1. TOP
  2. 誰でも簡単に効果が出る!ヒップアップさせる5つのエクササイズ

誰でも簡単に効果が出る!ヒップアップさせる5つのエクササイズ

 2015/02/21 運動   104,773 Views
ヒップアップエクササイズ

年を重ねるにつれて、私たちの体はだんだん垂れてきます。

垂れてきてしまう体の部分の中で、お尻の垂れに悩んでいる方も多いんじゃないでしょうか。

お尻の垂れは年を感じさせてしまいますし、ちゃんと対策しないとヒップアップできなくなってしまうんですよ。

ということで今回は、お尻の垂れを改善するために、誰がしても簡単に効果が出る、ヒップアップさせるエクササイズをご紹介します。

スポンサーリンク

お尻が垂れてしまう理由

大臀筋

(出典:スキンケア大学)

冒頭でも書いたように、私たちの体は年を重ねることにだんだん垂れてきます。その理由は運動不足や加齢などによって筋肉が弱って、地球の重力に負けて垂れてきてしまうんですね。

もちろん、お尻にも筋肉があって大臀筋と呼ばれています。この大臀筋が衰えがお尻の垂につながるんですが、運動不足や加齢以外にどんな原因で大臀筋が弱ってしまうのか見ていきましょう。

ヒールを履くとお尻が垂れやすくなる

高いヒールを履いて街中を歩いている女性をよく見かけますが、その中で膝が曲がった状態で歩いてらっしゃる方を目にします。

ヒールを履いて膝を曲がった状態で歩いていると、大臀筋を使って歩くことができず、この姿勢で毎日あるいると、だんだん大臀筋が弱ってくるんです。つまり、お尻が垂れてきてしまうんですね。

また、ヒールを脱いだとしても、膝を曲げて歩く癖が抜き切らず、大臀筋を使って歩くことができなくなっていて、いつの間にかにお尻が垂れてしまった…なんてことがあり得るんですよ。

お尻が垂れないようにするためには、しっかりとした歩き方を身につけることが必要なんですね。

イスに誤った座り方としている

L字座り

(出典:美レンジャー)

仕事などで長時間イスなどに腰かけている方も多いともいますが、このイスの座り方が誤っていると、お尻が垂れてしまう原因にもなるんです。

では、どんな座り方が大臀筋を弱らせてお尻が垂れてしまうのでしょうか。それは…

・イスに浅く腰かけ背もたれに
 もたれて座っている

・足を組んで座ったり
 足を前に投げ出して座っている

の2つのどちらかをしていると、お尻が垂れてしまっている可能性があります。

また、このような座り方は骨盤をゆがんでしまい、ぽっこりお腹の原因になったり、体の代謝を悪くさせて太りやすくなったり、そして腰痛になったりと良いことないんですよ。

ですので、お尻が垂れないようにするためには、イスに深く腰掛けて足を組んだりせず、背筋を伸ばして座る必要があるんですね。

間違ったサイズの下着を履いている

自分の体のサイズに合っていない下着を履いているのも、お尻が垂れてしまう原因になります。

例えば、自分の体のサイズより小さい下着を履いた場合、お尻まわりが締め付けられる感じがしますよね。この締め付けによってお尻まわりの血流が悪くなります。

逆に大きなサイズの下着を履いた場合は、お尻と下着の間に隙間ができてしまって下着のサポートが受けられません。

こうしたことが原因になってお尻が垂れてきてしまうので、自分体に合ったサイズの下着を身につけることが大事なんですね。

スポンサーリンク

垂れたお尻をヒップアップさせるエクササイズ

お尻

ここまでで、お尻を垂れてしまう原因は運動不足や加齢以外に、歩き方、イスの座り方、下着の選び方に問題があることをご紹介しました。

今後、垂れたお尻をひどくさせないためには、歩き方、イスの座り方、下着の選び方に気を付けないといけませんが、すでにお尻垂れているお尻をヒップアップさせるためには、大臀筋を鍛える必要があります。

ここからは、垂れたお尻をヒップアップさせるエクササイズについてご紹介しますで、動画の内容に沿ってエクササイズをしてみてください。

1.体操でヒップアップ

まず最初は、簡単なのに効果が出るヒップアップ体操です。床に寝ころびながらするエクササイズと、立って行うエクササイズに分かれていて、前半の寝転びながらするエクササイズはとても簡単です。

例えば、膝を立てた状態で床に寝ころんで、片足を組んでから腰を床から持ち上げてキープするエクササイズがあります。やってることは地味なのですが、腰を持ち上げてキープしているときに、お尻が「キュッ」としまってヒップアップにつながるんですね。

しかし、後半の立って行うエクササイズは、片足でスクワットをする内容になっています。大臀筋に負荷がかかってヒップアップには良いエクササイズだと思うんですが、とてもハードなので、もしかしたらケガをする恐れもあります。

ですので、もし後半がハードに感じる場合は無理をせず、前半のエクササイズだけをすることをオススメします。

2.スロトレでヒップアップ

続いては、スロトレ(スロートレーニング)でヒップアップをさせるエクササイズです。スロトレは、回数をこなす筋トレではなく、ゆっくり筋肉に負荷をかけつづけて筋肉を鍛える方法で、回数をこなす筋トレよりも効果があるといわれるトレーニングなんです。

この動画では、そんなスロトレのスクワットが紹介されていて、1回5~10回を3セット行います。お尻を落としきった時に大臀筋に負荷がかかるのを感じられると思います。

ただし、股関節が固い方ですと、お尻を落としたときに股関節に痛みを感じるかもしれませんので、もし痛みを感じたらスクワットを中止してください。

3.ヨガでヒップアップ

続いては、誰でも簡単にできるヨガでヒップアップする方法で、床に座った状態で、片足を両手で胸の位置まで引き上げて、大臀筋をストレッチをするようなヨガになっています。

先ほどのヒップアップ体操とスロトレは、どちらかというとお尻全体を鍛えてるイメージなのですが、このヨガの良いところは、引き締めたい大臀筋をダイレクトに刺激できること。

このヨガだけでヒップアップをさせても良いですが、ほかのヒップアップエクササイズをする前の準備運動としてするのも良いかもしれませんね。

4.ウォーキングでヒップアップ

先述したようにハイヒールを履いて歩るくと、膝を曲げて歩くようになり、大臀筋が弱まってお尻が垂れてしまいます。ですが、これはハイヒールが悪いのではなく、ハイヒールを履いてする歩き方が悪いだけなので、その歩き方を改善すれば、大臀筋を使ってヒップアップすることができます。

この動画で紹介されているのは、ハイヒールを履いた時の歩き方で、普通の歩き方にも応用できます。ダイエット中でウォーキングをされている方も多いと思いますが、ウォーキングをしながらヒップアップができるという素晴らしい歩きか方ですので必見ですよ。

また、時間がなくてエクササイズをしている時間がない方でも、1日の生活で歩くことはあると思いますので、紹介されている歩き方を普段の生活に取り入れるのも良いですね。

5.これぞヒップアップエクササイズ

最後にご紹介するのは、大臀筋を集中的に鍛えていく、これぞヒップアップエクササイズといっても過言ではないエクササイズです。このエクササイズをしていると、お尻に負荷がかかってだんだん疲れてきますが、効果は絶大です。

少しでも早くヒップアップをさせたいなら、このエクササイズは外せませんので、ぜひチャレンジしてみてください。

もし、動画の内容に沿ってエクササイズをしていてハードに感じるようでしたら、回数を減らすなどして調整してくださいね。

スポンサーリンク

お尻から足先までダイエットできる関連記事

次の記事では、お尻から足先までの下半身全体のダイエットに役立つ方法を紹介しています。今回ご紹介した方法とあわせて行い、下半身をすっきりダイエットしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

きれいで美しいラインのお尻は、誰もが憧れをもつと思いますが、年を重ねていくにつれてだんだん垂れてきてしまいます。また、運動不足などがたたってお尻まわりの筋肉を使っていないと、20代でもお尻が垂れてくることがあるそうです。

そう考えると、いかに大臀筋を含んだお尻まわりの筋肉を、日頃から使って鍛えておくことが重要なのかが分かりますよね。

ですので、きれいで美しいラインのお尻を手に入れるためにも、今回ご紹介したヒップアップをするエクササイズにチャレンジしてみてください。

そして、歩き方、座り方、下着選びもしっかりして、お尻が垂れないように予防していきましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ヒップアップエクササイズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 4分で1時間の運動効果!タバタ式トレーニングのメニュー6選

  • 運動しても痩せない…その原因を解消する5つの改善ポイント

  • 背中痩せエクササイズ7選・気になる背中の肉が確実に落ちる!

  • 時間は関係ない!有酸素運動の効果を簡単に上げる9つのコツ

  • コリも解消!肩痩せに効くストレッチ&エクササイズ5選

  • 美脚づくりは足元から!足首痩せストレッチ&エクササイズ6選