1. TOP
  2. この時間でOK!ジョギングでダイエットするなら朝が良い4つの理由

この時間でOK!ジョギングでダイエットするなら朝が良い4つの理由

 2015/02/26 運動   87,750 Views
ジョギングダイエット

先日、東京マラソンが開催されましたが、多くの市民ランナーの方たちが参加れていて、ジョギングなどの走ることへの関心が高まっているんだなと感じます。

ジョギングは、ウォーキングやランニング、水泳と同じ有酸素運動で、脂肪を燃焼させてダイエットするのに適した運動。ダイエットや健康、美容のためにジョギングをされている方も多いですよね。

そんなジョギングですが、するタイミングによっては、得られる効果が格段にアップするのをご存知ですか?

そのタイミングとは「朝」なんです。では、なぜ朝にジョギングをすると効果がアップするんでしょうか。

ということで、今回はジョギングでダイエットをするなら朝が良い理由について、ご紹介します。

スポンサーリンク

効果抜群!朝のジョギングが良い理由

ジョギング

朝といえば、できればゆっくりして、いつまでも寝ていたくて、どうしても怠けたくなりますよね。

ましてや、朝からジョギングをして体を動かすなんて「ありえない!」と思う方もいらっしゃると思います。

でもどうして、眠たい目をこすって頑張って起きて朝にジョギングをすると、ダイエット・健康・美容に良いのでしょうか。早速、その理由を見ていきましょう。

1.朝食前のジョギングは脂肪が燃えやすい

以前、「どの時間帯が効果的?ダイエット中の運動は朝食前が良い3つの理由」の中でもご紹介しましたが、朝食前というのは昨晩から何も食べてない状態で、血糖値が最も低いんです。

この状態で有酸素運動であるジョギングをすると、体が血液中の糖をエネルギーとして使おうと思っても糖がないため、代わりに体にたまった脂肪をエネルギーとして使うようになります。つまり、朝食前にジョギングをすると脂肪が燃えて、効率よくダイエットできるということなんですね。

では逆に、朝食後にジョギングをしたらどうなるかというと、食後は血糖値が高くなりますので、その状態でジョギングをすると血液中の糖をエネルギーとして使います。つまり食後のジョギングは、食事したものを脂肪としてためにくくする効果があるんですね。

ジョギングは食前だろうが食後だろうが、ダイエットには効果的です。ですが、体の脂肪を減らすダイエットの観点からすると、朝食前にジョギングをしたほうが、効率が良いといえるんですね。

2.1日の代謝量を高く保つことができる

私たちの1日の代謝量は、ずっと一定ではありません。

代謝量は早朝がいちばん低く、朝目覚めると同時にだんだん上がっていきます。そして、日中に代謝量のピークを迎え、夜になるとだんだん代謝が下がっていくんですね。

ということで、朝ジョギングをする時は代謝が低いわけですが、この状態でジョギングをすると体が目覚めて活発になり、一気に代謝を上げることができるんです。

その結果、1日の代謝量を高く保つことができて、テレビを見ていても、家事や仕事をしていても、朝ジョギングをしない場合と比べて、消費エネルギーが多くなって脂肪が燃えやすくなる。つまり、痩せやすくなるということなんですよ。

3.気持がリフレッシュして気持ちよく1日をスタートできる

呼吸早朝は、車や人通りも少なく静かで空気が澄んでいます。

そんな早朝にジョギングをすれば、車や人通りがないぶん走りやすく、新鮮で澄んだ空気を思いっきり吸いながら集中して走ることができます。すると、まるでマイナスイオンを浴びたような効果が表れて、リフレッシュして走り終わった後にリラックスできるわけです。

そしてジョギング後にシャワーを浴びれば、さらに気分爽快!

1日の始めにリフレッシュできれば、気持ちよく1日をスタートさせることができて、その後の家事や仕事の効率が良くなります。これは、ジョギングに限った話ではなりませんが、ダラダラして1日をスタートさせるより、断然良いですよね。

4.夏なら熱中症対策

夏の暑い日を思い出してみてください。ダイエットのためとはいえ、炎天下の中でジョギングをしたら熱中症になってしまい、最悪、命の危険だってありえます。でも、早朝なら日中ほど気温が高くないので、ジョギングをするにはもってこいですよね。

いくらジョギングがダイエットに良いといっても、続けなければ、体にたまった脂肪は減っていってくれません。また、短期間で痩せようとしても、リバウンドするリスクが非常に高くなります。

ダイエットは長い時間と継続が必要。無理は禁物ですが、ダイエットのためには夏でもジョギングを続けることも大切です。夏にジョギングをする場合は、気温が比較的低い朝を選びましょう。

スポンサーリンク

朝のジョギングをする前の注意点

ストップ

朝にジョギングをするメリットについてお分かりいただけたと思いますが、「早速、朝のジョギングを始めよう!」と思った方、ちょっと待ってください。

朝にジョギングをするには、注意点をしっかり押さえておかないと、かえって体に負担をかけてしまい、健康を損ねる恐れがあります。

そこで、朝のジョギングをする前の注意点をご紹介しますので、しっかり守ってランニングをしましょう。

ジョギングをする前に水分補給

朝起きた時は、体の中の水分が最も少ない状態で、血液もドロドロになっています。その理由は、私たちは寝ている間も汗をかいているので、徐々に体の水分が失われているんですね。

その状態でジョギングをすると、筋肉に効率よく血液がまわらないため疲れやすくなったり、体への負担も大きくなりますので最悪、健康を害する恐れがあります。

そこでジョギングをする前は、コップ1杯の水を飲んで水分補給をしましょう。また、冷えた水を飲むと体を冷やしてしまいますので、水を少し温めた白湯にすると良いですよ。

ちなみに、お茶などの利尿作用のある飲み物を飲むと、かえって体から水分が失われてしまいますので、避けてください。

少しだけ何か食べてからジョギングしましょう

バナナ先述したように、朝食前は血糖値が低くて脂肪が燃えやすいため、ジョギングの効率を上げるためには適した時間帯です。

ですが、全くの空腹でジョギングをし続けると血糖値がさらに下がって低血糖になり、脳がしっかりと働かなくなるんですね。すると、ガス欠状態になって走れなくなるそうなんです。

その対処としてジョギングする前には、バナナを半分ほど食べてからするようにして、少しだけ血糖値を上げておきましょう。また、アメを1つ食べて糖を補給するのもアリですよ。

ウォーミングアップをしっかりしましょう

朝起きて水分を補給しても、血液のドロドロが緩和されるまでには時間がかかります。ですので、水分を補給したからといってすぐに走り出すのは良くありません。

そこで、水分補給をしてから水分が吸収されるまでの時間を利用して、ストレッチをするなどして筋肉を柔らかくして、ウォーミングアップをするようにしましょう。その理由は、寝ている間に筋肉が固まっていますので、筋肉が固まった状態で急に走り出すと、ケガをする恐れがあるからなんですよ。

また、ウォーミングアップで全身の血流が良くなり、ジョギングをすると体がしっかりと動いてくれます。

水分補給してからジョギングをするまでは30分あけたほうが良いそうなので、入念にストレッチしてウォーミングアップできますよね。

スロージョギングで長く続けましょう

やり方

いくら朝のジョギングがダイエットに良いといっても、続けないと意味がありません。ですが運動に自信がなく、最近走ったこともないのに、いきなりジョギングをするのも大変ですよね。

そこで、運動に自信がない方、そして運動不足だった方が始めるのにぴったりなジョギングがあります。

それが「スロージョギング」です。

スロージョギングは、名前のとおりゆっくりジョギングする方法で、体への負担も少なく誰でもできて長く続けられるんですよ。

簡単にスロージョギングの内容を説明すると、歩幅は狭くリズミカルに小走りをするので、膝が痛い方でもできるんだとか。また、シェイプアップ効果もあるそうなので、チャレンジしても損はないはす。

以下の動画で、スロージョギングの方法について詳しく紹介されていますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

痩せる有酸素運動に関する記事

ジョギング以外にも、痩せる有酸素運動があります。次の記事では、そんな痩せる有酸素運動を紹介していますので、ぜひあなたのダイエットにお役立て下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

朝がどうしても苦手な方は多いと思いますが、早起きをしてするジョギングには、普通のジョギングをより効果的にしてくれるんですね。

しかも朝のジョギングはダイエットだけじゃなく、1日の生活を気持ち良くスタートさせてくれるので、より充実した規則正しい生活が送れることでしょう。

生活習慣の乱れは、体を太りやすくしてしまいます。朝早起きしてジョギングをして、ダイエット・健康・美容に役立ててみませんか?

まずは、ジョギングをせずに早起きをするだけで構いませんので、朝に何かをする習慣を身に付けるのも良いですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ジョギングダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1日3分でOK!5つの寝る前のストレッチでダイエット

  • 小尻ならおまかせ!簡単にできるお尻を小さくする方法5つ

  • びっくり下半身ダイエット方法?つま先トントンの6つの効果

  • 【代謝を上げる方法】体をゆするだけ?ぷるぷる体操のやり方3つ

  • 何が違う?ノルディックウォーキング5つの効果&歩き方

  • 初心者でも簡単ダイエット!ウエスト痩せできる6つの筋トレ