1. TOP
  2. 糖質制限するなら知っておきたい「糖質」と「糖類」の違い

糖質制限するなら知っておきたい「糖質」と「糖類」の違い

 2017/01/09 ダイエット成功の秘訣   1,945 Views
糖質と糖類の違い

糖質制限といえば、糖質の摂取を抑えるだけで痩せることができる人気のダイエット法ですよね。

でも糖質制限をしていると、こんなことで頭を悩ませることありませんか?

例えばスーパーやコンビニに行った時、「糖質0(ゼロ」や「糖類0(ゼロ)」の食品を目にしますよね。

糖質制限のためには、いったいどっちの食品を買えば良いのか、迷う方も少なくないでしょう。

そこで今回は、糖質と糖類の違いについてご紹介します。ぜひ、糖質制限をする時の参考にしてください。

スポンサーリンク

糖質と糖類の関係

糖質と糖類の違いを知るためには、糖質と糖類の関係を見ると分かります。次の図をご覧ください。

糖質と糖類の関係

この図は糖質を多く含む炭水化物を元にして、糖質と糖類の関係を表しています。

炭水化物の中には糖質が含まれ、糖類は糖質の一部だということが図から分かりますね。

そして炭水化物は

  • 食物繊維
  • 糖質
  • 糖類

の3つで構成されています。

この点について理解できると、「糖質0(ゼロ」や「糖類0(ゼロ)」で頭を悩ますこともなくなるんですよ。

糖類とは「単糖類」「二糖類」の総称

砂糖

糖類といっても、ざっくりしていて普通の砂糖とどう違うのか分からないない方も多いと思います。

じつは糖類とは「単糖類」と「二糖類」の総称なんです。

単糖類とは

  • ブドウ糖
  • 果糖

などが含まれ、二糖類は

  • 砂糖(ショ糖)
  • 乳糖
  • 麦芽糖

などが含まれます。私たちが普段目にする「砂糖」は二糖類なんですね。

つまり食品に「糖類0」と記載されていたら、いまご紹介した単糖類と二糖類が含まれていません。

ただし、糖類0の食品には「糖類にはなくて糖質にある成分が含まれている可能性がある」ということになります。

ちなみに「無糖」というのは、一般的には糖類0と一緒になります

では糖質は?

はてな

では糖質制限の「糖質」は何なんでしょうか?

糖質は、炭水化物から食物繊維を除いたものの総称。そして糖類にはない「多糖類」や「糖アルコール」などを含んでいます。

多糖類とは

  • オリゴ糖
  • デキストリン
  • デンプン

などが含まれ、糖アルコールは

  • マルチトール還
  • エリスリトール
  • キシリトール
  • 元麦芽糖水飴

などが含まれます。

また、その他にも酸味料であるクエン酸ナトリウムや、甘味料であるスクラロースといった成分も、糖類ではない糖質になります。

ということで「糖質0」と記載された食品には、

  • 多糖類
  • 糖アルコール
  • クエン酸、スクラロースなど
  • 単糖類
  • 二糖類

などが含まれていないということになります。

スポンサーリンク

糖質制限には「糖質0」と「糖類0」どちらが良い?

考える

ここまでで、糖質と糖類の違いについて分かっていただけたかと思います。そして、糖質0と糖類0の商品の違いも分かりましたね。

では糖質制限をするには、糖質0と糖類0の食品のどちらを選べば良いのでしょうか?

それはズバリ!糖質0の食品です。

糖類0ではしっかり糖質制限できない

理由はとても簡単。糖類0の食品には、単糖類や二糖類が含まれていますが、多糖類や糖アルコールなどが含まれている可能性があります。

つまり、糖類0の食品で糖質制限をしようと思っても効率が悪く、うまくダイエットできないんですね。

糖質0はすべての糖質をカットできる

その反面、糖質0の食品なら糖類を含めた糖質をすべてカットされています。

そのため効率よく糖質制限でき、高いダイエット効果が期待できるんですよ。

ちなみに、現在では糖質0の食品も増えていますが、ゼロではない低糖質の食品も多くあります。

例えば

  • パン
  • 麺類
  • ノンアルコールビール
  • クッキー
  • チョコレート
  • アイス

などがあります。

まだまだたくさんありますが、これらの食品をうまく利用して糖質制限をすると良いでしょう。

糖質0でも全くのゼロではない

糖質0の食品でも、全くのゼロというわけではありません。

糖質0と表示できるのは、100mlあたりの糖分が0.5g以下の場合に限られます。

食品のパッケージの裏を見て「糖質0でも糖分が入ってるじゃん!」と思うことがあるかもしれませんが、こういったルールがあるということを頭の片隅に入れておいてください。

過度な糖質制限は危険!

危険

冒頭でも書きましたが、糖質制限は人気のダイエット法で、非常にダイエット効果が高いです。

初めて糖質制限をしてビックリされる方も多いことと思います。

でも、糖質を一切摂らない「過度な糖質制限」は体にとって危険な行為なんですよ。

例えば単糖類に分類される「ブドウ糖」。脳を働かせるための唯一のエネルギー源です。

もし過度な糖質制限をしたら、体内のブドウ糖の量も極端に減るため、脳の働きが悪くなってしまいます。

脳は、私たちが生命を維持するために24時間ずっと働いてくれています。その脳の働きが悪くなれば、生命にも危険が及ぶということなんですね。

ぜひ健康的にダイエットをするなら、ほど良い糖質制限をすることをおススメします。

スポンサーリンク

糖質制限の関連記事

次の記事では、糖質制限をする際に役立つ情報を紹介しています。ぜひ、こちらの情報も参考にして、ダイエットを進めていきましょう!

まとめ

糖質と糖類の違い、いかがだったでしょうか?

糖質は炭水化物から食物繊維を除いたもの。そして糖類は糖質の一部で、単糖類と二糖類に分けられることが分かりました。

また糖質制限をするなら、糖質0の食品を選ぶのがベター。ぜひ糖質制限をする時の参考にしてください。

程よく進めてダイエットしていきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

糖質と糖類の違い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 代謝を上げる方法5選!ジッとしていても脂肪が燃える!!

  • 見えないから恐ろしい…サルコペニア肥満になる原因5つと対策

  • ダイエットのモチベーションが上がる!「痩せてよかったこと」まとめ

  • たくさん汗をかくのになぜ?夏太りになる原因7つ&解消法

  • ボクサーの減量法から学ぼう!ダイエット成功の秘訣6つ

  • 痩せ菌を増やす方法3選/腸内細菌はダイエットの救世主?