1. TOP
  2. コレもお風呂ダイエット?シャワーで代謝を上げる4つの方法

コレもお風呂ダイエット?シャワーで代謝を上げる4つの方法

 2015/07/20 簡単に痩せる方法   15,236 Views
シャワーで代謝を上げる方法

お風呂がダイエットに良いのは、ご存知の方も多いことと思います。なぜお風呂がダイエットに良いのか…。

それはお風呂に入れば、体温が上がったり筋肉の緊張がほぐれたりすることで血流が良くなるため、代謝が上がって痩せやすくなるからなんですね。

そんなお風呂でダイエットするためには、湯船に15~20分程浸かる必要があるといわれています。でも長風呂が苦手な方が、20分も湯船に浸かるなんて難しいですよね。そこで、長風呂が苦手な方でも、お風呂でダイエットをする方法があります。

その方法とは「シャワー」を使ったダイエット法。シャワーを使うことで、ダイエットで大切な代謝を上げることができるため、痩せることができるんだそうです。

では、シャワーを使ったダイエット法は、いったいどうやって代謝を上げるんでしょうか。

ということで今回は、シャワーを使ったお風呂ダイエットで、代謝を上げる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

20歳を過ぎると落ちる基礎代謝

ストレス

ダイエットで成功するためには、代謝を上げることが大切だとよくいわれています。このサイトの多くの記事の中でも、「代謝を上げよう!」とうたっていますが、なぜ代謝を上げることが大切なんでしょうか。

その理由は、代謝の中の1つである「基礎代謝」が何なのかが分かれば、知ることができるんですよ。

基礎代謝とは?

それでは基礎代謝とは、いったい何なんでしょうか。基礎代謝とは、”体を安静にしていても生命を維持するために必要な最小限のエネルギー消費”のことをいいます。

つまり、私たち人間は体を動かさなくても、生命を維持させるために心臓を動かて血液を全身に送ったり、呼吸をしたりしなければいけません。

そうした私たちが意識しないところで使われるエネルギーが、基礎代謝なんです。そして代謝を上げるということは、この基礎代謝を上げることを指しているんですよ。

1日の代謝の中で基礎代謝は70%を占める

私たちが1日の生活の中で行っている代謝には

  • 基礎代謝
  • 活動代謝
  • 食事誘導性熱産生

の3つがあります。

基礎代謝は、先述したように生命を維持するために必要な最小限のエネルギー消費です。そして、活動代謝は、家事や仕事などして体を動かしたときのエネルギー消費。食事誘導性熱産生は、食事で口にしたものを、噛んで飲みこんで消化吸収するまでのエネルギー消費のことをいいます。

この3つの代謝で、1日に消費されるエネルギーの割合を見ると

基礎代謝:70%
活動代謝:20%
食事誘導性熱産生:10%

となり、基礎代謝が全体の70%を占めています

なのでダイエットで成功するには、代謝の中の70%を占める基礎代謝を上げることに力を入れれば、体にたまった脂肪が落ちやすくなるんですよね。

歳を重ねるほど基礎代謝は低下する

よく歳を重ねると太りやすくなって、痩せにくくなるといわれますが、それはなぜでしょうか。次のグラフを見てください。

基礎代謝量グラフ
(出典:シニアコム.JP)

グラフを見て分かるように、私たちは20歳前後を過ぎると、1日の基礎代謝量が右肩下がり下がっていくんですね。先述したように代謝の中の70%を占める基礎代謝が下がってしまうのなら、歳を重ねるほど太りやすく痩せにくくなるのがお分かりいただけると思います。

このグラフを見ると「代謝を上げるなんてムリ!」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。世の中には代謝を上げる方法が数多くあり、その方法を続けることで代謝の低下を緩やかにしたり、逆にアップさせることができます。

もちろん、今回ご紹介するシャワーを使って代謝を上げる方法も、続けさえいればグラフのような代謝の低下を防ぐことができるんですよ。

スポンサーリンク

シャワーを使って代謝を上げる方法

グラフ

それでは、シャワーを使って代謝を上げる方法について、いくつかご紹介したいと思います。シャワーさえあれば簡単にできますので、お風呂に入る際は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

1.温冷浴をして褐色脂肪細胞を刺激

私たちの体には、刺激を受けると代謝が上がる部分があります。その部分とは、肩甲骨や首のまわりなのですが、なぜ肩甲骨や首まわりを刺激すると代謝が上がるんでしょうか。

そのカギとなるのが「褐色脂肪細胞」。褐色脂肪細胞とは、私たちの体にたまっている脂肪を燃やしてエネルギーを作る細胞といわれています。そのため褐色脂肪細胞を刺激すると、褐色脂肪細胞の働きが活発になって、代謝が上がるといわれているんですよ。

そんな褐色脂肪細胞ですが、私たちの体のどこに多く集まっているかというと、肩甲骨や首のまわりに多く集まっています。なので、シャワーを使って肩甲骨や首のまわりを刺激すると、褐色脂肪細胞も刺激されて活発になるので、代謝を上げることができるんですね。

シャワーを使って、どうやって肩甲骨や首のまわりを刺激するかというと、温冷浴をします。温冷浴とは、体をお湯で温めたり水で冷やしたりするのを繰り返す健康法で、次ので順で行います。

  1. シャワーで40℃のお湯を、肩甲骨や首のまわりに20秒間かける
  2. シャワーで20℃の水を、肩甲骨や首のまわりに20秒間かける
  3. 手順1と2を、交互に5回ずつ行う

以上となります。たったこれだけでて肩甲骨や首のまわりにある褐色脂肪を刺激できるんですよ。

なお、夏のような暑い時期なら良いのですが、冬のような寒い時期ですと、シャワーで20℃の水を浴びるのは辛く、体への負担になります。なので寒い時期は、水の温度を上げて体の負担にならないようにしましょう。

次の記事では、褐色脂肪細胞について詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ストレッチだけで痩せた!代謝を上げる肩甲骨ダイエット4つの方法

2.首のまわりをしっかり温めるだけでもOK

体温を上げる方法温冷浴をすれば、褐色脂肪細胞を刺激できて代謝が上がるといわれても、冷たい水を浴びるのに抵抗がある方もいらっしゃると思います。

じつは褐色脂肪細胞を刺激する効果は少ないですが、シャワーで首のまわりをしっかり温めるだけでも、代謝を上げることができます

なぜなら、首のまわりには太い血管がとおっているので、首のまわりを温めることで全身を温め、体温を上げることができるから。先述したように、体温が上がれば代謝が上がるので、痩せやすい体づくりができるんですよ。

なお首まわりの温めるにも、これという方法はありません。ですので、あなたが首まわりが温まったと感じるまで、シャワーで首まわりにお湯をかけ続けましょう。

ちなみに、肩や首にコリを感じる方が首まわりを温めると、血行が良くなってコリを解消できるんですよ。

3.シャワーでリンパマッサージ

私たちの体には、血液が全身を流れるように、リンパも全身を流れています。

血液は全身に酸素や栄養を届けるのと同時に、体にたまっている老廃物を回収する働きがあります。ですが、血液が老廃物を回収しきれない時があります。その時にリンパは、血液が回収しきれなかった老廃物を回収するんですね。

なのでリンパの流れが悪くなると、体に老廃物がたまりやすくなります。すると、代謝が落ちて太りやすくなったり、体がむくんだりしてしまいます。つまり、リンパの流れを常に良くしてあげると、代謝が上がって痩せやすい体を作ることができまるんですよ。

リンパの流れを良くするには、すでにご紹介した方法でもできます。ですが、さらに効果を上げるのがシャワーを使ったリンパマッサージです。

リンパの流れに沿って、シャワーをあてていくことでマッサージになります。さらには一緒に体を暖められるので、リンパの流れを良くすることができるんですよ。

では、次の手順をご覧ください。

シャワーでリンパマッサージ
(出典:ダイエットなら美wise!

この手順で行うことで、全身のリンパの流れを良くして老廃物を取り除き、代謝を上げることができます。そして、体のむくみを解消して、体のサイズをダウンさせることができます。

ちなみにシャワーの温度は40℃にし、水流を強くしてマッサージすると効果をアップできますよ。

次の記事では、リンパマッサージについて詳しく紹介していますので、シャワーを使ったリンパマッサージにお役立ていただけたらと思います。

徹底解説!楽して痩せるリンパマッサージの効果10個&やり方

4.シャワーで髪を洗う時に足湯をする

お風呂上がりのストレッチあなたは、シャワーで髪を洗っている時、足元はどうしているでしょうか?といわれても、多くの方が何もしていないことでしょう。

ですが、このシャワーで髪を洗っている時でも、代謝を上げることがでいます。その代謝を上げる方法とは、シャワーで髪を洗う時に「足湯」をする方法です。

足湯をしたことがある方なら分かると思いますが、足湯をすると体が温まってリラックスできます。なぜそんな効果があるかというと、足湯には体を温めて代謝を上げる効果があるからなんです。

私たちは普段活動をしていると、下半身に血液やリンパがたまってきます。そして、下半身にたまった血液やリンパは、下半身の筋肉によって上半身に送り返されます。ですが下半身を動かす機会が少ないと、下半身に血液やリンパがたまり続けてしまうため、血液やリンパの流れが悪くなって代謝が落ちてしまいます。

なので髪を洗っている時に足湯をすれば、下半身にたまっている血液やリンパが流れ始めるため、体が温まって代謝を上げることができるんですよ。

足湯をするには、お風呂にある風呂桶を使えば簡単にできますので、風呂桶に40℃程のお湯を入れて足先を付けて足湯をしましょう。

スポンサーリンク

お風呂ダイエットに役立つ関連記事

次の記事でも、お風呂ダイエットに役立つ方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

先述したように、ダイエットに成功するためには、代謝を上げることが大切です。なぜなら代謝を上げれば、何をしなくても体にたまった脂肪が落ちやすくなるからなんですね。

そんな代謝を上げるために、今回はお風呂でシャワーを使った代謝を上げる方法をご紹介しました。

私たち日本人は、幸いなことに毎日お風呂に入る習慣があるので、簡単にご紹介した方法を試すことができます。ですので、次のお風呂に入るタイミング、シャワーを使って代謝を上げてみてはいかがでしょうか。

ご紹介した方法は、すべて行う必要がありませんので、ぜひ気に入ったものから始めてみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

シャワーで代謝を上げる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • これだけでダイエットになる?簡単に基礎体温を上げる方法20個

  • 嗅ぐだけダイエット!香りを嗅いで食欲を抑える方法

  • レモン白湯6つの効果!ローラも愛飲するダイエット飲料

  • 驚きのダイエット法!ヒートショックプロテイン入浴法の効果6つ

  • 膝上の肉を落とす方法6選/簡単!即効!膝痩せで美脚をつくる

  • お酢ダイエットの効果は?1日30ml飲むだけの簡単な方法