1. TOP
  2. 全30種類!ダイエットしたい部位ランキング&エクササイズ【1~3位】

全30種類!ダイエットしたい部位ランキング&エクササイズ【1~3位】

 2015/05/20 運動   6,518 Views
ランキング&エクササイズ1~3位

全30種類!ダイエットしたい部位ランキング&エクササイズ【4~6位】」では、背中(6位)、ふくらはぎ(5位)、ヒップ(4位)の引き締めに役立つエクササイズをご紹介しましたが、あなたの体で気になっている部位がランキングされていたでしょうか?もし、ランキングされていないのなら、ランキングの上位が気になっている方もしませんね。

ということで、ここからはダイエットしたい部位ランキングの上位(1~3位)のエクササイズについてご紹介します。

第3位:二の腕(6.40%)

二の腕も歳を重ねるとたるんできやすい部位の1つ。振袖のようにタプタプと揺れる二の腕は嫌なもので、Tシャツ1枚でも過ごせるような季節になるとどうしても気になってしまいます。

なぜ二の腕がたるみやすいかというと、同じ腕でも二の腕の上側にある筋肉はよく使われるのですが、二の腕の下側の筋肉は使いません。つまり二の腕の下側は、余分なお肉がつきやすくたるみやすいんですね。

ということでここでは、二の腕を引き締めてたるみを解消するエクササイズをご紹介します。

二の腕ひねりエクササイズ

二の腕を引き締めるには、普段の生活では行わない動きを二の腕に与えることで、引き締めることができます。この動画では、そんな動きを二の腕に与えるエクササイズになっています。

立って腕をだらんとたらして、手のひらを正面に向けた状態からスタート。あとは手を内回し・外回しに交互にひねるだけ。こうすることで二の腕も一緒にひねることができるので、二の腕を引き締めることができるんですね。

このエクササイズは、とても簡単ですのでいつでもできます。そして、手を後ろへ引きながら素早く手を交互にひねると、さらに引き締めの効果がアップしますよ。

動画の後半では、右脳での筋肉をダイレクトに使うエクササイズも紹介されていますので、ぜひご覧ください。

二の腕を細く見せるエクササイズ

こちらの動画で紹介されているのは、二の腕を筋肉をダイレクトに鍛えて引き締める方法ではありません。二の腕の上にある胸や肩の筋肉を動かしてほぐすことで、二の腕を細く見せるエクササイズなんです。

デスクワークなどをしているとどうしても胸や肩のまわりが丸まってしまい、胸や肩の筋肉が固まってしまいます。そこで腕をまっすぐ伸ばして手を肩の横の位置まで持っていき、後方へ引くことで胸を開いて胸と肩の筋肉をほぐすんですよ。

また動画の後半では、さらに二の腕を細く見せるエクササイズが紹介されていますので、前半のエクササイズとあわせて行ってみてくださいね。

モムチャン二の腕エクササイズ

モムチャンとは、韓国のカリスマ主婦のチョン・ダヨンさんが考案したダイエット法で、日本でも話題になったことがあるんです。そんなモムチャンダイエットの中で紹介されたのが、動画の中で紹介されている二の腕エクササイズです。

立って左右の腕をまっすぐ伸ばして肩の位置まで持ち上げまず。そして手をグーにして親指を立てて、手を胸に位置に引き寄せた状態からスタート。

肘の位置はそのままでゆっくりと手を下ろしていって腕をまっすぐ横に伸ばし、そしてまたゆっくりと手を胸の位置まで引き寄せるというのを繰り返します。

腕を左右にまっすぐ伸ばす時に二の腕の筋肉を使うので、二の腕の引き締めに効果があるんですよ。

二の腕腕立てエクササイズ

腕立て伏せというと床に両手とつま先を付いて下向きになり、腕を曲げては伸ばすエクササイズですよね。でも、動画で紹介されている腕立て伏せは普通のとは違って、二の腕をダイレクトに鍛えて引き締めるエクササイズになっています。

床に体育座りをして両手をお尻よりも少し後ろについて、そして腰を床から持ち上げた状態からスタート。あとは腕立て伏せのように腕を曲げたり伸ばしたりを繰り返すだけです。

このように体の正面を天井に向けて腕立てをすることで、二の腕の筋肉をダイレクトに使うため、二の腕の引き締めにとても効果的なんですよ。

ちなみに両手のつく位置が悪いと体が不安定になってけがをする恐れがありますので、腰を持ち上げた時、肩の真下の位置に手をつくようにしてくださいね。

二の腕スロートレーニング

最後にご紹介する二の腕エクササイズは、フレンチプレスという二の腕を引き締めるエクササイズ。ダンベルのような重りを持ってスロートレーニングをして、二の腕の筋肉をダイレクトに鍛えていきます。

片手にダンベルのような重りを持って腕を真上に上げ、反対の手は腰に置いた状態でスタート。あとは持ち上げた腕をゆっくり曲げては伸ばしてを繰り返すだけです。

もしダンベルをお持ちでない場合は、500mlのペットボトルに水を入れたものを代わりに使うのも良いですよ。大した重りにならないかもしれませんが、ないよりかは全然マシですので、ぜひお試しください。

第2位:太もも(15.25%)

太ももはすでに登場したふくらはぎと足首と同じように、太くなると下半身全体が太く見えてしまう部位です。下半身が太く見えると、体全体が太って見えるので絶対に避けたいところでしょう。

また、せっかくオシャレなパンツを見つけて試着した時、ウエストのサイズは大丈夫なのに太ももがパンパンで履けないと、とても悲しくなります。

こんな悲しいことにならないように、太ももを引き締めておくことが大切なんですね。

ということでここでは、太ももを引き締めるエクササイズをご紹介します。

内もも引き締めエクササイズ

太ももといっても表や裏、内がや外側と、人それぞれ気になるところが異なると思います。この動画で紹介されているのは太ももの内側、内ももを引き締めるエクササイズが紹介されています。

床に横になって、上側の足の膝を曲げて前に出した状態からスタート。下側の足を天井方向へ持ち上げては下ろしてを繰り返すことで、内ももの筋肉を使って引き締めていきます。

内ももの筋肉も、普段の生活で使うことはあまりないと思います。ですのでこのエクササイズをして、意識的に内ももの筋肉を使ってみてはいかがでしょうか。

また、動画ではこのエクササイズの他にも、太ももの裏側を引き締めるエクササイズや、タオルを使った内ももエクササイズも紹介されていますので、ぜひご覧ください。

イスを使った内ももエクササイズ

続いては、イスを使った内ももエクササイズです。イスを使うといっても、ただイスに座って行うだけの簡単な方法です。

イスに座って、両膝に握り拳ほどの間隔をあけた状態からスタート。ゆっくり両膝をくっつけてから両膝どうしで押し合うように力を入れ、そして再び両膝を離すというのを繰り返します。両膝どうしを押しあう時に内ももに力が入るので、淵ももの引き締めに効果があるんですね。

このエクササイズはイスに座ってできるので、イスに座る機会があったらいつでもできます。例えば食事中やデスクワーク中、電車に乗っている時でもできますので、もしこのエクササイズを思い出したらチャレンジしてみてくださいね。

モムチャン太ももエクササイズ

動画で紹介されてエクササイズは、先ほど登場した「モムチャン二の腕エクササイズ」の太ももバージョンです。

足を大きく広げて立って、両肘を肩の位置まで持ち上げて両手は胸の前に置いた状態からスタート。腰を落とす同時に両肘の位置はそのままで両腕を開いていき、また腰を持ち上げると同時に両腕を閉じるというのを繰り返します。

少し変則的なスクワットですが、実際に試してみると背筋が伸びた状態でしっかりとスクワットができる感じがしますよ。

太ももの裏側を引き締めるお辞儀エクササイズ

続いては、太ももの裏側を引き締めるエクササイズ。さらには、お尻を引き締める効果があるので、ヒップアップが望めるエクササイズになっています。

まっすぐ立った状態からスタートし、お辞儀をするように上半身を前に倒すのと同時に片足をまっすぐ後方へ伸ばしていき、また元の立った状態に戻るというのを繰り返します。

もしこのエクササイズをしていて余裕があるようでしたら、動画にあるように、お辞儀をした時に両手をまっすぐ前方に伸ばしてみましょう。よりエクササイズの効果が上がりますよ。

太ももスロートレーニング

太ももエクササイズの最後は、太ももスロートレーニングです。太ももを引き締める代表的なエクササイズといったらスクワットですが、スクワットをゆっくり行うことで、効率よく太ももを引き締めていくんですね。

なお太ももの筋肉は、全身の筋肉の中で大きな部類の筋肉になります。大きな筋肉を鍛えれば、全身の筋肉の割合も大きくなりますので、代謝も上がりやすくなります。

代謝が上がれは痩せやすくなります。ぜひ太ももを引き締めると同時に代謝を上げて、健康的で痩せやすい体をつくっていきましょう。

第1位:ウエスト(61.53%)

ダイエットしたい部位の中で、圧倒的に多かったのがウエスト。ウエストは全身の中でいちばん脂肪がたまりやすい部位なので、油断するとすぐに余分なお肉がついてしまいます。なので、ウエストをダイエットをしたいという方が多いんですね。

またウエストがポッコリしてしまうとくびれがなくなり、どうしてもキレイな体からかけ離れてしまいますから、ウエストが少しでもくびれさすためにもエクササイズが必要なんですね。

ということでここでは、ウエストをくびれさせてキレイな体をつくるエクササイズをご紹介します。

くびれをつくる腰振りエクササイズ

ウエストを引き締めるエクササイズといったら腹筋運動をイメージする方も多いと思います。でも、腹筋運動は辛いですよね。

そこで、ここでご紹介するのが腰振りエクササイズです。腰を前後左右に動かしてダンス感覚でできますので、楽しみながらできるエクササイズになっています。

エクササイズは1回や2回やったところで、すぐに効果が表れるわけじゃありません。長く続けることでやっと効果が表れてくるんです。

楽しいことは長く続けられますから、ぜひこのエクササイズを楽しみながら続けてみてくださいね。

脇腹を引き締めるタケノコエクササイズ

こちらの動画で紹介されているエクササイズも、一風変わったエクササイズで、タイトルのとおり「たけのこエクササイズ」といいます。タケノコがニョキニョキ伸びるイメージを体で表現して、脇腹を引き締めていくんですね。

立った状態で両手のひらを合わせます。そして、タケノコが伸びるように全身を細かく左右に揺らして、左右交互に体を倒して脇腹をストレッチします。

とても簡単な内容になっていますが、脇腹をストレッチすることも脇腹を引き締めるには効果的ですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ウエストひねりエクササイズ

ウエストを引き締めるには、ウエストをひねると良いといわれています。その理由は、普段の生活ではウエストをひねる機会があまりないため、ウエストをひねることで普段使わない筋肉を使うから、ウエストを引き締めることができるんですね。

この動画では、そんなウエストをひねって引き締めるエクササイズが紹介されています。ヨガのようなゆったりとした動きを取り入れたエクササイズになっていますので、リラックスしながらチャレンジしてみましょう。

あと実際に試してみると分かりますが、お尻や太もものストレッチ効果があるのを感じられますよ。

イスを使ったウエストエクササイズ

続いては、イスを使った簡単ウエストエクササイズです。エクササイズといっても、大きく深呼吸をして腹筋の筋肉を使う内容になっています。

イスに座って、左右のろっ骨にそれぞれ手を置いた状態からスタート。大きく息を吸って肋骨が開くを感じられたら、ゆっくり息を吐きながら両手を前に突き出し、また肋骨に手を置きながら息をするのを繰り返します。

肋骨が開いたままだと、ウエストのくびれがなくなることがあるんだそうです。なので肋骨を開いたり閉じたりすることで肋骨がしっかり閉じた状態をつくりだし、ウエストにくびれをつくるのがこのエクササイズの目的なんですよ。

バランスボールを使ったウエストスロートレーニング

最後にご紹介するのが、バランスボールを使ってウエストを引き締めるスロートレーニングです。通常の腹筋運動をゆっくり行うスロートレーニングはよく知られていますが、バランスボールを使うことでさらにその効果をアップさせることができるんですよ。

バランスボールの上に座って上半身を後ろへ倒していき、ちょうど腰の位置にバランスボールをあててゆっくり腹筋運動をするんです。

不安定な場所で腹筋運動をすることになるので、ウエストの前面の筋肉だけじゃなく、脇腹の筋肉やウエストの奥深くにある筋肉を一緒に鍛えられます。つまりウエストを引き締めつつ代謝を上げることができるので、痩せやすい体をつくることができるんです。

バランスボールをお持ちでない方は、このエクササイズをすることができませんが、最近のバランスボールはかなりお求め安い値段になっていますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

2つの記事にわたって全部で30種類のエクササイズを一気にご紹介しました。もしかしたら、数の多さにどのエクササイズをしようか迷われているかもしれません。

また、ダイエットしたい部位をランキングで見てみると、やはり余分なお肉がつきやすい部位と比例しているように見えます。

余分なお肉がつきやすい部位というのは体の構造にもよりますが、その部位の筋肉を動かさないのも余分な筋肉がつく原因にもなるんです。

ですので、もしあなたの体に気になる部位がありましたら、今回ご紹介したエクササイズにチャレンジしてダイエットしてみてください。

エクササイズを続けてさえいれば、必ず気になる部位が引き締まってダイエットになりますよ。

▼ランキングの4~6位に戻る場合はコチラ▼

全30種類!ダイエットしたい部位ランキング&エクササイズ【4~6位】

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ランキング&エクササイズ1~3位

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女性にも簡単でうれしい!背中痩せできる筋トレメニュー8選

  • 1日5分でOK!骨ストレッチのダイエット効果&やり方

  • 7分でダイエットできる!効果抜群の筋トレ&エクササイズメニュー

  • 何が違う?ノルディックウォーキング5つの効果&歩き方

  • 安心して跳べる!エア縄跳びダイエットに効果的な跳び方5選

  • 楽して痩せる!お風呂上がりのストレッチでダイエットする方法7選