなかなか背中がアーチ状にならないので、頭や首を使って背中を持ち上げるとアーチ状をつくりやすくなりますよ。

6.イスに座ってできる背中痩せストレッチ3つ

こちらはイスに座った状態で背中を伸ばす背中痩せストレッチです。また、立った状態でもできますので、「肩こりも解消できる背中痩せストレッチ」と同じように、いつでもどこでもできるストレッチになっています。

まずイスに座って背筋を伸ばし、両手を組んで前方へ突き出して肩の位置まで上げます。そして、頭を前傾して背中を丸めて伸ばすストレッチが1つ目。続いて2つ目は、イスに座って背筋を伸ばし、両手を頭の上で組んでしっかり伸ばして左右に体を倒すストレッチになっています。

さらに3つ目は応用編として、肩甲骨の稼働域を増やして背中痩せをするストレッチまであるんですよ。

実際に疲れた時にこのストレッチをしてみると、背中も気持ちリフレッシュできてるので、ストレッチが背中に効果があるのを感じました。空いた時間があったら、このストレッチにチャレンジしてみてください。

7.背中をひねる背中痩せストレッチ

背中はひねることでもストレッチができるんです。こちらはそんな背中をひねって行う背中痩せストレッチです。

床に長座した状態からストレッチをスタート。上半身をやや後方へ倒しながら体をひねっていき、ひねった側の反対の手をひねった側の床ギリギリまで持っていてキープします。これを左右どちらもひねるんですね。

このストレッチをすると背中の筋肉や背骨まで一緒にストレッチができます。また、ひねることで脇腹もストレッチされますので、脇腹の引き締めも期待できますよ。

体をひねることは、普段の生活ではあまり機会がありません。ぜひこのストレッチで体をひねって、背中と脇腹を引き締めてみてはいかがでしょうか。

8.前屈してひねる背中痩せストレッチ

先ほどの「背中をひねる背中痩せストレッチ」とは違い、このストレッチは床に座った状態から上半身を前に倒してひねる背中痩せストレッチです。

床にあぐらをかいて座った状態からスタート。左膝の方向へ上半身を倒していき、両手をしっかり伸ばします。そして、体を元の状態に戻したら右膝方向も同じように行います。

こうすることで左右の背中の筋肉を交互にストレッチができ、さらには脇腹も一緒にストレッチができるんですよ。

もし股関節が固くてあぐらをかけない方は、無理してこのストレッチをするのは避けましょう。ケガをしてしまっては意味がないですからね。

9.腰から背中を一気にストレッチする背中痩せストレッチ

最後にご紹介するのは、床に開脚して座って前屈する背中痩せストレッチです。

床に座って開脚をした状態からスタート。ゆっくり前に上半身を倒せるところまで倒していってキープして、またゆっくりと元の状態に戻る。これを繰り返すだけです。

オーソドックスなストレッチですが、前屈をすることで腰から背中までを一気にストレッチができるのですよ。

無理に膝を伸ばして前屈しなくても良いそうですので、体の固い方は膝を曲げて前屈して、前屈できるとこまで前屈してみましょう。もちろん無理は禁物ですよ。

スポンサーリンク

背中痩せに役立つ関連記事

次の記事でも、背中痩せに役立つ方法について紹介しています。ぜひ、今回のストレッチを一緒に行って、理想の背中を作っていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

どれも背中痩せをするためには、効果的なストレッチだったと思います。

これからの時期、だんだん薄着になっていきますので、背中もだんだん目立つようになります。なので、もし背中がむくんでいたり余分な肉が付いているなら、しっかり解消してみてはいかがでしょうか。

そうすれば後ろ姿も自信が持てて、薄着になっても全然平気。オシャレをして外出するのも楽しくなりますよね。

本格的な夏の到来までには、まだまだ時間はあります。毎日、背中痩せストレッチをして背中を引き締めていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

背中痩せストレッチ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 4分で1時間の運動効果!タバタ式トレーニングのメニュー6選

  • 寝ながらストレッチ!太もも痩せに効く簡単なダイエット法5選

  • 簡単にできる!ダイエットに役立つダンベル体操7つのやり方

  • 自宅でできるライザップ!リズムトレーニング編に挑戦した感想は?

  • 縄跳びダイエット4つの効果/驚きの消費カロリーにビックリ!?

  • この時間でOK!ジョギングでダイエットするなら朝が良い4つの理由