1. TOP
  2. バランスボール5つの効果!ダイエットにも効く簡単な使い方も

バランスボール5つの効果!ダイエットにも効く簡単な使い方も

 2016/10/05 運動   156,366 Views
バランスボールの効果

ダイエットグッズやトレーニンググッズって、いっぱいありますよね。

なかにはテレビや雑誌で話題になったグッズもあって、気になって購入された方も少なくないと思います。

そんなグッズの中で、今回注目したのはバランスボール。スポーツショップやホームセンターに行けば必ず置いてあるグッズですよね。

バランスボールは、なんとなくダイエットや体を鍛えるのに良いというのは知られていますが、実際にどんな効果があるんでしょうか。

ということで今回は、バランスボール使って得られる効果と、ダイエットに良い簡単使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

バランスボールの魅力

うれしい

バランスボールは、もともとはケガをされた方のリハビリ用としてつくられたボールで、エクササイズボールとも呼ばれています。

ですが今では、トレーニンググッズの1つとして一般の方からアスリートの方まで幅広く使われています。

しかもダイエットにも効果的ということで、人気のダイエットグッズでもあるんですよ。

バランスボールの最大の魅力は、バランスボールさえあれば、いつでもどこでもエクササイズやトレーニングができるところ。

そしてダイエットをする方にとっては「ながらダイエット」ができるということで、忙しくてもダイエットできる魅力があるんですよ。

バランスボールの効果

ヒデトレのやり方

では早速、バランスボールを使って得られる効果をご紹介します。

バランスボールに興味のある方はもちろんのこと、バランスボールは持っているけど放置状態にしてしまっている方も、バランスボールの効果を再確認してみてくださいね。

1.代謝を上げるダイエット効果

ダイエットを成功させるには、体の代謝を上げることが一番大切です。

代謝が上がれば、よりエネルギーが消費されるようになって、体にたまった脂肪が燃えやすくなりますし、体に脂肪がたまりにくくもなります。

じつは、バランスボールを使うと体の代謝が上がって、ダイエット効果があります。

というのもバランスボールを使うと、体の奥深くにある筋肉であるインナーマッスルを鍛えることができるからなんですよ。

インナーマッスルは、姿勢をキープするためにとても重要な筋肉。

そのインナーマッスルを鍛えると、腹筋や背筋のような体の表面にある筋肉を鍛えるよりも代謝が上がるため、脂肪を燃焼する効果が高いといわれているんですよ。

2.体のむくみを解消できる

足02インナーマッスルを鍛えると、インナーマッスルの付近にある内臓の働きも活発になります。

例えば、腸腰筋という背骨と骨盤、そして股関節をつなぐインナーマッスルを鍛えると、その付近にある腸の働きが良くなるといわれています。

腸の働きが良くなれば、食事したものがしっかりと消化と吸収されるようになりますし、腸にたまった老廃物もしっかり排出されるようになります。

なので、体にたまった老廃物が原因で起きるむくみなども解消する効果も期待できるんですよ。

インナーマッスルを鍛えるには、普通の筋トレをしてもなかなか鍛えることができないので、ぜひバランスボールを使って効果的に鍛えましょう。

3.バランス良く筋肉を鍛える

自宅でする筋トレといったら、腹筋なら腹筋だけ、背筋なら背筋だけのように、体のパーツ毎に筋肉を鍛える筋トレが多く、どうしても鍛え方に偏りができてしまいます。

もし鍛え方に偏りがでると、猫背やポッコリお腹、二重あごになる恐れがあるんです。

その点、バランスボールはインナーマッスルだけじゃなく、腹筋や背筋などの体の表面の筋肉をバランス良く鍛えることができます。

そのため猫背やぽっこりお腹、二重あごの解消や予防に効果的なんですよ。

4.体のゆがみや腰痛を解消する

女性に多い反り腰の治し方体のゆがみは、体に悪影響を及ぼします。腰痛になったり、肩こりになったりします。

さらには骨盤がゆがむと、下半身の血流やリンパの流れが悪くなるためにむくんでしまい、下半身太りの原因にもなります。

体がゆがんでしまう原因は、姿勢を支えるインナーマッスルが衰えたり、体の表面の筋肉のバランスが崩れたりすることが挙げられます

そこで役に立つのが、バランスボールです。

バランスボールはインナーマッスルを鍛え、さらに筋肉をバランス良く鍛えることができます。つまり、体のゆがみを正す効果が期待できるんですよ。

5.姿勢が良くなって美しく見える

バランスボールを使えば、体のゆがみを正して姿勢が良くなるとご紹介しました。

姿勢が良くなると得られるメリットといったら、外見が「美しく見える」ということです。

そこで少し思い浮かべてみてください。テレビや雑誌に登場する「キレイだなぁ~」と思えるような女優さんやモデルさんたちは、みんな姿勢が良いですよね?

それだけ姿勢が良くなれば、まわりから見る印象も変わるんです。

女優さんやぼモデルさんのようなスリム美人になりたいなら、バランスボールを使わないわけにはいかないですよね。

ダイエットに効く簡単なバランスボールの使い方

腹筋

ここからは、ダイエットに効く簡単なバランスボールの使い方をご紹介します。

様々な使い方がありますので、気に入ったものがあったらチャレンジしてみてくださいね。

基本中の基本の「ただ座るだけ」

バランスボールの基本中の基本の使い方といえば、「ただ座るだけ」の方法ですよね。

バランスボールはただ座るだけで、インナーマッスルなどを鍛えることができるので、これがバランスボールの人気の秘密でもあるんです。

しかも、ただ座るだけなので、「ながらダイエット」ができます。例えば

  • テレビを見る
  • デスクワークをする
  • 読書をする
  • 勉強をする
  • ゲームをする

などは、バランスボールに座りながらダイエットできます。

でも、気を付けていただきたいのが、バランスボールの座り方です。座り方を間違ってしまったら、効果が薄れてしまいます。

そこで、次の動画見てください。


バランスボールの正しい座り方が紹介されています。バランスボールに正しく座るには

  • ボールの真上に座る
  • 膝を90度に曲げる
  • 背筋を伸ばす

この3つのポイントを抑えることが大切です。

どれか1つでも守らないと効果が薄れますので、気を付けてくださいね。

骨盤のゆがみを正すストレッチ


続いては使い方は、バランスボールを使った骨盤ストレッチです。

骨盤ストレッチをすることで骨盤のゆがみを正して、骨盤に関係するインナーマッスルなどの筋肉を鍛えることができます。

その結果、骨盤のゆがみで起きた腰痛や下半身太りを解消できるので、とても効果的な方法なんですよ。

私自身も腰痛持ちなのですが、バランスボールを使ってこの骨盤ストレッチをすると、とても腰が気持よくてスッキリします。

腰痛を持っている方には、ぜひバランスボールを使った骨盤ストレッチをしていただきたいと思います。

ぽっこりお腹解消エクササイズ


こちらの動画で紹介されている使い方は、バランスボールを使ってぽっこりお腹を解消するエクササイズです。

バランスボールに座った状態から上半身を後ろへ倒していき、両手を床について体を支えます。

そして、膝を90度に曲げたまたまま膝を持ち上げて腹筋を鍛えていきます。

さらに、このエクササイズは腹筋だけではなく、体を支えている二の腕にまで負荷がかかるので、二の腕のシェイプアップにも効果的なんですよ。

ただ気を付けていただきたいのが、このエクササイズをしている間は、体がとても不安定になります。

運動をしている最中にバランスを崩すと、床に体が落ちてケガをする恐れがありますので、危なく感じたらすぐにエクササイズを中止してください。

下半身をシェイプアップする簡単エクササイズ


こちら使い方は、非常に簡単なエクササイズになっています。

床に仰向けになって膝を胸に近づけ、足の裏をバランスボールの上にのせます。そして膝を伸ばしたり、また胸に近づけたりを繰り返すことで、下半身をシェイプアップにしていきます。

このエクササイズの効果的にするには、膝を伸ばした時に頭からつま先までまっすぐになるように、下半身をキープすること。

膝を伸ばした時に気を抜くと、バランスボールの上にのせた足が、左右のどちらかにブレてしまいます。

なので、膝からつま先までまっすぐになるように意識することで、下半身の筋肉がしっかりと使われますので、効果的にシェイプアップできるんですよ。

気になる背中をシェイプアップするエクササイズ


背中についたお肉って、なかなか落ちないですよね。

こちらの使い方は、そんな背中についたお肉を落としてシェイプアップするエクササイズが紹介されています。

バランスボールを上から覆いかぶさるようにして体をのせて、四つん這いになります。

そして、ゆっくりと右手を前方に突き出すと同時に左足を後方へ突き出し、元の四つん這いの状態に戻ったら、手足を入れ替えてまた突き出すという動作を繰り返します。

バランスボールに体をあずけながらエクササイズをしているので、バランスボールがない状態と比べると、効果的に背中をシェイプアップできるんですよ。

バランスボールにのって全身のインナーマッスルを鍛えるエクササイズ


バランスボールの究極の使い方というと、バランスボールにのって全身のインナーマッスルを鍛える方法じゃないでしょうか。

バランスを保つためにあらゆる筋肉を使うため、かなりのダイエット効果が期待できます。

でも「あんな丸いボールの上にのれるの?」と思われるかもしれませんが、意外にできるもんなんですよ。

のり方は動画で紹介されているように、ボールに四つん這いになってのる方法がやりやすいです。

なるべく膝に体重がかかるようにすること、乗りやすくバランスを崩して頭から落ちる危険性も減ります。

ただし、ケガをする恐れがありますので無理は禁物です。

もしチャレンジされる場合は、まずは5~10秒バランスボールに乗ったら降りてを繰り返し、少しずつ体を慣らしていきましょう。

スポンサーリンク

バランスボールの選び方

選択

バランスボールに座ってインナーマッスルなどを効果的に鍛えるには、正しい姿勢を保つことが大切です。

そのため、体にあったバランスボールを選ぶことがとても大切です。

3つのサイズから選びましょう

バランスボールには異なったサイズのものがありますが、主流なのが55cm、65cm、75cmの3つです。

この3つのサイズのバランスボールから、以下のように身長に合ったものを選ぶようにしましょう。

55cm:150~165cm
65cm:165~185cm
75cm:185cm以上

もし上のサイズのバランスボールでしっくりこない場合は、もう1つの選ぶ基準として、バランスボールに座った時に膝が90度に曲がるものが良いですよ。

アンチバースト・ノーバーストは外せません

また、バランスボールには、「アンチバースト」や「ノーバースト」と、うたったものがあります。

これはバランスボールが耐久性に優れていて、破裂することがないことを表しているんですね。

バランスボールに穴があいたとしても、ゆっくりしぼむようになっていて安全なんです。

ケガをしないためにも、バランスボールを選ぶ際は「アンチバースト」や「ノーバースト」のバランスボールを選みましょう。

バランスボールの相場は?

¥マーク

さて、いまご紹介したようなバランスボールの値段の相場はどれほどなのでしょうか…。気になりますよね?

55cm:1400円前後
65cm:2000円前後
75cm:2500円前後

が、だいたいの相場です。

またネットショップなどでは、バランスボールを膨らませるためのポンプがついているものがあります。

バランスボールを口で膨らませるのはほぼ無理ですので、とても役に立ってくれます。

値段も先ほどの相場の範囲内ですので、ポンプを持っていない方は、ぜひポンプ付きのものを買われることをオススメします。

 スポンサーリンク

インナーマッスルを鍛えられる関連記事

次の記事では、バランスボール以外のインナーマッスルを鍛える方法を紹介しています。ぜひバランスボールをあわせて、インナーマッスルをもっと鍛えて、痩せ体質になってみませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

バランスボールは、ダイエットや健康的な体をキープするのに、とても優れたグッズです。

使い方もただ座るだけの方法から、バランスボールにのる方法まであって、本当に様々な方法がありますよね。

とくに、ただ座るだけの方法は、ながらダイエットができるので、私としては一番オススメしたい方法です。

可能なら生活の中で使うイスを、バランスボールに変えて生活するのも、かなりのダイエット効果が得られると思いますよ。

バランスボールを使ったエクササイズをする前に、ますはバランスボールに座るところから始めて見ませんか?

そして、体がバランスボールに慣れてきたら、エクササイズにチャレンジしていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

バランスボールの効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 体幹ダイエット!痩せるインナーマッスルの鍛え方8選

  • ストレッチポールの効果とダイエットにおすすめの使い方5選

  • 30日スクワットチャレンジ!ダイエット効果を上げるやり方

  • ヒデトレのやり方6選!モデルさん絶賛のトレーニング法

  • 通勤通学中に痩せる?自転車ダイエットの効果を上げる5つの方法

  • バレリーナ気分で美しく痩せる!バレエダイエット8つの方法