1. TOP
  2. 塗って食べてダイエット?にんたまジャムの効果7つ&作り方

塗って食べてダイエット?にんたまジャムの効果7つ&作り方

 2016/05/13 食事   2,297 Views
にんたまジャムの効果&作り方

ダイエットに良いといわれる「にんにく」と「玉ねぎ」。この2つの食べ物を、いつでも簡単に食べる方法があります。

それが「にんたまジャム」です。にんにくと玉ねぎをただ単にジャムにしたものなのですが、他の食べ物に塗ることで、簡単ににんにくと玉ねぎを食べられます。

そのため、にんたまジャムを毎日の食事で食べれば、ダイエットに役立てることができるんですよ。

ということで今回は、塗って食べてダイエットになる「にんたまジャム」の効果と作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

にんたまジャムの効果

メジャー

それでは早速、にんたまジャムの効果について、1つずつ見ていきましょう。

1.血管を拡張して代謝アップ

にんにくには、「ノルアドレナリン」と呼ばれるホルモンを分泌させる働きがあります。

このノルアドレナリンは神経伝達物質の一種で、多く分泌されると血管を拡張させることができます。

血管が拡張されれば、その中を流れる血液の流れも良くなり、その結果、体が活発になって代謝が上がるんですよ。

そして、玉ねぎに含まれる「アリシン」は、血液をサラサラにさせる効果があるので、さらに血液の流れが良くなって代謝が上がります。

代謝を上げることは、ダイエットに効果的。脂肪が燃えて痩せやすくなりますし、ダイエット後の体重維持をしやすくなりますので、にんたまジャムはオススメなんです。

2.ビタミンB1の吸収を良くする

健康的に痩せる食べ方ビタミンの中には、脂肪の蓄積を防ぐ効果を持っているものがあります。

そのビタミンとは「ビタミンB1」。ビタミンB1は、食事で摂った糖質を効率よくエネルギーに変える働きがあるため、糖質の摂り過ぎによる脂肪の蓄積を防ぐことができるんです。

にんにくには、そんなビタミンB1の吸収を良くする効果があります。

そのため、ビタミンB1が豊富な食べ物と一緒ににんたまジャムを食べれば、より体に脂肪がたまりにくくなるんですね。

3.脂肪の吸収を防ぐ

にんたまジャム自身にも、脂肪の吸収を防ぐ効果があります。

玉ねぎに含まれる「ケセルチン」は、腸内の余分な脂肪と結合し、体の外に排出させる効果があります。しかも、にんにくには先ほどご紹介したビタミンB2をたくさん含んでいます

なので、もし食事で余分に脂肪を摂り過ぎても、にんたまジャムを食べてケセルチンを摂れば、脂肪の蓄積を防いで太りにくくすることができるんですよ。

4.老廃物を排出してむくみ解消

足リンパマッサージ余分な水分などの老廃物が体にたまると、体がむくんで体重以上に太って見えてしまいます。これでは、せっかくダイエットをしてみ意味がないですよね。

先ほどご紹介した「ケセルチン」は、体にたまった老廃物を排出させる効果があるので、にんたまジャムを食べれば体のむくみを解消できるんですね。

5.肌の新陳代謝が良くなる美肌効果

にんたまジャムを食べれば、血管が拡張して血液の流れが良くなりますが、毛細血管もしっかり拡張されるため、肌にまでしっかりと血液が届くようになります。

すると肌の新陳代謝が良くなるため、古い角質が剥がれやすくなって、逆に新しい肌が生まれやすくなって肌が若返るんですよ。

実際ににんたまジャムを食べて、顔にできたシミがとれたという方もいらっしゃるのだとか。それだけ、美肌効果が期待できるんですね。

6.生活習慣病の予防する

太るすでにご紹介した玉ねぎに含まれる「アリシン」は、血液内の善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす効果があります。

血液内の悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化を引き起こし、生活習慣病まで招く恐れがあります。

ですので、にんたまジャムを食べれば、その悪玉コレステロールを減らすことができるため、生活習慣病の予防になるんですよ。

7.冷え性を解消して免疫力もアップ

にんたまジャムの血液の流れを良くする効果は、冷え性の解消にも効果があります。血液の流れが良くなることで、指先までしっかり温めることができるんですね。

また、冷え性を解消して体温が上がると、免疫力もアップします。そうなれば、風邪などの病気に負けない、健康的な体を手に入れられますよ。

スポンサーリンク

にんたまジャムの作り方

料理をする

にんたまジャムは、一般的に販売はされてないので、ご自分で作る必要があります。そこで、にんたまジャムの作り方をご紹介しますので、ぜひ作ってみてください。

準備するもの

まずは、にんたまジャムを作るにあたって、材料を準備しましょう。準備するものは以下のとおりです。

玉ねぎ:500g
にんにく:100g
水:100cc
レモン汁:大さじ2
砂糖:60g

ちなみに、玉ねぎとにんにくの大きさと重さの目安は以下のとおりですので、参考にしてください。

<玉ねぎ>
大サイズ:230g以上
中サイズ:170~230g
小サイズ:170g以下

<にんにく>
1片:10g

作り方の手順

材料を準備したら、以下の手順でにんたまジャムを作っていきましょう。

  1. 玉ねぎの皮をむき、十字に切って4等分にする
  2. にんにくの皮をむき、根を切り落とす
  3. 耐熱ボウルににんにくを入れ、その上に玉ねぎを入れる
  4. 水を入れた後、両端に隙間を作ってラップをかぶせる
  5. 電子レンジに入れ、600Wで14分加熱する
  6. 加熱が完了したら、ボウルの中身すべてをミキサーに移す
  7. 砂糖とレモン汁をミキサーに入れ、なめらかになるまでミキサーを回す
  8. ミキサーの中身を再度、耐熱ボウルに移す
  9. ラップをせずに電子レンジに入れ、600Wで8分加熱する
  10. 冷める前に、ボウルの中身を空き瓶に移してフタをする

以上となります。

にんたまジャムは、慣れれば1時間もあれば作れますので、ぜひこの作り方を参考にしていただけたらと思います。

にんたまジャムの保存方法

冷蔵庫

続いては、作ったにんたまジャムの保存方法をご紹介します。

保存方法は、常温・冷蔵・冷凍の3つがあり、それぞれの持ち期間は以下のとおりとなります。

常温:1週間
冷蔵:1カ月
冷凍:2カ月

ですので、これを目安にしてにんたまジャムを使っていただき、もし日数を過ぎてしまったら、もったいないですが処分するようにしましょう。

また冷凍保存する時に蓋付きの製氷器を使うと、にんたまジャムを使用する際に手間がかからずオススメですよ。

にんたまジャムの食べ方

バランスの良い食事

冒頭でも書いたように、にんたまジャムの食べ方は、他の食べ物に塗ったりして食べます。そこで、もう少し詳しく食べ方をご紹介しましょう。

1日に使う量は?

まずはじめは、1日に使うにんたまジャムを使う量ですが、1日ティースプーン2杯を目安にして使用してください。

どうやって食べる?

いちばん簡単な食べ方は、パンなどに塗って食べる食べ方。例えば、毎朝パンを食べるのが習慣になっている方は、ぜひパンににんたまジャムを塗ってみましょう。

また、朝食にお米を食べる方は、味噌汁ににんたまジャムに入れると良いでしょう。味噌汁を食べる習慣がない方は、インスタントスープに入れるのも良いですよ。

ビタミンB1食材と一緒に食べる

すでにご紹介したように、にんたまジャムはビタミンB1の吸収を良くする効果があります。ですので、ビタミンB1が豊富な食材と一緒に食べれば、体に脂肪がたまりにくくなります。

では、ビタミンB1が豊富な食材といったら、どんなものがあるのでしょうか…。以下が、ビタミンB1が豊富な食材になります。

  • 玄米
  • 豚肉
  • レバー
  • かつお
  • 大豆
  • ピーナッツ

これらの食材と一緒ににんたまジャムを食べて、ぜひダイエットに役立ててみてください。

スポンサーリンク

痩せる食べ物の関連記事

次の記事では、ダイエットに役立つ痩せる食べ物について紹介しています。ぜひ、にんたまジャムと一緒に食べて、ダイエットに役立てましょう。


まとめ

いかがだったでしょうか?

ジャムというと、甘くてカロリーが高いため、ダイエットに良くないイメージがあるともいます。でも、ジャムにする食材によってそれは変わります。

今回ご紹介した「にんたまジャム」は、ダイエット効果から、健康、美容効果まであることが分かりました。

作り方もそんなに手間はかかりませんので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

にんたまジャムの効果&作り方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1日1食だけでOK?新りんごダイエットの効果7つ&方法

  • お米好き必見!玄米のハンパない7つの効果とダイエットの方法

  • 後悔しなくて大丈夫!食べ過ぎた翌日にリセットする方法5つ

  • 【超簡単!!】トマトジュースダイエットの5つ効果と方法

  • 食欲を抑える方法12選!食べ過ぎを防止してダイエット成功

  • 1日1杯で美しく!アーモンドミルクの効果でダイエット