1. TOP
  2. ストレッチポールの効果とダイエットにおすすめの使い方5選

ストレッチポールの効果とダイエットにおすすめの使い方5選

ストレッチポールの効果と使い方

ダイエットに効くグッズって、いろいろありますよね。例えば、「バランスボール」「腹筋ローラー」「縄跳びやエクササイズDVD」などなど、本当に様々です。

なので「ダイエットしよう!」と思ってスポーツショップに行って、いざダイエットグズを買おうとすると、どのダイエットグッズを買おうか迷った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

そんな数あるダイエットグッズの中に、ストレッチポールがあります。(ストレッチポールは株式会社LPNの登録商標です。)

ストレッチポールを使ってエクササイズをすると、ダイエットや美容効果だけじゃなく、健康に良いということで、人気のグッズなんですよ。

ということで今回は、ストレッチポールの効果とダイエットにおすすめの使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ストレッチポールとは?

疑問

まずは、ストレッチポールについて簡単にご紹介しましょう。

もともとは健康器具

ストレッチポールは、アメリカで使用されていたフォームローラーを元に、株式会社LPNが開発した健康器具。

そのストレッチポールの上に寝てエクササイズをすることで、普通のエクササイズでは得られない効果を得られるため、ダイエットや美容、健康に良いといわれています。

ストレッチポールの上に寝ると体が不安定になるため、その状態でエクササイズすると効果がアップするんですよ。

ちなみに記事の冒頭の写真のストレッチポールは、私が使用しているストレッチポールで、長さは90cmで直径が15cmの円柱になっています(Amazonで1700円で購入)。

ダイエットにも生かすことができる

また最近では、ストレッチポールの上に寝るエクササイズだけじゃなく、ストレッチポールの形状を生かしたエクササイズも考案されています。

そのためストレッチポール1本でいろんなエクササイズができ、ダイエットに役立てることができるんです。

ヨガポールなど様々な呼び名も

先述したように、ストレッチポールは株式会社LPNが開発した健康器具で、他にもたくさんのメーカーが同じような商品を開発しています。

なのでストレッチポールだけじゃなく、

  • ヨガポール
  • バランスポール
  • ピラティスポール
  • フィットネスポール
  • ストレッチングクッション

といった呼び名の商品もあるんですよ。

もし、あなたがストレッチポールを購入する時、いまご紹介した商品があったら、同じストレッチポールと思って構いません。

ストレッチポールの効果

ウエスト測る

では、ストレッチポールで私たちはどんな効果を得ることができるんでしょうか?その効果について、1つずつ見ていきましょう。

インナーマッスルを鍛えて代謝を上げる

先ほどもご紹介したように、ストレッチポールは円柱の形をしているので、その上に寝ると体が不安定になります。

私たち人間は、体が不安定になるとバランスをとろうとしますが、その時、普段使わない筋肉を使うようになります。

その筋肉とは「インナーマッスル」。体の奥深くにある筋肉で深層筋とも呼ばれていますが、インナーマッスルは体の骨格を維持する働きを持つ筋肉です。

ダイエットで、インナーマッスルを鍛えることはとても効果的。なぜなら筋肉を鍛えると代謝が上がるとよくいわれていますが、腹筋や背筋のようなアウターマッスルを鍛えるよりも、インナーマッスルを鍛えたほうが代謝が上がりやすいとされているからなんです。

でも、インナーマッスルは毎日普通に生活していると使う機会は少なく、歳を重ねるにつれて衰えやすいんです。

そこでストレッチポールを使ってエクササイズをすれば、インナーマッスルを鍛えられて代謝が上がるので、体に脂肪がたまりにくくなってダイエット効果も上がるんですよ。

骨盤の歪みを整え健康的な体になる

トレーニングさて、先ほど「インナーマッスルは体の骨格を維持する働きがある」とご紹介しましたが、インナーマッスルが衰えると骨格を維持できなくなるため、骨盤が歪んでしまいます。

骨盤が歪むと、いろんなデメリットがあります。

例えば、体内を流れる血液の流れが悪くなり、体の機能が衰えて代謝が落ちて太りやすくなります

また骨盤の歪みは内臓の歪みまで招くので、内臓の働きを悪くして病気になってしまう恐れもあり、内臓の位置が下がってぽっこりお腹になる恐れもあるんです。

そこでストレッチポールでインナーマッスルを鍛えれば、骨盤の歪みを整えられて代謝が上がり、痩せやすく健康的にな体を手に入れられるんですね。

肩コリや腰痛を解消できる

肩コリや腰痛になると、その痛みから毎日の生活もつらくなってきますよね。そんな肩コリや腰痛の原因の1つにも骨盤の歪みが考えられます。

先ほどもご紹介したように体の歪みは血液の流れを悪くし、骨盤が歪むと全身も歪んでしまうため、肩のまわりの血液の流れが悪くなると筋肉が硬くなって肩コリになります

もちろん、骨盤の歪みは腰に余分な負荷がかかるため、腰痛を引き起こしてしまいます。

そんな肩コリや腰痛も、ストレッチポールなら骨盤の歪みを整えて解消することができます。

ですのでダイエットや健康のためだけじゃなく、肩コリや腰痛に悩んでいる方も、ストレッチポールを使ったエクササイズをすることをおすすめします。

姿勢が良くなって姿美人になれる

うれしいイメージ体が歪んで猫背になったり、腰や膝が曲がったりすると、立ち姿が年齢以上に年をとって見えてしまいます。

そのため少しでも立ち姿をキレイにしようと、背筋を伸ばしてみるのですが…。すでに体が歪んでいるとその姿勢を保つのって結構難しく、結局猫背に戻ったりするんですよね。

そこで姿勢を良くして姿美人になるには、ストレッチポールが効果的。

ストレッチポールは骨盤を整えるだけじゃなく、上に寝るだけで丸まった猫背と曲がった腰をまっすぐ伸ばせます

そしてインナーマッスルを鍛えれば、まっすぐになった背中と腰を長く維持できるようになるので、いつ誰が見ても姿勢がキレイな姿美人になれるんですよ。

スポンサーリンク

ダイエットにいいストレッチポールの使い方

ここまでストレッチポールの効果についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?どれも素晴らしい効果ですよね。

そんな素晴らしい効果を得られる、ダイエットにいいストレッチポールの使い方をご紹介しますので、ぜひ気にいった使い方があったらチャレンジしてみてくださいね。

1.基本的なストレッチポールの使い方


まずはじめにご紹介する使い方は、基本的なストレッチポールの使い方についてです。

この動画の使い方で、ストレッチポールを使ったエクササイズと基本姿勢を学び、効果的にダイエットしていきましょう。

手順を簡単にご紹介すると

  1. ストレッチポールの端にお尻をのせる
  2. 膝を曲げたままゆっくり体を倒し、ストレッチポールの上に寝る
  3. 両手を床に付けたまま、左右に軽く広げる
  4. 足を腰幅に広げ、小さなクッションかボールを膝で挟む
    ※体が安定しない場合は、足をもっと広げて体を安定させましょう
  5. 体を左右に細かく10秒ゆらす
  6. 腰だけを左右に細かく10秒ゆらす
  7. 両手を床に付けたまま肩の位置まで上げ、10秒間ゆっくり呼吸をする
  8. 手のひらを床にあて、手のひらで小さく円を10回描き、反対回りでも10回描く
  9. 手のひらを上にして床に付けたまま、上下にゆっくり5回動かす
  10. 両手を天井に向けてまっすぐ伸ばす
  11. 肘を曲げずに、肩だけを背中方向へ引いては元に戻すというのを10回繰り返す

以上となります。

じつは、動画で紹介されている手順はまだ先があり、書ききれませんでした。ですので、ぜひ動画をご覧いただき、ストレッチポールの使い方を学んでいただけたら思います。

2.ストレッチポールで骨盤矯正する使い方


代謝が落ちて太りやすくなったり、ぽっこりお腹の原因などにもなる骨盤の歪み。この動画では、そんな骨盤の歪み整える簡単なストレッチポールの使い方が紹介されています。

手順を簡単にご紹介すると

  1. 膝を立てて、ストレッチポールの上に寝る
  2. 両手を床に付けてる
  3. 片足の膝を持ち上げて10秒キープする
  4. 反対側も同じように持ち上げて10秒キープする
  5. 手順3~4をもう一度行う

以上となります。

実際にこの使い方でストレッチポールを使ってみると分かるのですが、膝を上げた時に体が不安定なります。

もし床に置いた手で体を安定させようとすると、インナーマッスルを使わなくなって効果が落ちてしまうので、手は補助的に使うようにしてバランスをとりましょう

3.お腹を引き締めるインナーマッスルトレ


「とにかくお腹を引き締めたい!」という方は、こちらの動画で紹介されている使い方でストレッチポールを使ってみましょう。

ストレッチポールの上で簡単な腹筋運動をするだけで、お腹まわりのインナーマッスルを鍛えられるため、お腹を引き締めることができるんですよ。

手順を簡単にご紹介すると

  1. 膝を立てて、ストレッチポールの上に寝る
  2. 頭の後ろで両手を組む
  3. 息を吐きながらゆっくり上半身を起こし、3秒間キープする
    ※肩甲骨まわりがストレッチポールから離れるイメージで
  4. 息を吐きながゆっくりと元の状態に戻す
  5. 手順3~4を10回行う

以上となります。

普通の腹筋運動のように上半身を完全に起こすようなことはせず、少しだけ上半身を起こすだけの簡単な内容になっています。

ただし動画の中でも紹介されていますが、体を起こすといっても、頭だけ動かすのでは意味がありません。

おへそとみぞおちの距離を縮めるようなイメージで体を起こせば、お腹の引き締めの効果が高まりますよ。

4.ストレッチポールでお腹を引き締める呼吸法


先ほどご紹介したインナーマッスルトレがキツイという方は、こちらの動画で紹介されているストレッチポールの使い方がおすすめです。

私たちがする呼吸法には、「胸式呼吸」と「腹式呼吸」の2種類があります。

このうち、腹式呼吸をするとお腹まわりのインナーマッスルが鍛えられるため、ストレッチポールの上で腹式呼吸をすると、引き締め効果がさらに上がるんですよ。

手順を簡単にご紹介すると

  1. 膝を立てて、ストレッチポールの上に寝る
  2. 息をゆっくり吸いながら、お腹を大きく膨らませる
  3. 息をゆっくり吐きながら、お腹を限界までしぼませる
  4. 手順2~3の腹式呼吸を30秒間繰り返す

以上となります。

ストレッチポールを使わなくても、その場で手順でご紹介したような腹式呼吸をすると、お腹に圧力がかかるのでお腹を引き締められます。

ですので、腹式呼吸をする習慣を身に付ければ、いつでもお腹の引き締め効果が得られるんですよ。

5.肩・背中・骨盤をストレッチする使い方


ここでご紹介するのは、ここまでご紹介してきた使い方とは少し変わった使い方で、ストレッチポールの上に寝ることはありません。

背中にストレッチポールを担いで、肩や背中、骨盤をストレッチしていく使い方なんですよ。

手順を簡単にご紹介すると

  1. ストレッチポールを背中で担ぎ、両腕で固定する
  2. 肩と前に出したり引いたりを10回繰り返す
  3. 骨盤を前に出したり引いたりを10回繰り返す
  4. 上半身を左右に10回ずつひねる
  5. 上半身を左右に10回ずつ倒す
  6. ストレッチポールの端を左右の手でそれぞれ持ち、頭の上に持ち上げる
  7. ストレッチポールを頭の後ろに持っていき、また元の位置に戻してを10回繰り返す
  8. ストレッチポールを体の前に持ってくる
  9. ストレッチポールを少し持ち上げては下ろしてを10回繰り返す

以上となります。

このような感じでストレッチポールを使うことで、肩や腰の稼働域が大きくなるので、肩コリや腰痛を解消することができます。

もし、あなたが肩コリや腰痛に悩んでいるのなら、ぜひこちらの使い方にもチャレンジしてみてくださいね。

ストレッチポールの注意点

注意

ストレッチポールを使う上での注意点についてご紹介します。

すでにご紹介したように、ストレッチポールの上に寝ると体が不安定になるため、無理をするとケガをする恐れがあります。

ですので、次の点に注意して、ストレッチポールを使いましょう。

  • エクササイズをする時は、まわりに物がないか注意する
  • 体のふらつきが止まらない場合は、人にサポートしてもらう
  • 初心者は簡単なエクササイズから始める
  • 痛みを感じる場合は、エクササイズをしない
  • エクササイズ前にお酒を飲まない
  • 骨粗しょう症の方は、骨折の恐れがあるのでエクササイズしない

以上となります。

早く効果を出したいがために、無理したくなる気持ちは分かりますが、続けてこそ意味があるエクササイズですので、しっかりと注意点を守ってくださいね。

ストレッチポールの選び方

選択

最後に、ストレッチポールの選び方をご紹介しましょう。

先述したように、ストレッチポールには様々な呼び名があり、たくさんの種類があります。ロングサイズのものからハーフサイズのもの、さらには半分に割れたものなどたくさんです。

そこで、今回ご紹介した使い方にピッタリのストレッチポールは、ロングタイプの一般的なものを選んでください。

ハーフサイズだと長さが足らずに、ご紹介した使い方でエクササイズできません。

またメーカーはどこでも構いません。ヨガポールやフィットネスポール、バラスポールなど、どれでもOKです。

もし、メーカーで悩まれるようでしたら、正規品のLPN社製がおすすめ。ポールに「StretchPole®」と記載されているので、すぐに分かりますよ。ただ値段が約9000円と、他のものより高くなっています。

スポンサーリンク

ダイエットに役立つグッズの関連記事

次の記事では、ストレッチポール以外のダイエットグッズを紹介しています。もし余裕がありましたら、ストレッチポールと一緒に使って、エクササイズをしてみてください。



まとめ

いかがだったでしょうか?

今回ご紹介したストレッチポールは、数あるダイエットグッズの中で、インナーマッスルや骨盤を整える効果がとても高いグッズです。

ですので自分のスタイルに自信がなかったり、肩コリや腰痛など体に不調を感じるなどの悩みがある方は、ストレッチポールを使ったエクササイズをすれば、その悩みを解消できます。

すでにご紹介したように、ストレッチポールは私が購入したものでも1700円と、そんなに値段の高いものではありません。

もし、今あなたがストレッチポールに興味をお持ちでしたら、ぜひ購入してダイエットしてみてはいかがでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ストレッチポールの効果と使い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 下腹ダイエットできる!ぽっこりお腹を解消するストレッチ6選

  • 寝ながらストレッチ!太ももダイエットに効く簡単な方法5選

  • 短期間で退治!腰回りの肉を落とすダイエットエクササイズ8選

  • バレリーナ気分で美しく痩せる!バレエダイエット8つの方法

  • ジョギングとの違いは?ランニングのダイエット効果と痩せるコツ

  • 簡単スクワットダイエット5選!効果的に脂肪を燃やすやり方