1. TOP
  2. あなたのダイエットは大丈夫?タンパク質不足が招く問題6つ

あなたのダイエットは大丈夫?タンパク質不足が招く問題6つ

 2015/05/22 食事   17,412 Views
タンパク質不足が招く問題

ダイエットといえば食事制限。ダイエットをされている方の中には、「あれは食べちゃダメ!これは食べちゃダメ!」のように、太りそうな食べ物を避けて食事制限をしている方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、このような食事制限をすれば体重は減ります。でも避けている食べ物を間違えると、体重が減っても体の中では困った問題が起きている、そんな状態になる恐れがあるんです。

そのようになってしまう原因の1つとして挙げられるのが「タンパク質不足」。じつは、偏った食事制限をしてタンパク質不足になると、ダイエットに成功しにくくなるなどの問題を引き起こしてしまうんですよ。

ということで今回は、ダイエット中のタンパク質不足が招く問題についてご紹介します。

スポンサーリンク

タンパク質はどんな働きをする?

疑問

タンパク質は、炭水化物や脂質と並ぶ三大栄養素の1つというのをご存知の方も多いと思います。

でも、実際にタンパク質が私たちの体の中でどんな働きをしているのか、知らない方も少なくないと思います。まずは、タンパク質が体の中でどんな働きをしているのか、見ていきましょう。

タンパク質は、私たち人間が生命を維持するために欠かすことのできない非常に大切な成分なんです。

例えば、食べ物を消化するための酵素はタンパク質でつくられていて、体に多く存在するホルモンや神経を伝達するための物質はタンパク質を原料にしています。

さらには肥満やむくみを予防したり、心身ともに健康な体を保つために役立ち、筋肉、臓器、骨、皮膚、髪も構成するために使われているんですよ。

タンパク質不足が招く問題

美容_困った

タンパク質は生命を維持するために必要な成分だということが分かりました。でも、タンパク質を含んだ食材というとお肉や脂ののった魚などのおいしいものがありますが、ダイエットに良くなさそうで避けたくなりますよね。

では、そういったお肉や魚を避けることでなってしまうタンパク質不足が、私たちの体にどんな問題を招いてしまうのか1つずつ見ていきましょう。

1.代謝が落ちて痩せにくくなる

記事の冒頭でもご紹介したように、タンパク質不足になると、ダイエットで痩せにくくなる問題を招いてしまいます。

例えば、ダイエットのために運動をされる方、多いですよね。なぜなら運動をすれば、体にたまった脂肪を燃焼して落とすことができますし、体の筋肉を大きくする効果がありますからね。

体の筋肉を大きくすると、消費エネルギーが多くなるため代謝が上がり、痩せやすい体をつくることができます。

でも運動をして筋肉を大きくしようと思っても、筋肉を大きくする働きを持つタンパク質がなければ、運動をしても筋肉は大きくなりません。筋肉を大きくするにはタンパク質の存在が欠かせないんですね。

タンパク質不足は筋肉を大きくする栄養素が不足しているということ。運動をしても筋肉は大きくならず、最悪筋肉を保つことも難しくなるので、代謝が落ちて痩せにくい体になってしまうんです。

2.食欲がコントロールできなくなる

オーストラリアのシドニー大学の研究で、タンパク質と食欲には密接な関係があることが分かったんだそうです。

どんな関係かというと、食事したもの中にタンパク質の割合が少なかった人ほど、多くのカロリーと摂っていたんだとか。その結果、人間は必要な量のタンパク質を摂るまで食欲が出て食べ続けるんだそうです。

つまりダイエットのためにいくら食事量を抑えたとしても、タンパク質を摂る量が不足していたら食欲がおさまらず、他の炭水化物や脂質を摂り過ぎてカロリーオーバーしてしまうんですね。

食事制限するには食欲のコントロールが大切。タンパク質をしっかり摂って食欲をコントロールして、ダイエットにつなげたいものです。

3.体がむくんでしまう

体重以上に体が太って見えてしまう体のむくみ。体がむくんでしまう原因は、体に余分な水分や老廃物がたまることで起きます。

では、どうして体に余分な水分や老廃物がたまるかというと、血液やリンパの流れが悪くなることが原因なんですね。

タンパク質の中には、水分や血液の循環を正常に保つ働きを持つタンパク質があります。なので、もしタンパク質不足になると水分や血液の循環に支障がでて、体に余分な水分や老廃物がたまって体がむくんでしまうんですよ。

4.体が疲れやすくなる

先述したようにタンパク質不足になると、運動などしても筋肉が大きくならず、逆に痩せ細ってしまう可能性があります。こうした筋力の低下は代謝が落ちて痩せにくくなるだけじゃなく、体力が落ちて疲れやすくなる原因にもなります。

体が疲れやすくなると、普段の生活にも影響がでてきます。家事や仕事はもちろんのこと、大好きな趣味などをしていてもすぐに疲れて、やる気がなくなってしまいます。

夏のような暑い季節になると、体力がなければすぐに夏バテになってしまうので、タンパク質を欠かさないようにしないといけませんね。

5.肌が荒れてしまう

タンパク質は、皮膚を構成するために使われます。ということは、タンパク質不足になると新しい皮膚がつくられず、皮膚の代謝が悪くなってしまうんですね。

するといつまでも古い皮膚が残るようになり、肌が荒れてしまう恐れがあるんです。肌が荒れると老けて見られてしまい、とくに女性は絶対に肌荒れを避けたいところでしょう。

ダイエットのために食事制限して痩せたは良いけど、タンパク質不足で肌が荒れ、逆に老けて見られてしまっては元も子もありませんよね。

6.ストレスがたまりやすくなる

私たちがストレスをためる原因として、仕事や人間関係などありますよね。その他に、ホルモンバランスが崩れることでイライラするようになり、ストレスがたまりやすくなることも原因の1つなんです。

先述したように、ホルモンはタンパク質を原料としてつくられますので、タンパク質不足になるとホルモンがつくられなくなります。その結果、ホルモンのバランスが崩れ、イライラしてストレスがたまりやすくなるんですね。

また女性に限っては、ホルモンバランスが崩れると生理不順になる恐れもあるので、タンパク質不足にならないよう心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ダイエットに適したタンパク質食材

お肉

ここまでご紹介してきたように、ダイエットをするためにはタンパク質が欠かせません。でもダイエット中に、どんな食材を食べてタンパク質を摂れば良いのか、分からない方もいらっしゃると思います。

ということでここからは、ダイエットに適しているタンパク質を含む食材についてご紹介します。

赤身の肉

赤身の肉はお肉の中でもカロリーが低く、高タンパクの食材です。しかも赤身の肉にはL-カルニチンとビタミンB群を豊富に含んでいて、これらは脂肪を燃焼させる効果があるんです。

ダイエット中はお肉を避けたくなりますが、赤身の肉はかえってダイエットに良いので、ぜひダイエットの食事に赤身の肉を取り入れるようにしましょう。

鶏のささみ肉

鶏のささみ肉は、低カロリー高タンパクな食材として有名な食材ですよね。しかも赤身の肉よりも低カロリーですので、赤身の肉に負けないぐらいのダイエット効果が得られます。

ダイエットで赤身の肉ばかり食べるのも飽きてきますので、赤身の肉と鶏のささみ肉を交互に食べてみるのも良いですよ。

青魚

サバやイワシ、アジなどの青魚にもタンパク質が含まれています。さらに青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)という不和脂肪酸を豊富に含んでいます。

このEPAは血液中の中性脂肪やコレステロールを抑える働きがあり、血液の流れを良くして代謝を上げる効果があるので、青魚はダイエットにもってこいの食材なんですよ。

豆腐

豆腐の原料である大豆は、大豆タンパク質というタンパク質を含んでいます。大豆タンパク質は、先ほどのEPAと同じように血液中の中性脂肪とコレステロールを抑える働きがあり、血液をサラサラにして代謝を上げることができます。

次の記事では、豆腐のダイエット効果と豆腐のレシピを紹介していますので、ぜひご覧ください。

【必見】女性に優しい!豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ20選

さらに豆腐は大豆イソフラボンを含んでいて、美肌効果もあるんです。まさに豆腐は、ダイエットや美容には欠かせない食材になってるんですね。

納豆

納豆もご存知のとおり大豆からできているので、大豆タンパク質を摂ることができます。

しかも納豆には、ナットウキナーゼという血液をサラサラにする成分が含まれていますので、豆腐よりもさらに代謝アップが期待できる食材です。

次の記事では、納豆のダイエット効果について詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

やっぱりすごい食材!ダイエットに役立つ納豆の6つ効果と食べ方

たまご

たまごには良質なタンパク質が含まれています。さらにはビタミンB2も含まれていますので、脂肪の燃焼に効果があります。

でも、たまごはコレステロールを多く含んでいますので、食べ過ぎには気を付けてくださいね。

チーズ

チーズもタンパク質を多く含んだ食材の1つ。とくにパルメザンチーズやプロセスチーズはタンパク質を多く含んでいるんですよ。

ただチーズは高カロリーですので、たまごと同じように食べ過ぎには注意しましょう。

牛乳

牛乳は、ここまで紹介してきた食材ほどタンパク質を多く含んでいませんが、タンパク質を含んだ飲み物。

飲み物ですので、他の食材と比べてタンパク質が摂りやすいため、時間のない時などは牛乳を飲んでタンパク質を摂るもの良いですよね。

タンパク質を摂るタイミング

タイミング

さて最後にご紹介するのは、タンパク質を摂るタイミングです。タンパク質を摂るだけでもダイエットに良いわけですが、せっかくならダイエット良いタイミングでタンパク質を摂りたいですよね。

先述したように、タンパク質は筋肉を大きくするために必要な成分。筋肉を大きくして代謝を上げ痩せやすい体をつくるためには、タンパク質は欠かせません。

では、筋肉を効率よく大きくするには、どのタイミングでタンパク質を摂れば良いんでしょうか。

それは夕食の時です。

というのも筋肉がつくられる時というのが

・夜寝ている時
・運動して1時間後

といわれているから。とくに夜寝ている時に筋にがつくられるなら、夕食の時にタンパク質を摂るのがベストなんですよ。

スポンサーリンク

タンパク質を含む痩せる食べ物の関連記事

次の記事では、タンパク質を含む痩せる食べ物について紹介しています。ぜひご覧いただいて、体がタンパク質不足にならないよう気をつけましょう。

いかがだったでしょうか?

私たちが食事で口にするものは、良くも悪くも体に影響が出るため、ダイエットをする上で食事制限が大切なんですね。

でも食事制限をやり方を間違えると、かえってダイエットに問題を招いてしまいます。

今回ご紹介したようにタンパク質不足も、ダイエットに問題を招く原因の1つ。なので、タンパク質不足は絶対に避けないといけません。

ぜひタンパク質をしっかり摂って、ダイエットを成功させましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

タンパク質不足が招く問題

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 脂肪を燃やして肌もスベスベに!新陳代謝を上げる食べ物6選

  • 月に1回でOK!ヨーグルト断食でダイエットするやり方

  • 食べるほど痩せる?マイナスカロリーダイエットできる食材12選

  • 1日1食だけでOK?新りんごダイエットの効果7つ&方法

  • きなこ牛乳7つの効果が凄い!ダイエットにいい健康ドリンク

  • 低カロリーで満腹に!しらたきダイエットの効果&レシピ8つ