自力で大転子を引っ込める方法5選【脚やせ・小尻効果】

greater-trochanter

もし、あなたが「脚が太い」「お尻が大きい」と感じているのなら、その原因は「大転子(だいてんし)」にあるかもしれません。

大転子が外側へ開いていると、肥満に関係なく下半身が太くなってしまうんです。

でも安心してください!開いた大転子を引っ込める方法があります!

しかも、自宅で自力で引っ込めることができるんですよ。

スポンサーリンク

大転子とは

大転子は太ももの骨(大腿骨)の一部で、次の画像の赤丸の部分で、突起しているところです。

大転子

手を腰骨にあて、太ももに向かって滑らせていくと、硬く突き出ている部分があります。そこが大転子です。

大転子には脚を動かすのに必要な筋肉が付着していて、この筋肉たちによって、脚を前後左右に動かすことができるんです。

この大転子が開いてしまうと、太ももやお尻の幅が広がってしまい、太く見えてしまいます

それだけじゃなく、大転子のまわりに余分なお肉がつきやすくなるんですよ。

大転子が開く3つの原因

垂れたお尻

なぜ、大転子が開いてしまうのか…。それには3つの原因があるんです。

1.歩く時の重心が外側になっている

ウォーキングダイエット02

歩く時、脚の裏の外側に重心がかかっていると、太ももの外側の筋肉が、内側よりも発達します。

すると、大転子が外側へ引っ張られ、開いてしまうんです

あなたがいつも履く靴の裏を見て、外側が多くすり減っているのなら、大転子が開いている可能性があります。

2.膝が内側を向いている

膝

足の裏の内側に重心がかかるのも良くありません。

内側に重心がかかると、太ももの骨が内側にねじれてしまうため、大転子が開いてしまうんです

あなたの膝が内側を向いていないか、チェックしてみてください。

立った状態でつま先をまっすぐ前に向けた時、膝が内側に向いているようなら要注意です。

3.ハイヒールをよく履く

歩く

ハイヒールを履くと「つま先重心」になりますが、つま先重心は大転子が開く原因になります。

また、ショルダーバッグを肩掛けすると、重心が左右どちらかに偏ってしまいますが、これも大転子に良くないんです。

多くの人が大転子が開いている

このように、大転子を開かさせる3つの原因に共通することは「重心の偏り」です。

ですが、そもそも重心が偏っていない人って、そんなにいるものでありません。ということは、多くの人が大転子が開いている可能性があります。

逆をいえば、大転子を引っ込めることで下半身を細くできる可能性がある、ということでもありますよね!

大転子の出っ張りチェック法

大転子が出っ張っているかどうか、自分でチェックする方法があります。こちらの動画を参考にして、自分の大転子をチェックしてみましょう。

動画解説
  1. 腰骨(腸骨)にそれぞれ手をあてます
  2. 手をそのまま太ももまで、なでるようにへスライドさせます
  3. なめらかに手がスライドできるかどうかチェックします
手がなめからかにスライドできればOK。引っかかる感触があれば、大転子が開いている可能性が高いです。

スポンサーリンク

自分で大転子を引っ込める方法

太もも押し

では、開いてしまったあなたの大転子を、早速引っ込めていきましょう。次の方法なら、自宅にいながら自分で引っ込めさせることができますよ。

1.大転子を押し戻すセルフ整体

こちらの動画は、タオルを使って大転子を内側へ引っ込めるセルフ整体です。大転子に直接アプローチするので、効いてる感じが得られるんですよ。

動画解説
  1. タオルを適度に折りたたみます
  2. 床に横になります
  3. 下側の大転子のやや下にタオルをしきます
  4. タオルに体重をかけます
  5. 身体を前後左右に揺らして大転子をグリグリ押します
  6. これを5分間行います
  7. 反対側も同様に行います
タオルで物足りないなら、代わりにバスタオルをロール状にして使いましょう。さらに強く押すことができますよ。

2.大転子ストレッチ

大転子を引っ込めるには、ストレッチも効果的。こちらでは、両手で大転子を押し込む感じでストレッチしていきます。

動画解説
  1. 肩幅よりも広めに脚を開いて立ちます
  2. 左手を大転子にあてます
  3. 左手に右手にそえ、両手で大転子を押します
  4. そのまま上半身を左側へ倒します
  5. この状態をしばらくキープします
  6. 手を入れ替え、右側の大転子も同様に行います
上半身を倒した時、大転子がググーっと押し込まれる感じがしますよ。

3.簡単エクササイズで引っ込める

こちらの動画は、脚を横に上げるだけで大転子を引っ込めれるエクササイズです。とても簡単ですよ。

動画解説
  1. 壁を左側に立ちます
  2. 右手を壁につきます
  3. 左手を腰にあてます
  4. 左足を真横に上げます
  5. 左足を下ろします
  6. 手順4~5を10~15回繰り返します
  7. 身体を左右入れ替えて、右足も同様に行います
  8. 腰を右回り・左回りに何度か回します
このエクササイズは、股関節のエクササイズにもなります。下半身太りの解消にとても有効なんですよ。

4.大転子スクワット

スクワットは、大転子を引っ込める効果がある運動です。でも、やり方を間違えると効果がなくなってしまいます。

この動画では、「バランスディスク」を使用して正しくスクワットを行い、大転子を引っ込めていくんですよ。

動画解説
  1. バランスディスクを床に起きます
  2. バランスディスクに片脚をのせます
  3. 反対の脚を後ろへ引きます
  4. 両手を頭の後ろで組みます
  5. つま先と膝をまっすぐ前に向けたまた、ゆっくり腰を下ろします
  6. ゆっくり腰を上げます
  7. 手順5~6を5~10回繰り返します
  8. 反対の脚も同様に行います
このスクワットは膝へ負担がかかります。あまり無理をしないで、自分のできる範囲で行いましょう。

5.イスに座るエクササイズ

大転子は、イスに座りながらも引っ込めることができます。

こちらの動画は、イスに座って内ももの筋肉を鍛え、太ももの筋肉のバランスを整えて、大転子を引っ込めるんですよ。

動画解説
  1. 太ももが半分出るぐらいイスに浅めに座ります
  2. 両膝をくっつけます
  3. 両手の甲をあわせて太ももの間に入れます
  4. 内ももに力を入れて、両膝をグッとくっつけます
  5. 両手で太ももを広げるように力を入れる
  6. 3秒キープして、両手と内ももの力をゆるめます
  7. 手順4~6を20回繰り返します
両膝をくっつける座り方は、大転子が開くのを防ぐ効果があるんですよ。

矯正用スパッツやベルトを使うのもアリ!

あなたが「自分で大転子を引っ込めるのはムリ!」というなら、矯正用スパッツやベルトを利用すると良いでしょう。

次のtwitterにあるようなスパッツは、大転子を引っ込める効果があります。ビフォーアフターも紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

細身のパンツをはこう!

細身のパンツは、身体のラインをキレイに見せることができますよね。

ただ、ウエストのサイズはピッタリでも、実際にはいてみようとしても、太もものあたりでつっかえてしまった…といった経験ないでしょうか?

これも大転子の開きが原因だったりするんです。

やっぱり、細身のパンツを一度ははいてみたいですよね?その自分の姿を見てみたいですよね?

それじゃあ、毎日少しずつでいいので「大転子を引っ込める方法」にチャレンジしましょう!

そして引っ込んだら、憧れの細身のパンツをはきましょう!