1. TOP
  2. 食事
  3. 正しく行えば必ず成功できる!キャベツダイエットの効果7つ

正しく行えば必ず成功できる!キャベツダイエットの効果7つ

 2015/09/07 食事   43,704 Views
キャベツダイエットの効果

ダイエットに良いといわれる食材はいろいろありますが、今回ご紹介する「キャベツ」もダイエットに良いといわれています。

その理由は、キャベツに含まれる食物繊維やビタミンにダイエット効果があるから。そのため、キャベツダイエットというダイエット法まであるんですよ。

キャベツダイエットは名前のとおり、毎日の食事でキャベツをたくさん食べるダイエット法。そして、スーパーに行けば必ずキャベツが置いてあるので、続けやすく、正しく行えば必ずダイエットに成功できるダイエット法なんですよ。

ということで今回は、正しく行えば必ずダイエットに成功できるキャベツダイエットの効果と、その方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツダイエットの効果

痩せる3

では、キャベツダイエットにどんな効果があるのか、ひとつずつみていきましょう。

1.満腹感を感じやすく食欲を抑える

ダイエットの天敵といえば「食欲」。食欲をしっかりコントロールできれば、食事制限をラクにこなせるようになりますし、そもそも太らなくてすみます。でも食欲をコントロールするのって実際は大変で、ダイエット中にもかかわらず食べ過ぎてしまい、体重が増えてガッカリした経験をされた方、多いんじゃないでしょうか。

そんな食欲をコントロールするには、キャベツダイエットが効果的。なぜなら、キャベツに含まれる「不溶性食物繊維」に、食欲を抑える効果があるからなんですよ。

私たちが食事で不溶性食物繊維を摂ると、胃の中に入って水分を吸収して何倍にも膨らむため、お腹が膨らんで満腹感を感じて、食欲を抑えることができるんです。しかも、キャベツを食べて飲みこむには、何回も噛まないといけません。こうした食べ物を噛む回数が増えることも、脳にある満腹中枢を刺激するため、満腹感を感じやすくなるんですよ。

このように、キャベツダイエットは食欲を抑えることができ、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐことができます。ですので、ダイエット中の食べ過ぎに悩んでいる方は、キャベツダイエットをしてみてはいかがでしょうか。

2.腸の働きを活性化して代謝を上げる

キャベツに含まれる不溶性食物繊維の効果は、食欲を抑える効果だけじゃありません。先述したように、不溶性食物繊維が胃の中に入ると何倍にも膨らむわけですが、不溶性食物繊維が膨らむと便の量も増えるんです。

じつは便の量が増えるということは、腸の働きの活性化につながるんです。そして腸の働きが活性化すると、腸が食べたものを消化吸収する際に消費するエネルギーが増えます。

つまり、腸の働きが活発になると代謝が上がるということ。代謝が上がれば、体を動かさなくても体にたまっている脂肪が燃えやすくなるため、とてもダイエットをしやすくなるんですよ。

3.コレステロールを抑え血液をサラサラに

生姜紅茶血液中のコレステロールが多くなると、血液がドロドロした状態になり、血管の壁にコレステロールが付着してしまいます。すると血液の流れが悪くなり、代謝が落ちて太りやすくなったり、動脈硬化を引き起こして生活習慣病に発展する恐れがあります。

キャベツに含まれるもう1つの食物繊維「水溶性食物繊維」は、そうした余分なコレステロールを吸着して、体の外に排出する働きがあるため、血液中のコレステロール値を抑えることができるんです。

なのでキャベツダイエットをすると血液がサラサラになるため、代謝が上がって痩せやすくなったり、生活習慣病を予防して健康的な体を手に入れることができるんですね。

次の記事では、食物繊維の効果や食物繊維を多く含んだおやつについて紹介していますので、ぜひご覧ください。

ダイエット中の「おやつ」はコレ!食物繊維が豊富な食品6つ

4.胃を守り脂肪肝を防ぐ

キャベツに、「ビタミンU」というビタミンが含まれています。また、ビタミンUは「キャベジン」とも呼ばれていて、胃腸薬の名前として耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。

ビタミンUは胃酸の分泌を抑制したり、胃の粘膜の新陳代謝を良くする働きがあるため、傷ついた胃の粘膜を修復して胃を守ることができます。なので、胃酸がたくさん分泌されて起こる「胸のむかつき」や、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を防ぐ効果が、ビタミンUに期待できるんですよ。

さらにビタミンUには、肝機能を改善して肝臓の脂肪を減少させる効果があります。ダイエットをしてタンパク質不足になったり、極度な糖質制限をすると脂肪肝になる恐れがあるのですが、ビタミンUはそれを防いでくれるんですね。

5.ビタミンCが免疫力を高める

キャベツには、注目すべきビタミンがもう1つ含まれています。

それが「ビタミンC」。ビタミンCは、体内に入った細菌やウィルスを退治する白血球の働きを助け、さらにはビタミンC自体も細菌やウィルスを退治する働きがあるんです。

そのためキャベツダイエットでビタミンCを摂れば、免疫力が高まって、病気に負けない強い体を手に入れられますよね。

6.ストレスを和らげる

うれしい私たちは、毎日普通に生活していても、何かしらストレスを感じています。しかもダイエット中は、いろんな制限から我慢を強いられたり、順調に痩せられなかったりと、ストレスがたまりやすくなりますよね。

こうしたストレスは、ダイエットに悪影響を及ぼします。なぜなら、ストレスが体にたまり続けるといつかパンクしてしまい、ダイエットをやめてしまう可能性が高くなるからなんです。

ですのでダイエットをする上で、なるべく体にストレスとためないようにすることが大切なのですが、そこで役に立つのがビタミンCなんです。

私たちはストレスと感じると、体内のビタミンCを大量に消費するため、体内のビタミンCが多ければ多いほど、ストレスを和らげることができるんですよ。

7.肌荒れを防いで美肌を保つ

ビタミンCの効果は、まだまだあります。ビタミンCは、美肌を作るために必要とされるコラーゲンの生成に欠かせないビタミンで、美肌ビタミンとも呼ばれています。

なのでキャベツを食べてビタミンCを摂れば、肌荒れや肌のカサツキを抑えるだけじゃなく、コラーゲンを生成して肌に潤いやハリを与えることができるんです。また、ビタミンCには、紫外線の浴び過ぎによるシミの原因となるメラニン色素の生成を押させる働きもあるんですよ。

もし、あなたが肌にトラブルを抱えているなら、キャベツを率先して食べるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

正しいキャベツダイエットの方法

食べる03

キャベツダイエットでダイエットに成功するには、正しい方法で行わなければ、健康的に痩せることができません。ですので、これからご紹介する正しいキャベツダイエットの方法をしっかり学んで、ダイエットや美容、健康に役立てましょう。

朝・昼・夕の食事前にキャベツを食べる

まずは、キャベツダイエットの基本をご紹介します。

すでにご紹介したように、キャベツには不溶性食物繊維が含まれているため、食べると満腹感を感じやすくなって食欲を抑えることができます。そのため、食事前にキャベツを食べるとお腹が膨らんでくるので、その後に普通に食事をしても、あまり食べられなくなって食事量を少なくなります。

なので「朝・昼・夕の食事の前にキャベツを食べて、その後は普通に食事をする」、これがキャベツダイエットなんですよ。

ちなみにキャベツの食べる量は、生の状態のものを200gを1食分としてください。そして、10分程時間をかけて食べるようにしましょう。

キャベツはおおざっぱに切る

といっても、食べるスピードが速い人が、キャベツを10分かけて食べるのって結構大変なんじゃないかと思います。そこでキャベツを食べる時は、あまり細かく切らずにおおざっぱに切って食べるようにしましょう。

例えば、もしキャベツを細かく千切りにしてしまったら、食べやすくなって10分もかからずに完食してしまうでしょう。いくらキャベツが満腹感を感じやすい食材だといっても、食べてからお腹が膨らむまで時間がかかってしまい、あまりお腹が膨らまなくなります。つまりキャベツを食べた後の食事で、食べ過ぎる恐れがあるんですね。

ですので、キャベツをおおざっぱに切って食べにくくすれば、キャベツを完食する時間がかかるようになるので、しっかりとお腹を膨らませることができるんですよ。

塩かノンオイルドレッシングで味付け

キャベツを食べる時、マヨネーズやドレッシングなどで味付けをしたくなると思いますが、なるべく塩かノンオイルドレッシングで味付けするようにしましょう。

なぜなら、キャベツは100gで22kcalと低カロリーで、たくさん食べてもカロリーオーバーになりにくい食材なのに、高カロリーのマヨネーズやドレッシングなどを使ったら、結局カロリーを多く摂ってしまうからなんですね。

ただ、塩やノンオイルドレッシングが低カロリーでも、キャベツにかけ過ぎてしまったら元も子もありませんので注意が必要です。

キャベツダイエットに役立つレシピ

正しいキャベツダイエットの方法についてご紹介しましたが、「生のキャベツを食べるのは嫌!」という方もいらっしゃると思います。そこで、キャベツダイエットに役立つレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみはいかがでしょうか。

レンジでチンのさっぱりキャベツ

レンジでチンのさっぱりキャベツ1
こちらのキャベツレシピは、キャベツを電子レンジにかけて加熱しただけの簡単な料理です。味付けにポン酢とかつお節を使っているので、とてもさっぱりした味になっているんですよ。

アッという間のさっぱりキャベツ by ユリchan* [クックパッド]

キャベツたっぷりスープ

キャベツたっぷりスープ1
食事の最初でスープを飲むと、水分をたくさん摂れるのでお腹を膨らますことができます。そこで、スープの具としてキャベツを入れれば、さらにお腹を膨らます効果が期待できるんですよ。

キャベツたっぷりシンプルコンソメスープ by 3姫2太郎ママ [クックパッド]

キャベツと春雨スープ

キャベツと春雨スープ1
先述したように、スープはお腹を膨らませるのに適した料理です。このレシピで紹介されているスープは、キャベツの他に春雨を入れることで、さらに満腹感が得られるようになっているんです。

なぜなら、春雨にも食物繊維が含まれているから。しかもカロリーも低いので、ダイエット食に適しているんですよ。

*鶏とキャベツの春雨ダイエットスープ* by かぷりっちょ♪ [クックパッド]

キャベツのもやし炒め

キャベツのもやし炒め1
このレシピで紹介されているのは、キャベツともやしを一緒に炒めた、とてもシンプルなキャベツ料理。調味料も塩とゴマ油しか使っていないので、とってもヘルシーなんです。意外と、こういうシンプルな料理の方が、美味しかったりするんですよね。

キャベツダイエットをする上での注意事項

注意

最後に、キャベツダイエットをする上での注意事項をご紹介します。せっかくキャベツダイエットのダイエット効果が高くても、やり方もを間違ってしまっては、健康的に痩せることができません。ですので、しっかり注意事項を守って、ダイエットをしていきましょう。

キャベツを食べた後の食事は食べ過ぎ注意

キャベツダイエットは、食事のはじめにキャベツを食べることで、その後に食事をする量を抑えることができます。ですが、いくらキャベツを食べてお腹が膨らんだとしても、その後の食事でお腹一杯になるまで食べてしまったら、ダイエットになりません。

ですので、キャベツを食べた後の食事は食べ過ぎに注意して、腹八~九分目ぐらいに抑えるよう心がけましょう。

キャベツだけを食べるダイエットはしない

キャベツはお腹を膨らませ、ダイエットだけじゃなく美容や健康にも良い食材ですが、キャベツだけを食べるようなことはやめましょう。

なぜなら、たとえ痩せることができたとしても、タンパク質不足で筋肉が痩せ落ちるだけで体の脂肪はなくならず、リバウンドするどころか健康を害する恐れが非常に高いから。最悪の場合、命の危険さえあります。

なのでキャベツを食べたら、その後は普通に食事をする。そして、内容は栄養のバランスを考えたものにすることで、健康的に美しく痩せることができますよ。

スポンサーリンク

痩せる食材に関する記事

キャベツだけじゃなく、次の記事で紹介されている食材もダイエット効果が高い食材になっているので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

じつは、私も夕食の前だけですが、ほぼ毎日キャベツを食べています。そのおかげでダイエット後の体重をキープできているんですよ。豪華な食事が多い夕食は、食べ過ぎると簡単に太ってしまうので、夕食前のキャベツは本当に重宝しています。

冒頭でも書きましたが、キャベツはスーパーに行けばすぐに買えるので、すぐにでもキャベツダイエットを始めることができます。そして、千切りにする必要もなく、おおざっぱに切るだけなので手間もかかりません。

なので、もしあなたが「ダイエット中なのに食べ過ぎて困る」と思っているなら、キャベツダイエットを始めてみてはいかがでしょうか?本当に簡単なのでオススメですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

キャベツダイエットの効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 3日間限定!芸能人もする塩抜きダイエットの効果&やり方

  • スッキリ感が最高!レモン水のダイエット効果8つ&作り方

  • 月に1回でOK!ヨーグルト断食でダイエットするやり方

  • 食欲を抑える方法12選!食べ過ぎを防止してダイエット成功

  • 酵素ドリンク5つの効果!ダイエットにビッタリな作り方も

  • アボカドのダイエット効果7つ、簡単レシピで痩せよう!