1. TOP
  2. 1日1杯で痩せる?バターコーヒーのダイエット効果&作り方

1日1杯で痩せる?バターコーヒーのダイエット効果&作り方

 2016/03/04 食事   36,938 Views
バターコーヒーのダイエット効果&作り方

ダイエットに興味のある方なら、「コーヒー」にダイエット効果があるのを、すでにご存知かもしれませんね。

なぜなら、コーヒーに含まれる成分の中にダイエットに良いものがあるから。だから「コーヒーを飲むだけでダイエットになる」といわれているんです。

そんなコーヒーにバターを入れた「バターコーヒー」は、コーヒーのダイエット効果をさらに上げるんだそうです。

でも、バターは高カロリーの食材。なぜ、コーヒーに入れるとダイエット効果が上がるんでしょうか…。

ということで今回は、バターコーヒーのダイエット効果と作り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

バターコーヒーとは?

コーヒー

冒頭でも書いたようにバターコーヒーとは、コーヒーにバターを入れた飲み物ですが、もう少し紹介したいと思います。

まずバターコヒーを考案したのは、アメリカのIT起業家のデイヴィッド・アスプリーさん。忙しい毎日を送っている中、体とメンタルのパフォーマンスを上げるために、バターコーヒーを思いついたんだそうです。

そしてバターコーヒーは、体とメンタルの場フォーマンスを上げるだけじゃなくダイエットにも良いということで、海外のセレブの間でも人気になっているんですよ。

ただ、バターコーヒーがダイエットに良いからといって「コーヒーにバターを入れるなんて…」と思われる方もいらっしゃると思います。でもバターコーヒーは意外と美味しいんだそうです。

美味しくないものを我慢して飲むということないので、美味しくストレスなくバターコーヒーでダイエットできるんですよ。

バターコーヒーのダイエット効果

痩せる3

それでは、バターコーヒーのダイエット効果についてご紹介します。

脂肪を分解して燃やすい状態にする

コーヒーには有名なカフェインと、クロロゲン酸が含まれています。このカフェインとクロロゲン酸には、体にたまった脂肪を落とすのに有効な成分なんです。

カフェインは、脂肪分解酵素である「リパーゼ」の働きを活発にする効果があります。リパーゼの働きが活発になると、体がにたまった脂肪がどんどん分解されるため、燃えやすい状態になります。

そして、クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、カフェインと同じように脂肪の分解を促し、体に脂肪をためにくくする効果があります。そのためクロロゲン酸を摂れば、食事をしても太りにくくなるんです。

なのでバターコーヒーを飲めば、カフェインとクロロゲン酸を効率良く摂れるので、体の脂肪を分解して燃えやすい状態になってダイエットになるというわけなんですね。

血流を良くして代謝を上げる

グラフ先ほど、カフェインは脂肪の分解を促す効果があるとご紹介しましたが、まだダイエットに役立つ効果を持っています。

それは、血液の流れを良くして代謝を上げる効果。ダイエットにおいて代謝を上げることが大切で、代謝が上がれば上がるほど消費エネルギーが増えて、体を痩せやすくすることができます。

ですのでバターコーヒーを飲めば、血液の流れがどんどん良くなって体が活発になり、代謝が上がって痩せやすくなります

ちなみに、血液の流れを良くすることは生活習慣病の予防にもなりますので、健康的に痩せることができるんですよ。

不和脂肪酸がさらに代謝を上げる

カフェインとクロロゲン酸はコーヒーに含まれる成分なので、別にバターコーヒーにしなくてみ良いように思えるかもしれません。でも、バターコーヒーのバターに含まれる成分が、ダイエット効果をさらに上げてくれます。

というのもバターには不和脂肪酸が含まれているから。不和脂肪酸は植物性の油や大豆、魚などにも含まれていますが、血液中のコレステロールや中性脂肪を抑えて血液の流れを良くするため、代謝を上げることができます。

つまり、バターコーヒーにはカフェインと不和脂肪酸のダブルの効果で、血液の流れを良くできるということ。その効果はコーヒー単体の効果をしのぐので、高いダイエット効果が期待できるんですよ。

ちなみに血液中の中性脂肪が減れば、体にたまる脂肪の量も少なくなるので一石二鳥ですね。

体のむくみを解消できる

うれしいさて、カフェインのダイエット効果について、もう少しご紹介しましょう。

じつはカフェインには利尿作用があり、体にたまっている余分な水分を排出させることができます。体の余分な水分は、体のむくませて体重以上に太って見えてしまう厄介なもの。そんな体のむくみを、バターコーヒーで解消できるんです。

さらにカフェインは、腸の運動を促進する効果もあります。ですので、便秘によって体がむくんでいる方にも有効です。

もし、あなたがしつこい便秘に悩まされているのなら、バターコーヒーを飲んでみると良いですよ。

飲んでも太りにくい

バターコーヒーを飲むと、バターのせいでカロリーを摂り過ぎて、太ってしまうイメージがるかもしれません。

でもバターの種類にもよりますが、良質なバターを使えば太ることはないんです。それよりもコーヒーに使われる砂糖やフレッシュのほうが、脂肪になる可能性が高いですよ。

なのでバターコーヒーなら、安心してダイエットできます。もちろん、飲み過ぎはダイエットの妨げになりますので、飲む量には気をつける必要がありますけどね。

スポンサーリンク

バターコーヒーの作り方

バターコーヒー

次にバターコーヒーの作り方についてご紹介します。作り方を間違えると、かえって太りやすくなってしまいますので、ぜひ参考にしてください。

グラスフェッドバターを準備する

バターコーヒーに使うバターは、どんなものでも良いというわけではなく、ちゃんと適したバターを準備する必要があります。

その適したバターとは「グラスフェッドバター」。グラスフェッドバターとは、牧草飼育された牛からとれたミルクを使用している無塩バターで、先ほどご紹介した不和脂肪酸を豊富に含んでいるんです。

グラスフェッドバターを使ってバターコーヒーにすれば、不和脂肪酸のダイエット効果をしっかりと得ることができますので、ぜひグラスフェッドバターを準備しましょう。

グラスフェッドバターにはデメリットも…

ただ、グラスフェッドバターにはデメリットがあります。それはスーパーなどではあまり売られていなく、普通のバターと比べて値段が4〜5倍するということ。Amazonなどのネットショップで購入できますが、値段が高いんですね。

もし、あなたが「グラスフェッドバターが高くて買えない…」というのなら、AOCバターをオススメします。

AOCバターは、グラスフェッドバターに近い成分で、値段がグラスフェッドバターよりも若干低くくお求めやすくなっています。

レシピと作り方の手順

バターコーヒーに使用するバターが分かったところで、次はレシピと作り方をご紹介します。とても簡単ですので、バターを準備したらすぐにでも作ってみましょう。

<レシピ>

ブラックコーヒー:1カップ
グラスフェッドバター:10g

<作り方>

  1. 淹れたてのブラックコーヒーをカップに入れる
  2. グラスフェッドバター(10g)をカップに入れる
  3. しっかりとよくかき混ぜる

以上となります。とても簡単ですよね。

また、お好みで「ココナッツオイル(10g)」を入れると、さらにダイエット効果がアップします。なぜならココナッツオイルにも、「体に脂肪がたまりにくくなる」「血液の流れを良くして代謝を上げる」といった効果があるからなんですよ。

しっかりとかき混ぜることが大切

先ほどご紹介した作り方の手順3で、「しっかりとよくかき混ぜる」と書きましたが、バターコーヒーでダイエットするなら、しっかりとよくかき混ぜることが重要なポイントになります。

というのも、しっかり良くかき混ぜることでバターが分解されるため、バターの成分が体内に入った時に効率よくエネルギーに変わるからなんです。エネルギーに変わらなかった成分は、脂肪となって体にたまってしまいます。

ですのでブラックコーヒーとバターをカップに入れた後は、しっかりとよくかき混ぜることを意識してくださいね。

ダイエットに良いバターコーヒーの飲み方

VAAMを飲む

バターコーヒーは、ただ飲むだけでダイエットになる「痩せる飲み物」です。でもせっかくなら、効率よくダイエットできる飲み方を知りたくありませんか?

というこで、ダイエットに良いバターコーヒーの飲み方をご紹介します。

飲む量は1日1杯まで

バターコーヒーがダイエットに良いからといって、何杯も飲んでしまうとダイエットにとってマイナスになります。

なぜなら、バターを入れることでコーヒーのカロリーが約100kcalも増えてしまうから。そしてダイエットに良いカフェインも、摂り過ぎると精神不安などを引き起こす恐れがあるからなんです。

なのでバターコーヒーを飲み過ぎると、カロリーを摂り過ぎて太りやすくなったり、イライラからくるストレスによってダイエットを続けられなくなることもあるんですね。

こうならないためにも、バターコーヒーの飲む量は1日1杯までとしましょう。1日1杯でも十分ダイエット効果を発揮してくれますよ。

ちなみに普通のコーヒーでダイエットする場合も、1日2~3杯が適量だといわれています。

飲むタイミングは?

1日1杯のバターコーヒーですが、いったいいつ飲めばダイエットに効果的なんでしょうか?

そのタイミングとは、ズバリ「朝」です。朝に摂った栄養は、体を目覚めさせるために吸収されやすく、なおかつ体の隅々まで届けられるので、下がっている代謝を一気に上げることができます。

なのでバターコーヒーを朝に飲めば一気に代謝が上がって、1日中、代謝の高い状態をキープすることができるので、消費カロリーが多く痩せやすくなります

逆に夜に飲むと、カフェインの覚醒の効果で寝付きが悪くなったり、バター分のカロリーを消費する機会も少ないので、ダイエットの障害になります。

ですのでバターコーヒーは、できる限り朝に飲むことをオススメします。

スポンサーリンク

痩せる飲み物の関連記事

次の記事では、ダイエットに役立つ痩せる飲み物について紹介しています。ぜひバターコーヒーと一緒に飲んで、あなたのダイエットに役立ててみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

コーヒーがダイエットに良いというとは知られていますが、そんなコーヒーにバターを入れると、ダイエット効果がアップするなんて意外だったと思います。

バターはグラスフェッドバターなどの無塩バターを使う条件がありますが、ぜひバターコーヒーを飲んでダイエットしてみてはいかがでしょうか?

とくにダイエット中でコーヒーを飲む習慣がある方にはオススメですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

バターコーヒーのダイエット効果&作り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 月に1回でOK!ヨーグルト断食でダイエットするやり方

  • 3日間限定!芸能人もする塩抜きダイエットの効果&やり方

  • すりおろして食べよう!きゅうりダイエットの効果7つ

  • あの有名人が16キロ痩せた!鍋ダイエットの効果を上げる6つのコツ

  • え?お弁当の定番で痩せる!?おにぎりダイエットの3つの効果

  • あなたの常識を変える?ご飯ダイエットの効果4つ&やり方