1. TOP
  2. ストレス太り解消!ダイエットを成功させるセロトニンを増やす方法8つ

ストレス太り解消!ダイエットを成功させるセロトニンを増やす方法8つ

 2015/01/30 ダイエット成功の秘訣   40,378 Views
セロトニンを増やす

私たちが毎日生活していく上で、ほとんどの方についてまわるのがストレス。

このストレスが原因で、過食をして太ってしまった方もいらっしゃるでしょう。ダイエットをやめてしまった方もいるでしょう。

ストレスは私たちに、何だかの影響を与えます。だから、このストレスを何とかしたいのですが…。

ストレスは完全に消すことはできませんので、うまくストレスとうまく付き合っていくしかないんですね。

ということで今回は、ストレスに強くなってストレス太りを解消し、ダイエットを成功させる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ストレスをためると、こんなことに…

ストレス

先程も書いたように、私たちはつねにストレスを感じながら生活をしています。

そのストレスに過剰に反応してしまうと

・糖尿病や精神疾患になりやすくなる
・呼吸が浅くなり太りやすくなる
・食欲をコントロールできなくなる
・消化不良を起こす

などの悪影響があります。

とくにダイエットに関していえば、「呼吸が浅くなって代謝が落ちる」「食欲をコントロールできずに過食する」「胃腸が弱って消化不良になる」などの症状が出ると、ダイエットで痩せるどころか逆に太ってしまいます。

また、ダイエットが原因のストレスもいくつもあります。例えば、「体重が減らない痩せられない」「もっと食べたいけど我慢しないといけない」というのような、かなかな結果が出なかったり我慢が続いたりすると、だんだんストレスがたまっていきますよね。

私もダイエット経験があるので分かりますが、ダイエットをしているのに結果が出ないというのは、相当ストレスがたまります。

だから、なかなか結果が出ないために、ダイエットをやめてしまう方が多いのも分かるんですよね。

少しでもストレスが軽減できればいいのですが…。

ストレスに強くなるキーポイントは「セロトニン」

コツ

では、どうしたらストレスに強くなって、成功できるまでダイエットを続けられるんでしょうか。

そのキーポイントとなるのが「セロトニン」です。

セロトニンとは、脳で作られる心のバランスを整える作用がある伝達物質。「幸せのホルモン」とも呼ばれていて、人間の精神面に大きな影響を与えるんですよ。

そんなセロトニンを増やすと、私たちにこんな効果をもたらしてくれるんです。

突発的な行動を抑える

ストレスを感じると突発的な行動をしてしまう場合があります。その行動の中には、先程ご紹介した過食も含まれます。

セロトニンには突発的な行動、例えば食べ過ぎ、ギャンブル、アルコールなどの依存を抑える効果があるんですね。

なので、ストレスを感じた時にセロトニンがしっかりと分泌されさえいれば、突発的な食欲が起こることもなくなるわけです。

ダイエット中にセロトニン不足になると、食欲が止まらなくなるようなストレス太りをするおそれがあるので、気をつけないといけませんね。

自律神経を整える

私たちは1日の生活の中で、無意識に自律神経である交感神経と副交感神経のオン・オフを切り替えています。

この交感神経と副交感神経のオン・オフを調整しているのがセロトニンです。

もし、セロトニンが不足して自律神経が乱れると、代謝、呼吸、血圧などが乱れ、太りやすくなるだけではなく健康にも害が及びます。

また、睡眠にも障害が出て良質な睡眠がとれなくなると、成長ホルモンが分泌されずに太りやすくなります。

太りにくくならないためにも、セロトニンをしっかり分泌させて自律神経を整えることが大切なんですね。

次の記事では、自律神経について詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

その習慣、太りますよ!自律神経を整える方法8つで痩せ習慣を作ろう

感情をコントロールし、心のバランスを保つ

セロトニンは突発的な感情の浮き沈みをコントロールして、心のバランスを保つ効果があります。

例えば、突然キレたり攻撃的な性格になるのを抑えてくれるんですね。

たまに感情をコントロールできず、すぐにキレてしまう方をお見かけすることがありますが、そのような方はセロトニンが不足していると考えられます。

突発的な感情の浮き沈みは、ダイエットを続けるための障害になりえますので、セロトニンの不足には気を付けたいものです。

スポンサーリンク

セロトニンを増やす方法

泡

セロトニン不足になると自律神経が乱れ、感情や心のバランスが保てなくなり、ストレスに弱くなることが分かりました。

そして、セロトニン不足はダイエットにも深刻な影響をもたらします。感情の乱れがダイエットをやめるキッカケを与え、ストレス太りを招く恐れがあります。

また、ストレス太りは何も過食だけが原因ではなく、自律神経の乱れからくる代謝の低下、睡眠の質の悪さなども関係していることが分かりました。

このように、ストレスに負けずダイエットを続けて成功をおさめるためには、セロトニンを増やすことが不可欠。

ということで、ここからセロトニンを増やす方法をご紹介します。

1.深呼吸をする

まず、はじめにセロトニンを増やす、いちばん手っ取り早い方法は深呼吸をすること。

深呼吸をして、たくさんの酸素を吸い込むことでセロトニンが作られるんです。

私たちの体は、ストレスを感じると呼吸が浅くなることが分かっています。呼吸が浅ければストレスを感じているのに、セロトニンが作られません。

ですから、ストレスを感じた時こそ深呼吸をしてセロトニンを増やしましょう。また、深呼吸をすると心が落ち着くのも良いですよね。

次の記事では、呼吸とダイエットの関係について紹介していますので、ぜひご覧ください。

痩せない理由はコレだ!浅い呼吸になる3つの原因

2.リズミカルな運動をする

リズミカルな運動をすることも、セロトニンを増やす効果があります。

例えば、スクワットを「イチ、ニ、イチ、ニ」とリズミカルにしたり、ウォーキングで大きく手を振りながら「イチ、ニ、イチ、ニ」と、歩くのもOK。とにかくリズミカルにできる運動をするんです。

また、運動に限らずリズムにのりながら歌を歌うのも良いようです。

こうした運動を毎日5分以上行うことでセロトニンを増やすことができ、長期間続けるとさらに効果が上がるようです。

とくに、ウォーキングはダイエット中でしている方も多いともいますので、脂肪燃焼しながらセロトニンを出せて一石二鳥ですよね。

3.良く噛んで食事をする

私たちは食事をする時は必ず噛んで食事をしますが、この噛む行動もセロトニンを増やす方法になるんです。

先程、リズミカルな運動するとセロトニンが増えるとご紹介しましたが、噛む行動もいわばリズミカルな運動なんですね。

ちなみに、深呼吸を一定に間隔をおいてリズミカルにするのも効果があるんですよ。

良く噛んで食事をすることはダイエットにおいても重要なこと。早食いをすると満腹中枢が満腹を感じる前に、たくさんの物を食べてしまうので過食してしまいます。

なので、良く噛んで食事をすることで、食事量を抑えつつセロトニンを増やせれば、ストレス太りをしにくい痩せやすい体を作ることができますよね。

4.朝起きたらすぐ太陽の光を浴びる

セロトニンには、相対する物質があります。その物質は「メラトニン」といいます。

セロトニンは脳を覚醒する効果があるのに対し、メラトニンは睡眠を促す効果があるんです。つまり、睡眠中はセロトニンの量が少なくなるということ。

私たちの体は、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ、活動モードに移っていきます。その過程でセロトニンも増えていくんですね。

逆に昼夜逆転の生活をしたり、1日中部屋にこもった生活をすると、太陽の光を浴びる機会が少なくなってしまいます。

すると、セロトニンが不足してストレスに弱くなったり太りやすくなったりしますので、できれば朝起きた時にすぐ、太陽の光を浴びるようにしましょう。

5.首をまわす

セロトニンは脳で作られていて、脳を刺激することでセロトニンの増やすことができます。

その脳を刺激する一番良い方法が「首まわし」です。ただ単に首をまわすことでセロトニンを増やすことができるなら、やらないわけにはいきませんよね。

次の動画で簡単な首まわしをご紹介していますので、早速、首をまわしてセロトニンを増やしましょう。

6.泣いたり号泣する

じつは泣いたり、さらには号泣したりすることでもセロトニンを増やすことができます。

ダイエットの中には「涙活ダイエット」というのがあって、思いっきり泣くことで自律神経の乱れを整えて、リフレッシュするダイエット法なんです。

自律神経の乱れが整えるということは、思いっきり泣いた時にセロトニンが増えたということ。ちなみに、タマネギの刺激を受けて泣くのは全く意味がなく、感情を高ぶらせて泣くことに意味があるんですよ。

なので、たまには感動できるような映画やドラマを見て号泣して、リフレッシュするのも良いかもしれません。

7.息抜きをして心を休める

何かにずっと打ち込んで頑張っていると、ストレスがたまってきてしまいます。もし、そのストレスが慢性化してしまうと、セロトニンの量が少なくなってしまうんですね。

なので、そんなストレスに打ち勝とうとして頑張るのではなく、自分の好きなことをするなどして息抜きをして、セロトニンを増やしてあげることも大切です。

また、仕事中でも定期的に休憩時間を設けて、深呼吸をするなどしてリラックスるのも良いですね。

8.セロトニンが増える食材を食べる

セロトニンは、ある栄養を摂ることで増やすことができます。

その栄養とは、必須アミノ酸である「トリプトファン」と「ビタミンB6」なんですね。

この2つ栄養を含んだ以下の食材を意識して食べることで、セロトニンを増やすことができますよ。

<トリプトファンとビタミンB6を含む食材>

・赤身の魚(マグロ、カツオなど)
・乳製品(牛乳、チーズなど)
・大豆製品(豆腐、豆乳、納豆など)
・しょうが
・にんにく
・とうがらし

今挙げた食材を朝食に食べると、セロトニンが増えやすいとか。

また、ホットミルクを寝る前に飲むことでリラックスでき、安眠効果を得られてダイエットに良いといわれていますのでオススメですよ。

スポンサーリンク

ダイエット中のストレス解消に役立つ関連記事

次の記事では、ダイエット中のストレス解消に役立つ方法を紹介しています。ぜひダイエット中にたまりやすいストレスを解消して、ダイエットを続けていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今までダイエットに挑んできた方で、ストレスによってストレス太りしてしまったり、ダイエットをやめてしまった方は少なくありません。だから、ダイエットにとってストレスは天敵です。

でも残念ですが、ストレスは消えることはありませんので、ストレスとうまく付き合っていかなくてはありません。

そのために必要なのがセロトニン。セロトニンを増やすことができればストレスに強くなって、ストレス太りもダイエットをやめることにも、心配する必要がなくなってきます。

今回、セロトニンを増やす方法として8つご紹介しました。すぐに、すべて行う必要はありませんので、まずはできることから始めてセロトニンを増やしていきましょう。

そうすれば、ダイエットの成功がぐっと近くに寄ってきますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

セロトニンを増やす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • その習慣、太りますよ!自律神経を整える方法8つで痩せ習慣を作ろう

  • 見えないから恐ろしい…サルコペニア肥満になる原因5つと対策

  • 必見!ダイエット中の停滞期を脱出するチートデイのコツ6つ

  • ダイエットで体重が減ったのになぜ?下半身が痩せない8つの習慣

  • 【永久保存版】ダイエットを必ず成功させる5つの方法

  • 食べ過ぎ対策!ダイエット中に小腹がすいたときの7つのごまかし方