1. TOP
  2. 豆乳でさらに痩せる!ココアダイエットの効果11個と方法

豆乳でさらに痩せる!ココアダイエットの効果11個と方法

 2016/01/15 食事   9,765 Views
ココアダイエットの効果と方法

飲めば体が温まり、何となくホッとした気持ちにしてくれる飲み物「ココア」。毎日の生活にココアが欠かせない方も、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんなココアですが、じつは含まれる成分にはダイエットに良いものばかり。そのため、ココアを飲むだけの「ココアダイエット」というダイエット法まであるんです。

ココアをそのまま飲むのはもちろんのこと、豆乳などのダイエットの良いものとココアを混ぜることで、ダイエット効果がさらにアップするんですよ。

ということで今回は、ココアダイエットの効果と方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

ココアダイエットの効果

痩せる3

ダイエットに良い成分が含まれているココアですが、ココアダイエットをするとどんな効果が得られるのでしょうか?そのココアダイエットの効果について、ご紹介します。

1.食欲を抑え食べ過ぎを防ぐ

ココアを飲んで「あれ?お腹が膨らんだかも?」といったような経験をされたことありませんか?そのお腹が膨らんだ原因は、ココアに豊富に含まれる「不溶性食物繊維」にあります。

不溶性食物繊維は、胃の中に入ると水分を吸収して、何倍にも膨れ上がります。その結果、膨れ上がった不溶性食物繊維がお腹を満たすようになるため、お腹が膨らんだと感じるようになるんですね。

つまりココアを飲むと、お腹が膨らんで食欲を抑えられます。そして、食欲を抑えられるということは、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができるんですよ。

2.血流を良くして代謝を上げる

人臀ドックや健康診断で、必ず調べられる血液中のコレステロール。血液中のコレステロールが増えると血液の流れを悪くなり、さらには体の機能を衰えさせ、代謝が落ちて太りやすくなる恐れだってあります。

そんな増えてしまったコレステロールに効果的なのがココアです。ココアには、カカオポリフェノールを豊富に含んでいます。カカオポリフェノールは、血液中のコレステロールを抑える働きがあります

なのでココアを飲んで血液中のコレステロールが抑えられれば、血流が良くなって代謝が上がるため、痩せやすい体を手に入れることができるんですよ。

3.食事をしても脂肪がたまりにくくなる

お尻ココアには不溶性食物繊維だけじゃなく、水溶性食物繊維も含まれています。じつは水溶性食物繊維も、ダイエットをする方にとってありがたい成分なんです。

水溶性食物繊維は、胃の中に入ると水分を吸収してゲル状になり、ほかの食べ物を包み込みます。水溶性食物繊維に包まれた食べ物は、体に吸収されにくくなります。そのため、摂り過ぎると脂肪になりやすい脂質や糖質も吸収されにくくなるので、体に脂肪がたまりにくくなるんです。

また、ココアにはミネラルが豊富に含まれています。ミネラルは、食べたものをエネルギーにする際に必要な成分。なのでココアでミネラルをたくさん摂ると、食べたものが脂肪になりにくくなるんですよ。

4.便秘を解消する

ダイエット中に意外と陥りやすい「便秘」。便秘になるとお腹が張って気持ち悪くなったり、体に不要な老廃物がたまって体に悪影響を及ぼすようになります。

そんな便秘には、先ほどご紹介したココアに含まれる不溶性食物繊維です。不溶性食物繊維は、胃の中の入ると何倍にも膨れ上がるわけですが、じつは膨れ上がることで便の量を多くなります。また、不溶性食物繊維は腸内環境を整え、腸の働きを良くする効果もあります。

その結果、大腸にたまっているしつこい便が、新しい便に押されて体の外へ排泄されるようになるので、便秘を解消できるんです。ぜひダイエット中に便秘になったという方は、ココアを飲みましょう!

5.冷え性を解消する

冬に限らず、夏でも冷え性に悩んでいる方、いらっしゃると思います。冷え性になると、手足の指先がかじかんで本当につらいですよね。

冷え性の原因は、血液の流れが悪くなっていることが挙げられます。血液の流れが悪くなって、手足の指先までしっかりと血液が届かないからなんです。

そこでココアです。先ほどご紹介したココアに含まれるカカオポリフェノールは、血液の流れを良くすることができます。そのため、手足の指先までしっかり血液が届くようになるので、冷え性を解消できるんです。

また、ココアをホットココアにすれば、体を芯から温めることができますので、冷え性の解消につながりますよ。

6.生活習慣病を予防

太る血液中にコレステロールが増えると、血液の流れを悪くするだけじゃなく、血管の壁が硬くなる動脈硬化を引き起こす恐れがあります。そして動脈硬化は、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病まで招く可能性があります。

なので生活習慣病にならないためには、血液中のコレステロールが増えないようにすることが日々の生活で大切で、そこで役に立つのがココアに含まれるカカオポリフェノールなんです。

カカオポリフェノールが、血液中のコレステロールを抑え、動脈硬化を引き起こしやすい悪玉コレステロールの酸化まで防いでくれるんですよ。

7.美しい肌になる美肌効果

ココアに含まれるカカオポリフェノールには、血液中のコレステロールを抑える以外にも効果があります。その効果とは、体内の活性酸素の増加を抑える効果です。

体内の活性酸素は、体に入った細菌やウイルスを退治する働きがありますが、増え過ぎると健康な細胞までも傷つけるため、老化を進めて肌にシワやシミなどを増やしてしまうんです。

そこでカカオポリフェノールは、体内の活性酸素の増加を抑える効果があるため、ココアを飲めばシミやしわが少なくなる美肌効果を得られるんです。

8.ピロリ菌を殺菌できる

胃がんの原因となるといわれている「ピロリ菌」。最近ではピロリ菌の存在が、人間ドックや健康診断の検査項目にもなっていて注目を集めています。

病院では、検査でピロリ菌の存在が確認されると、ピロリ菌を殺菌するための薬を処方されます。でも薬を飲まなくても、ココアにはピロリ菌を殺菌する効果があるんだとか。ココアに含まれる遊離脂肪酸(FFA)が、ピロリ菌を殺菌するんです。

日本人のピロリ菌の感染率は、50歳以上で70%。年齢がそこから下がるにつ入れて感染率は落ちていくそうですが、胃がんにならないためにも、ココアを飲んでピロリ菌を殺菌しましょう。

9.貧血を改善

うれしい貧血になると、毎朝、起きるのがつらくなったり、失神や立ちくらみになったりと大変なことばかり。その貧血になる原因の1つに、鉄分不足があります。

鉄分不足になると酸素を全身に送る血液中のヘモグロビンまで不足してしまうため、体に酸素が行き届かなくなって貧血状態になってしまうんです。

そんなつらい貧血を改善するならココアが効果的。すでにご紹介したように、ココアには豊富なミネラルが含まれていて、そのミネラルの中に鉄分も含まれているんですよ。

10.認知症を予防する

最近、ニュースなどで問題になっている認知症のトラブル。自分は大丈夫だと思っていても、いつ自分が認知症になるか分かりません。

そんな認知症には、ココアに含まれている「フラバノール」が良いんだとか。以前、Hypertension誌に掲載された研究によると、フラバノールが脳の健康に良く、認知症になるリスクを軽減させる効果があることが分かったんだそうです。

ですので、ココアを飲む習慣を早くから身に付けることで、認知症を予防することができるんですよ。

11.リラックス効果を得られる

冒頭で書いたように、ココアを飲むとホッとしてリラックスすることができます。なぜ、ココアを飲むとリラックスできるのか…。その理由は、ココアに含まれるテオブロミンにあります。

テオブロミンは、ココアの苦み成分で、血行を良くして緊張をやわらげる効果があるんですよ。

ダイエット中にリラックスする時間を設けることが大切で、リラックスすることはストレスの解消にもつながりますので、ぜひココアを飲んでダイエットを続けていきましょう。

スポンサーリンク

ココアダイエットの正しい方法

VAAMを飲む

ここまで、ココアダイエットの効果についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?ココアダイエットに、魅力を感じた方もいらっしゃるかも知れませんね。でも、ココアは高カロリーの飲み物で、方法を間違えると逆に太る恐れがあります。

そこで、ココアダイエットの正しい方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてダイエットを成功させましょう。

ココアの作り方

まずはココアの作り方です。使用するココアなどを間違えると、超高カロリーの飲み物になりますので、レシピと作り方の手順をしっかり守ってくださいね。

<レシピ>(1杯分)

ピュアココア:小さじ山盛り2杯
オリゴ糖:小さじ2杯(はちみつや黒糖でも可)
水:小さじ2杯
牛乳:120ml

<作り方>

  1. 鍋にピュアココアにオリゴ糖と水を入れる
  2. 鍋を弱火にかけ、なめらかになるまでかき混ぜる
  3. 鍋に少しずつ牛乳を入れながらかき混ぜる
  4. ココアが沸騰しそうになったら火を止める

以上となります。

ミルクココアなどの砂糖の入ったココアは、糖分の摂り過ぎで太ってしまいますので避けましょう。

ココアを飲むタイミング

ココアの作り方も大切ですが、ココアの飲むタイミングも大切です。ココアの飲むタイミングは「食前」もしくは「食中」が最適です。

すでにご紹介したように、ココアには不溶性食物繊維が含まれているため、飲むとお腹が膨らんで食欲を抑えることができます。また、水溶性食物繊維の効果で、一緒に食べたものを脂肪としてためにくくできます。

そのため食前や食中にココアを飲んでココアダイエットをすると、食事をする量が少なくなりますし、食事したものが脂肪になりにくくなりますよ。

豆乳を入れればココアダイエットの効果UP!

豆乳ダイエットの効果と方法

ココアダイエットの正しい方法の中で、レシピに牛乳がありましたが、牛乳を違う飲み物にすると、ダイエット効果がさらにアップします。

その飲み物とは「豆乳」です。豆乳には

  • 大豆サポニン
  • 大豆ペプチド
  • 大豆タンパク質

など、ダイエットに良い成分がたくさん含まれています。なので豆乳を飲むと、食事をしても太りにくくなったり、代謝を上げることができるんです。

でも、豆乳が苦手な方もいらっしゃるでしょう。そこで豆乳でココアを作れば、豆乳のクセが薄くなって飲みやすくなります。そして、豆乳とココアのダイエット効果をダブルで得られるので、ダイエット効果がアップするんですよ。

次の記事では、豆乳のダイエット効果について詳しく紹介していますので、よかったら参考にしてくださいね。

1日200ml飲むだけでOK!豆乳ダイエットの効果と方法

また豆乳以外にも、ショウガもオススメ。すりおろしたショウガを少しココアに入れるだけで、体にたまった脂肪が燃えやすくなるんですよ。

スポンサーリンク

痩せる飲み物の関連記事

次の記事では、ココア以外の痩せる飲み物について紹介しています。ぜひココアとあわせて飲んで、あなたのダイエットに役立てていただけたら幸いです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ココアというとダイエットに良くないイメージの方が多いと思いますが、ご紹介したココアダイエットについて見てみると、ココアのイメージが変わった方もいらっしゃると思います。

ココアダイエットで大切なことは、正しい方法で行うこと。たったこれだけで、ダイエットをしやすくなります。

もちろん、いくらココアがダイエットに良いといっても、食事で食べ過ぎてしまったら意味がありません。ココアダイエットをしながら、腹8~9分目の食事をすることを心がげましょう。

そうすることで、順調にダイエットすることができますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ココアダイエットの効果と方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 食べなきゃ太る?ダイエットにピッタリの朝食メニュー8選

  • 糖質制限ダイエットに役立つヘビロテできるおすすめレシピ12選

  • チーズダイエット!意外な効果と食べるべき種類をご紹介!

  • ブラックで痩せる!食後のコーヒーダイエット6つの効果

  • すりおろして食べよう!きゅうりダイエットの効果7つ

  • ダイエット中でもOK!主食なのに食べても太らない食べ物9つ