1. TOP
  2. その方法で大丈夫?意外と知らない正しいむくみ解消法7つ

その方法で大丈夫?意外と知らない正しいむくみ解消法7つ

 2016/07/27 むくみ解消   4,115 Views
意外と知らない正しいむくみ解消法

ダイエットをして体重が落ちても、体のサイズが変わらない…。こんな悩みを持っていませんか?

そのサイズが変わらない原因は、体の「むくみ」にあります。

体がむくむと体のラインが崩れて、体のラインが出るような服を着たくなくなっちゃいますし、体がだるく感じてしまうことがあります。

そんなむくみの解消法はたくさんあります。でも正しい解消法もあれば、間違った方法もあるんですよ。

とういうことで今回は、むくみを解消するための正しい方法をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ体がむくむのか?

疑問

そもそも、なぜ私たちの体はむくんでしまうのでしょうか。

じつは、私たちの体がむくむパターンとして、2つのパータンがあるんです。

そのパターンとは

  1. 肝臓などの内臓に問題がある場合
  2. ただ単に体の代謝が悪い場合

どちらも、血の流れやリンパの流れが悪くなって、体の老廃物や毒素、水分が排出されずにたまり続けることで、むくみが発生するんです。

内臓に問題がある場合は、病気などの原因が考えられるので、病気が治るまでむくみが解消されません。そのため、むくみの解消に長い時間が必要とされることがあります。

代謝が悪い場合は、乱れた生活習慣や食生活、運動不足などが元で代謝が悪くなってむくんでいるだけです。こちらは、むくみを解消するまで長い時間を必要としません。

ちなみに体がむくんでいる方の多くは、代謝が悪い場合が多いんですよ。

体がむくむ主な原因

太る

では、体がむくむ主な原因を詳しく見ていきましょう。もしからしたら、あなたの体がむくんでいる原因がハッキリ分かるかもしれませんよ。

長時間、同じ姿勢をキープしている

長時間ずっと座りっぱなしだったり立ちっぱなしの状態でいると、足の筋肉を動かさなくなります。

じつは、足の筋肉を使わないことが、体がむくみやすくする原因となります。

なぜなら足の筋肉は、上半身から下半身へ流れてきた血液とリンパは、上半身へも戻す働きがあるから。

血液とリンパには老廃物を回収する役目もあるので、足の筋肉を動かさなくなると、体に老廃物がたまりやすくなってしまいます。

この老廃物がたまった部分は、むくんでしまうんですよ。

運動不足による代謝の低下

タバタ式トレーニング歳を重ねると運動不足になりがちですが、これも体をむくませる原因となります。

運動不足になると、体内の血液とリンパの流れが悪くなります。さらには筋肉量の低下にもつながるため、代謝が低下してしまいます。

その結果、体に老廃物がたまりやすくなるので、体がむくんでしまうんですよ。

ダイエットのために運動をしている方なら良いのですが、食事制限だけに頼ると、体がむくむ可能性も出てくるので気をつけないといけません。

塩分の摂り過ぎ

食事で塩分を摂り過ぎると、体がむくみやすくなるといわれていますよね。

塩分を摂り過ぎは、血液中の塩分濃度が高くします。すると、私たちの体はまず水分の排出を抑えて、血液の塩分濃度を薄めようと血管のまわりに水分を集めようとするんです。

その結果、行き場を失った水分が血管まわりにあふれ、しかも余分な水分が体内に残りやすくなります

これが原因となって細胞が膨らんでしまい、むくみが起きてしまうんですよ。

糖分の摂りすぎ

ご紹介したように、塩分の摂り過ぎはむくみの原因となります。じつは糖分の摂りすぎも、むくみに関係しているんですよ。

というのも、糖分は水分を体に蓄えておく性質があるので、摂り過ぎると水分の代謝が悪くなって、体に余分な水分がたまりやすくなります。

あとは塩分の摂り過ぎと同じように、余分な水分のせいで細胞が膨らむため、体がむくんでしまうんですね。

アルコールの飲みすぎ

お酒の飲み方アルコールの飲み過ぎは、いろいろ体に悪影響を及ぼしますが、むくみの原因になるので気をつけないといけません。

私たちはアルコールを飲み過ぎると、体内の血液中のアルコール濃度が非常に高くなります。すると体は、アルコールを薄めようと水分を欲してしまうんです。

酔いがまだ浅い状態の時はいいのですが、酔いが増してくると水分調整がうまくできなくなって、体に水分がたまるようになります

これが、アルコールの飲み過ぎによって起こるむくみが起こる理由なんですよ。

水分の摂り過ぎ

夏になると、暑さからついつい水分を多く摂ってしまいますよね。この水分の摂り過ぎも、体をむくませる原因になります。

水分を摂り過ぎると体内の水分量が急激に増えるわけですが、この急激に増えた水分を排出するスピードが追いつかなくなるんです。

つまり水分が排出されるよりも入って来る量が多いので、余分な水分が体にたまりやすくなります。結果、体がむくんでしまうんですね。

むくみやすい体の部位

足首痩せストレッチ&エクササイズ

自分では「体がむくんでいない」と思っていても、知らず知らずのうちに体がむくんでいることがあります。

先ほどもご紹介したように、体のむくみは代謝の低下や病気になっているかもしれないサインになります。

そこで、むくみやすい体の部位をご紹介しますので、あなたの体がむくんでいないかチェックしてみてください。

その体の部位とは

  • 腹部
  • 背中

の5つです。

この5つの部位の変化を毎日チェックすることで、体がむくんでいないかどうか確認できます。

ちなみに体のむくみには、全身がむくむこともあります。この場合、心臓や腎臓に障害がある恐れがあるので、医療機関に受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

正しいむくみ解消法

解決

では、体がむくんでしまった時の「正しいむくみ解消法」についてご紹介します。

むくみの予防にも役立つ方法ですので、ぜひ気に入った解消法があったらチャレンジしてみてください。

1.カリウムが豊富な食品を食べる

体のむくみは、余分な塩分の摂取が原因で、水分代謝が悪くなって起こります。

そんな塩分の摂り過ぎによるむくみの解消に役立つのが「カリウム」です。

なぜならカリウムは、体にたまった余分な塩分を、体の外へ排出する働きがあるから。しかも利尿作用もあるので、余分な水分も排出できるんですよ。

むくみの解消に役立つ「カリウムが豊富な食品」は、以下のものがあります。

  • パセリ
  • アボカド
  • ひきわり納豆
  • ほうれん草[生]
  • 大豆[ゆで]
  • 里芋

ぜひ、これらの食品を食べて、むくみの解消に役立てていただけたらと思います。

2.カフェインを含む飲み物を飲む

むくみを解消するためには、水分の摂り過ぎを気をつけたいところですが、じつはむくみの解消に良い飲み物があります。

それはカフェインを含む飲み物です。

カフェインには利尿採用があるため、むくみの原因となる体内の余分な水分を排出させる効果があるんですよ。

カフェインを含む飲み物には、以下のものがあります。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶

体のむくみが気になる方は、ぜひこれらの飲み物を飲んで、むくみを解消してみてはいかがでしょうか?

なおカフェインの摂り過ぎは、体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

ですので1日にカップ2~3杯にとどめるようにしてください。

3.むくみを解消するストレッチ

足ストレッチ運動不足などで体の筋肉が固まっていると、代謝が落ちて体がむくみやすくなります。

そのためむくみを解消するには、運動をすることがが大切なのですが、運動の苦手な方だと抵抗があるともいます

そこでオススメなのが「ストレッチ」です。ストレッチをすることで、筋肉が軟らかくなって代謝が上がるので、むくみの解消法として効果的。

とくに下半身をストレッチすると、むくみが解消されやすいんですよ。

次の記事では、運動が嫌いな方や苦手な方にでも簡単にできる、下半身のストレッチのやり方を紹介しています。

寝る前の5分だけ!足のむくみをとり美脚をつくるストレッチ7選

寝る前に5分するだけでも効果がありますので、ぜひ参考にしていただいてむくみを解消しましょう!

4.簡単な屈伸運動をする

運動が苦手な方でも、誰でもできる簡単な運動でむくみを解消できる方法があります。それは「屈伸運動」です。

屈伸運動といえば、立った状態で膝を曲げたり伸ばしたりする運動ですよね。

この運動をすれば、下半身の筋肉を積極的に動かすことができるので、血液とリンパの流れが良くなってむくみの解消につながるんです。

とくに「ふくらはぎ」は、「第2の心臓」とも呼ばれていて、下半身の血液とリンパを上半身に戻すために必要なものです。

そこで屈伸運動なら、ふくらはぎをしっかりと動かすことができるので、むくみの解消に期待が持てます。

ちなみにデスクワークが多い方なら、1時間おきに10回ほどの屈伸運動するだけでも、むくみの解消や予防に効果がありますよ。

5.お風呂にしっかりと入る

お風呂毎日忙しかったり、夏のような暑い季節になると、お風呂に入らずシャワーで済ます方もいらっしゃると思います。

しかしこれは、むくみを解消するチャンスを逃していることになるんです。

というのもお風呂に入ると体が温まるため、血液やリンパの流れを良くなるから。つまりお風呂に入るだけで、むくみの原因となる老廃物を回収できます

なので毎日お風呂に入る習慣を身に付ければ、むくみの解消や予防に役立ちます。

お風呂でむくみを解消するには、お風呂の温度を38~40℃にして、10~15分ほどお湯に浸かると良いですよ。

長くお風呂に入れない方は、5分ごとに湯船から出て1~2分休憩しましょう。

6.むくんだ部位をマッサージする

むくみの解消法として、むくんだ部位をマッサージするのも効果的です。

むくんだ部位には老廃物がたまっていて、そのまわりの血液とリンパの流れが悪くなってします。

その部位をマッサージすることで、血液とリンパを強制的に流すことができるため、老廃物も回収されてむくみを解消できるんです。

マッサージのやり方はとても簡単。むくんだ部位を手を使って揉んだり、さすったりするだけでOKです。

ちなみにマッサージは、お風呂に入った後に行うと効果的ですよ。

次の記事では、むくみやすい体の部位のむくみ解消に役立つマッサージを紹介していますので、ぜひご覧ください。

徹底的に痩せる!リンパマッサージの効果&正しいやり方14種

7.ツボ押しでむくみ解消!

東洋医学の治療法の1つである「ツボ押し」。病気の治療や健康の維持などに効果があると有名ですよね。

そんなツボ押しの中に、むくみの解消に効果があるものがあります。そのツボとは「三陰交(さんいんこう)」といいます。

三陰交

(出典:あした生活)

上記の画像にあるように、三陰交の場所は、内くるぶしの中央から指4本分上にあります。

この三陰交に、人差し指・中指・薬指の3本を軽く押し当てて、円を5~10回描くように刺激します。これを左右、同じように行いましょう。

こちらのツボ押しも、お風呂に入った後に行うと効果的ですので、お風呂でしっかり体を温めてから行うと良いですよ。

 

スポンサーリンク

むくみの解消に役立つ関連記事

次の記事では、むくみの解消に役立つ方法を紹介しています。むくみに悩んでいる方は、こちらも参考にしてむくみを解消してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

むくみは正しい解消法をすることで、ほとんどが解消することができます。

そのためにも、「なぜ、自分はむくんでいるのか?」について、一度考えてみましょう。

原因さえ分かれば、食事を見直さなければいけないのか、運動をしなきゃいけないのかが分かってきます。

これがむくみ解消への近道ですよ。

もし、むくみの原因が分からなければ、必ず病院にいってお医者さんに相談しましょう。何か疾患が見つかるかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

意外と知らない正しいむくみ解消法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 超簡単!足のむくみを解消できる3つのリンパマッサージ

  • もう朝起きても大丈夫!顔のむくみを解消する10個の方法

  • 寝る前の5分だけ!足のむくみをとり美脚をつくるストレッチ7選

  • 不足がむくみを招く?カリウムの多い食品10個でむくみ解消!

  • これで足のむくみもスッキリ解消!簡単に足が細くなるツボ7選