1. TOP
  2. 運動
  3. 小尻ならおまかせ!簡単にできるお尻を小さくする方法6選

小尻ならおまかせ!簡単にできるお尻を小さくする方法6選

 2017/12/02 運動   147,681 Views
buttocks-small

スバリ!小尻って憧れませんか?

ジーンズをはいている人のお尻が、小さくてキュッと締まっていると、スタイルが良く見えて羨まし本当にくなりますよね。

でも、小尻に憧れるのも今だけ!

じつは、あなたもお尻を小さくすることができるんです。しかも、その方法はとても簡単で、誰でもチャレンジできてオススメなんですよ。

ということで今回は、あなたも小尻を手に入れられる「簡単にできるお尻を小さくする方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

お尻が垂れて大きくなる原因

垂れたお尻

自分の姿を鏡で見た時、垂れて大きくなっている自分のお尻に、ガッカリしたことがある方も多いと思います。

もしかしたら、大きなお尻が悩みの方もいらっしゃるかも知れませんね。

でも、なぜお尻が大きくなってしまうんでしょうか…?そのお尻が大きくなる原因について見てきましょう。

そうすることで、お尻を小さくする方法が分かってきますよ。

原因①:加齢による筋力の低下

加齢

お尻が垂れて多くなっている多くの方が、「若かった頃は、お尻がキュッとしてたのに…」と思ったことあると思います。

なぜ若かった頃と違って、歳をとった今、お尻が垂れて大きくなってしまっているのか。ズバリ!その原因は、加齢による筋力の低下です。

私たちの体には、24時間365日、ずっと重力がかかっています。

若い時は筋力があるので、お尻の筋肉は重力に負けずに垂れることなく、キュッと引き締まった状態をキープできます。

でも、加齢にってお尻の筋力が低下すると、重力に負けてお尻の筋肉が垂れてしまいます

さらには、弱った筋肉のまわりには脂肪が付きやすくなるので、お尻の垂れが加速して大きくなってしまうんですね。

なので、「歳をとったらお尻が垂れて大きくなった…」という方がお尻を小さくするには、重力に負けないお尻の筋力をアップさせることが大切なんですよ。

原因②:ヒールの高い靴を長時間履いている

ヒール

さて、お尻が垂れて大きくなる原因は、加齢による筋力の低下だけじゃありません。

じつは、ヒールの高い靴を長時間履いていると、お尻の筋力が低下します。そのため、若い女性でもお尻が垂れて大きくなる恐れがあるんです。

ヒールの高い靴を長時間履いていると、お尻の筋力が低下する理由。

それは、ヒールの高い靴を履くと歩くたびに両膝が内側に入るようになるため、正しい歩き方ができなくなり、お尻の筋肉が使われなくなってしまうからなんです。

お尻を小さくするには、ヒールの高い靴を履くのをやめた方が良いのですが、ファッションのためにはヒールの高い靴を履くこともありますよね?

そこで高いヒールを履いても、お尻の筋肉を使うような正しい歩き方を覚えることも、お尻を小さくする効果につながるんですよ。

原因③:骨盤が歪んでいる

骨盤

普段から悪い姿勢で生活を送っていると、体に悪影響を及ぼします。

なぜなら、悪い姿勢をとることで体が歪むから。じつは、私たちの体のある部分が歪むと、お尻が大きくなってしまうんです。

そのお尻が大きくなる体の歪みとは「骨盤の歪み」です。

正常な骨盤は骨盤が閉じているので、お尻の幅が狭まって小さなお尻をキープできます。でも、骨盤が歪んで開いてしまうと、お尻の幅が広がって大きなお尻なってしまいます

もし、あなたがお尻を小さくするためにお尻の筋肉を鍛えているのに、まったく効果がないというのなら、もしかしたら骨盤が歪んでいる可能性があります。

そんな方は、お尻の筋肉を鍛えるよりも歪んだ骨盤を整えたほうが良いんですね。

スポンサーリンク

お尻を小さくする方法6つ

お尻

先ほど、お尻が垂れて大きくなる原因から、お尻を小さくするには

  • お尻の筋力をアップ
  • ハイヒールで正しく歩く
  • 骨盤の歪みを整える

の3つが大切だということ分かりました。

そこで小尻を手に入れるための、誰でも簡単にできる「お尻を小さくする方法」をご紹介しますので、ぜひチャレンジしてみてください。

1.お尻の外側と中央を鍛えるスクワット


お尻を小さくするには、お尻の筋肉を鍛えるのが一番。そんなお尻の筋肉を鍛える方法としてポピュラーなのが「スクワット」です。

この動画で紹介するお尻を小さくする方法は、少し変わったスクワットでお尻を小さくするんですよ。

手順は次のとおりです。

手順
  1. 足を肩幅の1.5倍に開いて立つ
  2. つま先を45度外へ開く
  3. 胸の位置で腕を組む
  4. 背筋をまっすぐ伸ばしたまま、膝を少し曲げて腰を落とす
  5. お尻に負荷を感じながら、体を上下に小さく揺らす

このスクワットのお尻を小さくする効果を上げるコツは、

  • しっかりとつま先を開く
  • 背筋をまっすぐに伸ばす
  • お尻に負荷を感じる

の3つです。

また上半身を前に倒してしまうと、お尻じゃなく足だけに負荷がかかってしまうので、小尻効果が減少してしまいます。

動画でもやり方について詳しく紹介されていますのが、スクワットをする際はお尻の負荷をしっかりと感じましょう。

お尻の負荷を感じられれば、お尻の筋肉が使われている証拠です!

2.お尻の筋肉を直接使う1分間トレ


スクワットは、お尻を含めた足全体の筋肉を使う方法です。

そこでこちらの動画では、お尻の筋肉だけを直接使う「お尻を小さくする方法」が紹介されています。しかも、時間にして1分間しかかからないので、毎日忙しい方でもできますよ。

手順は次のとおりです。

手順
  1. 床に肘をつけて四つん這いになる
  2. 両膝を握りこぶし1個分離す
  3. 両手を組む
  4. 片足を後方へ伸ばして、足の裏を天井に向ける
  5. 伸ばした足を5~10回、ゆっくり上げては下ろしてを繰り返す
  6. そしてつま先を外側へ向けて、また5~10回上げ下げをする
  7. 反対側の足も手順5~6を行う

意外に思われるかもしれませんが、つま先を外側に向ける時とそうでない時では、使うお尻の筋肉が変わります

ですので手順どおりにお尻の筋肉を使えば、必ずお尻が小さくなるので、ぜひ頑張ってチャレンジしてみましょう。

3.小尻を作る寝ながらストレッチ


こちらの動画は、お尻の筋肉をストレッチしてお尻を小さくする方法です。

こり固まっているお尻の筋肉を、ストレッチして柔らかくほぐすことで、お尻の筋肉が引き締まって小さくなるんですよ。

手順は次のとおりです。

手順
  1. 床に仰向けになる
  2. 片膝を曲げて逆の足側へ倒す
  3. 曲げた膝とは反対側の手で、曲げた膝に手を置く
  4. 置いた手で膝を床方向へ押し、両肩を床に付けた状態を10秒キープする
  5. これを左右5回ずつ行う

ここまでご紹介してきた「お尻の筋肉を鍛える方法」が辛いという方は、こちらのストレッチがオススメ。寝た状態でお尻の筋肉をストレッチするだけなので、誰でも簡単にできます。

ちなみにストレッチをするなら、お風呂上がりにする個のが効果的です。

お風呂上がりは体が温まって筋肉がほぐれやすい状態なので、ストレッチの効果が何倍にもアップします。

お風呂上がりでも、時間が経つと体温が低くなって筋肉が再び固まるので、なるべく早くストレッチしましょう。

4.ヒールの高い靴での正しい歩き方


先述したようにヒールの高い靴を長時間履いていると、お尻の筋肉を使わなくなるため、お尻の筋力が低下して垂れて大きなる恐れがあります。

でも、ヒールの高い靴は女性にとって重要なファッションアイテム。履かないわけにはいきませんよね。

この動画ではお尻を小さくする方法として、ヒールの高い靴での正しい歩き方が紹介されています。手順の書き起こしがとても難しいので、ぜひ動画をご覧ください。

正しく歩くポイントとして、次の2点が大切になります。

ハイヒールで正しく歩くポイント
  • 前に踏み出した足が地面に着いたら、必ず膝を伸ばす
  • 上半身を軽く反って胸を張る

ヒールの高い靴を履いて歩くと、ずっと膝を曲げたままチョコチョコと小刻みに歩いたり、目線が下を向いて猫背で歩いてしまうため、膝が内向きになってお尻の筋肉を使わなくなります

さらにはお尻だけじゃなく、膝上の筋肉を使うようになるため、膝上に余分な筋肉が付いてしまう恐れもあるんですよ。

ヒールの高い靴で正しく歩くためには、上記の2つのポイントを抑えつつ、動画を参考にして正しく歩きましょう!

5.骨盤矯正で骨盤を整える


この動画で紹介されているお尻を小さくする方法は「骨盤矯正で骨盤を整える方法」です。

先述したように骨盤が歪んで開いてしまうと、お尻の幅が広がってお尻が大きくなるため、動画の骨盤矯正で骨盤を整え、大きなお尻を小さくしていきましょう。

手順は次のとおりです。

手順
  1. 足を肩幅に開いて立つ
  2. 両手を腰に置く
  3. ゆっくり腰を左右に10回ずつ振る
  4. ゆっくり腰を前後に10回ずつ振る
  5. ゆっくり腰を時計回りに5回まわす
  6. ゆっくり腰を反時計回りに5回まわす

この骨盤矯正の効果を上げるコツは

  • 腰を動かす時に腰だけを動かす
  • 腰を動かすと同時に上半身が動さない
  • 膝を曲げない

の3つです。これを守らないと骨盤矯正の効果が下がってしまいますので、気をつけましょう。

骨盤矯正はお尻を小さくするだけじゃなく、「ぽっこりお腹」「下半身のむくみ」の解消する効果もありますのでオススメです!

次の記事では、骨盤矯正の効果について詳しく紹介していますので、ご覧ください。


6.お尻を小さくするヨガ


最後のお尻を小さくする方法は「お尻を小さくするヨガ」です。

ヨガは、健康だけじゃなくダイエットにも良いと有名ですが、この動画のヨガは座ったり足を組んだりすることで、お尻の筋肉をほぐしていきます。

手順は次のとおりです。

手順
  1. 床に四つん這いになる
  2. 左膝を左手の近くに引き付ける
  3. 左足を右へ45度回転させ、つま先を右側へ向ける
  4. 右足を後方へ限界まで引いて上半身を起こす
  5. ゆっくり深呼吸を10回繰り返す
  6. 上半身を少し前に倒し、深呼吸を10回繰り返す
  7. 上半身を倒せるところまで倒し、深呼吸を10回繰り返す
  8. 手順3の姿勢に戻り、左足を持ち上げてクルクル回す
  9. 左足を右後方へしっかり引き、上半身を前に倒しす
  10. 深呼吸をする
  11. 左右の足を入れ替えて、手順2~10を同様に行う

ヨガは歪んだ体を整える効果もありますので、骨盤の歪みにも効果的です。また、ゆっくり呼吸することでリラックス効果も得られるんですよ。

時間は約7分間と少し長いですが、朝起きた時や就寝前に行うと効果があります。ぜひ、ヨガに興味のある方は銭チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

お尻を小さくできる関連記事

次の記事では、今回ご紹介した以外のお尻を小さくする方法について紹介しています。ぜひ今回の方法とあわせてチャレンジしてみませんか?必ず、あなたのお尻は小さくなりますよ。



まとめ

いかがだったでしょうか?

お尻は、自分の目ではなかなか見れない部分なのにもかかわらず、年齢の出やすい部分でもあもあります。

そのため、もしあなたのお尻がたるんで大きくなっているとしたら、老けて見られている可能性があるかもしれません。

でもガッカリする必要はありません!

今回ご紹介したお尻を小さくする方法なら、お尻をキュッと引き締めて小さくし、若く見られるようにすることができます。

しかも、ご紹介した方法はどれも簡単に続けられますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

buttocks-small

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 二の腕ダイエット5選!ねじるだけで即効で引き締められる?

  • おうちヨガでダイエット!初心者でも効果が出る簡単ポーズ10選

  • 簡単にできる!ダイエットに役立つダンベル体操7つのやり方

  • 3分あればスッキリ!足痩せダイエットに役立つ運動8選

  • 痩せる運動6選!忙しくてもながらでできる簡単ダイエット

  • ぷるぷる体操のやり方3選/体を揺らすだけのダイエット法