1. TOP
  2. え?お弁当の定番で痩せる!?おにぎりダイエットの3つの効果

え?お弁当の定番で痩せる!?おにぎりダイエットの3つの効果

 2015/05/08 食事   38,687 Views
おにぎりダイエット

ダイエット中の食事で炭水化物を控える方、大変多くなってきました。理由は、炭水化物に含まれる糖質を摂り過ぎると体に脂肪がたまりやすくなるから。

なので糖質の摂取を抑える糖質制限ダイエットをすると、脂肪が体にたまりにくくなって痩せやすくなるということから、糖質制限ダイエットの人気も高いんですよね。といっても、過度な糖質制限ダイエットはかえって太りやすくなりますが…。

ところが糖質制限ダイエットをする方にとって、びっくりするようなダイエット法があるんです。それは、お弁当でよく食べる「おにぎり」を使った「おにぎりダイエット」。

ご存知のとおり、おにぎりはお米でつくられていて、炭水化物の代表的なもの。そんな炭水化物の塊であるおにぎりを食べて、なぜダイエットできるんでしょうか。

ということで今回は、お弁当の定番で痩せる「おにぎりダイエット」の効果とやり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

おにぎりダイエットとは?

クエスチョン

さて、まず「おにぎりダイエット」のイメージを持っていただくために、おにぎりダイエットについてご紹介しましょう。

おにぎりダイエットとは名前のとおり、おにぎりをメインに食べるダイエット法です。でも、先述したように炭水化物ばかり食べると、糖質を摂り過ぎて太ってしまうんじゃないかと思いますよね。

じつはおにぎりダイエットは、糖質制限ダイエットのようなダイエット法とはまた違ったアプローチでダイエットをする方法なんです。

炭水化物じゃなく「おかず」や「間食」を見直す

ダイエットをしていても、食事中におかずをたくさん食べ過ぎたり間食してしまったりして、なかなか痩せられない方がいらっしゃいます。

例えば糖質制限ダイエットをしていて炭水化物を食べるのを控えていても、その他のものを食べ過ぎていたら、結局痩せることはできませんよね。

そこで逆転の発想で、炭水化物であるおにぎりを食べて「おかず」や「間食」を見直すことで痩せていく、これがおにぎりダイエットの目的なんです。

しかもおにぎりダイエットは、ただ痩せることだけを目的としていません。体を健康的にするための体質改善も目的の1つなんですよ。

「パン」や「お餅」は食べない

どうせおにぎりのような炭水化物をメインで食べるなら、「パン」や「お餅」などの炭水化物を食べてもいいんじゃないかと、思われるかもしれません。

でも、このダイエット法では「お米」を食べることに意味があるんです。というのも、お米にはダイエットに役立つ成分が含まれているからなんですよ。

なのでおにぎりではなく、パンやお餅で同じようにダイエットをしようと思っても、うまく痩せられないんです。

脂質太りしている方なら効果大

世の中にはさまざまなダイエット法がありますが、すべてのダイエット法があなたに合うわけじゃありません。

糖質制限ダイエットをして痩せられる方もいらっしゃれば、痩せられない方もいらっしゃいます。また、脂っこいものを控えるような脂質を制限して痩せられる方もいらっしゃれば、そうでない方もいらっしゃいます。

おにぎりダイエットは炭水化物をメインに食べて、おかずなどを控えて脂質の摂取を抑えるダイエットです。もしあなたが脂質太りしているなら、おにぎりダイエットで高いダイエット効果が期待できますよ。

有名人も体験して痩せた!

じつは、おにぎりダイエットは、ある有名人が考案したダイエット法だといわれています。

その有名人とは、最近がんで声を失っても生きる道を選んだ、つんく♂さん。つんく♂さんがおにぎりダイエットを考案して、過去に次のような3度のダイエットに成功したんだとか。

14日間で、61.9kg→57.8kgで、4.1kgの減量
12日間で、60.4kg→58.1kgで、2.3kgの減量
10日間で、60.2kg→57.9kgで、2.3kgの減量

出典:ダイエットウィズ

そのため、その他の有名人をおにぎりダイエットをしていて、眞鍋かをりさんやEXEILEのメンバーもしていたんだそうですよ。

おにぎりダイエットの効果

メジャー

では実際に、おにぎりダイエットはどんな効果があって、どんな仕組みで痩せるんでしょうか。ということで、ここからはおにぎりダイエットの効果についてご紹介します。

1.お米は血糖値が上がりにくい

先述したように、お米といえば炭水化物。炭水化物には糖質が含まれているため、食べたら血糖値が急上昇してインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えます。

しかし糖質を摂り過ぎると、インスリンがブドウ糖をエネルギーに変えてもブドウ糖が血液中にあまり、インスリンがブドウ糖を脂肪としてためこむようになります。

つまり糖質の摂り過ぎると太ってしまうので、ダイエット中はお米を避けたくなる方も多いんですね。

でも、お米は他の炭水化物やスイーツと比べると、食べても血糖値の上昇が緩やかでインスリンの分泌量が少ないんだそうです。次のグラフをご覧ください。

ご飯とインスリンの関係
(出典:grape)

赤い線がお米(ご飯)を食べた時のインスリンの分泌量ですが、パンやスイーツを食べた時と比べるとインスリンの分泌量が緩やかですよね。

インスリンの分泌量が緩やかなら、血液中のブドウ糖をエネルギーに変えるのも効率よく行われ、体に脂肪がたまりにくくなります

もちろんお米は野菜などと比べれば、糖質を含んでいるため脂肪がたまりやすい食材ではありますが、意外とダイエットには良い食材なんですよ。

2.脳が活性化されて元気に

過度な糖質制限ダイエットをすると陥りやすいのが、脳の働きが悪くなること。

炭水化物などを食べて糖質を摂ると、ブドウ糖に変わり血液中に流れますが、脳が働くためにはブドウ糖が唯一のエネルギーなんです。なので、過度な糖質制限をすると脳にエネルギーが届かず、脳の働きが悪くなってしまうんですね。

脳の働きが悪くなってしまうと、頭がボーっとして思考能力が低下するほか、集中力が落ちたり体がだるくなったりして生活に支障をきたすようになります。

でもおにぎりダイエットなら、ブドウ糖が脳へしっかり届けながらダイエットをすることができます。そうすれば脳がしっかりと働いて頭がさえ、体もしっかり動くようになるんですね。

3.便秘解消効果もある

うれしい「おにぎりで便秘を解消できるの?」と疑問を持たれるかもしれませんが、おにぎりだからこそ便秘解消効果が得られるんです。

まず想像してみていただきたいのですが、おにぎりを食べる時、おにぎりがどんな状態かというと「冷たい」ですよね。じつは炊いたご飯が冷たくなることで、ご飯の中ではあることが起きているんです。

お米を炊いてできたご飯の中には「デンプン」が含まれています。ご飯が冷えてくると、あたりまえのことですがデンプンも一緒に冷えます。

デンプンが冷えると、「レジスタントスターチ」と呼ばれる難消化デンプンに変わるんですね。

この難消化デンプンは名前のとおり消化されにくく、小腸でも消化されずに大腸にまで届きます。すると、食物繊維と同じように大腸内を掃除してくれるため、便秘を解消する効果があるんですよ。

便秘は大腸の働きが悪くなって起きるといわれています。そして大腸などの消化器系の内臓の働きが悪いと、体に老廃物がたまって体がむくんだり、代謝が落ちて太りやすくなります。

ですので、おにぎりダイエットをすれば便秘の解消が期待できて、太りにくくできるんですよ。

スポンサーリンク

おにぎりダイエットのやり方

箸

さて、それでは実際にどうやって「おにぎりダイエット」をするのか、そのやり方をご紹介します。

1日2合分の「おにぎり」を主食とする

おにぎりダイエットをするにあたって、おにぎりの分量を決めておかないといけません。おにぎりを食べ過ぎてしまったら、逆に太ってしまいますからね。

おにぎりの分量は1日2合分として、おにぎりをメインに食べています。例えば、

朝:1〜2個
昼:2〜3個
夕:1個

のように分けて食べていくといいですよ。ちなみに例では、夕食後は寝るだけで生活活動が少なくなるため、おにぎりの量も少なくしています。

おかずはたっぷりの野菜で

サラダ次はおかずを考えないといけませんが、おにぎりダイエット中のおかずは野菜にして、たっぷり食べるようにしましょう。

野菜には食物繊維やビタミン・ミネラルを豊富に含んでいます。とくにビタミン・ミネラルは、食事したものをエネルギーに変えるエネルギー代謝を効率よく行わせる潤滑油の役割を果たします。

つまり、おにぎりを食べて血液中に増えたブドウ糖を、しっかりとエネルギーに変えてくれるんですね。

こうした効果は体に脂肪をためにくくする効果にもなりますので、おにぎりダイエットをするときは、一緒にたっぷりと野菜を食べるようにしましょう。

なお野菜を食べる時は、ノンオイルドレッシングにしてくださいね。

お肉や魚、果物、アルコールは避ける

おにぎりダイエットはただダイエットをするだけじゃなく、体質改善して健康的な体になることも目的とされています。

なので、おにぎりダイエット期間中はお肉や魚、果物やアルコールなどのおにぎり以外の糖質を含む食材は避けてください

もちろん、パンや麺類などの炭水化物もダメ。飲み物も水やお茶を飲むようにして、コーヒーやジュース類は避けるようにしましょう。

飽きてきたら「おにぎり」の具を変える

おにぎりダイエットを続けていると、おにぎりばかりを食べているためだんだん飽きてきます。そんな時は、おにぎりの具を変えるといいですよ。

次の食材は、おにぎりダイエットに良い食材ですので、参考にしてみてください。

・昆布
・梅
・おかか
・岩ノリ
・ゴマ塩

ダイエット期間は長くても3週間まで

ここまでご紹介していてきて分かるように、おにぎりダイエットは体質改善も目的としていますので、ダイエット中はとても栄養が偏った状態になっています。

ですので、おにぎりダイエットをしたとしても、長くて3週間までにしてください。それ以上続けるとかえって体に悪影響が出てしまいます。

また、体重がおにぎりダイエットを始めた時から5%減った時も、やめるようにしましょう。短期間で自分の体重の5%が減るようなダイエットは停滞期に入りやすいですし、体が命の危険を感じている証拠です。

せっかくダイエットをしても、体を悪くしては意味がありませんので、しっかりとルールを守りましょう。

プチおにぎりダイエットはいかが?

楽しい

ここまで「おにぎりダイエット」について見てきて、たとえ3週間でもおにぎりと野菜を食べ続けるのを難しく感じた方も、いらっしゃるんじゃないでしょうか。

私自身も、3週間もずっと同じものを食べ続けるのは少し辛く、大変さを感じます。なので、次のような時におにぎりダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

例えば、食べ過ぎ飲み過ぎた翌日だけおにぎりダイエットをする

食べ過ぎたり飲み過ぎたりした翌日は必ず体重が増えているため、体重をもとに戻すことが大切です。もし体重が増えたまた放っておいたら、食べたものや飲んだものが、脂肪として体にたまって太ってしまいます。

なので、食べ過ぎ飲み過ぎた翌日だけおにぎりダイエットをする「プチおにぎりダイエット」をするのもアリです。ただ、体質改善については効果は期待できませんけどね。

もし、あなたが「おにぎりダイエットなんて無理…」と思われたら、1日限りのプチおにぎりダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

次の記事では、食べ過ぎ飲み過ぎた時の体重を元に戻す方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

食べ過ぎても大丈夫!食べ過ぎた翌日からリセットする方法5つ


スポンサーリンク

痩せる食べ物の関連記事

今回ご消化したいおにぎり以外にも、痩せる食べ物はたくさんあります。次の記事では、そんなおにぎり以外の痩せる食べ物を紹介していますので、ぜひダイエットにお役立て下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

お米というと炭水化物の塊ですが、意外とダイエットに良いことが分かっていただけたんじゃないでしょうか。

そしてお米をおにぎりにした「おにぎりダイエット」というダイエット法あるのに、ビックリされた方もいらっしゃると思います。

毎回食事をする度におにぎりをつくるのは面倒臭いかもしれません。しかも、おにぎりの効果を十分に発揮するには、おにぎりを冷やさないといけません。

手間はかかるかもしれませんが、ダイエットできて体質改善までできる方法ですので、気に入っていただけたチャレンジしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

おにぎりダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ラクなやり方が効く!グレープフルーツダイエットの効果10個

  • 6つのダイエット効果がスゴイ!グリーンスムージーの作り方

  • 食べて痩せたい!ダイエットにいい「痩せる食べ物」36個

  • 粉豆腐にするともっと痩せる?高野豆腐ダイエットの効果5つ

  • 糖質制限ダイエットに役立つヘビロテできるおすすめレシピ12選

  • あなたのダイエットは大丈夫?タンパク質不足が招く問題6つ