1. TOP
  2. メディア
  3. ヤセコレの監修医師が月刊「からだにいいこと」を監修しています!

ヤセコレの監修医師が月刊「からだにいいこと」を監修しています!

 2018/07/24 メディア   208 Views

ヤセコレ(当サイト)の監修医師を務めていただいている工藤孝文先生が、健康・美容雑誌である月刊「からだにいいこと(祥伝社)」の監修されました。

こちらでは、監修された内容をご紹介するとともに、今後、随時追加していきますのでぜひご覧ください。


【監修医師】
dr_kudou_link

「内臓・脳」働き方革命で-2kg【2018年9月号】

からだ_201809

熱中症の恐れもある暑い夏。屋外はもちろんのこと、室内でも汗をかいて運動するのは「危険」といわれるような気候になってしまいました。

そのため夏場は運動量が減りがち。ダイエットも進みにくいことでしょう。

そんな時は、「内臓や脳の働き方革命をしよう!」ということが、からだにいいことで紹介されています。

基礎代謝の約7割は臓器で消費!

胃01

ダイエットの目標の中に「代謝のアップ」があります。その理由は、代謝がアップすることで痩せやすくなり、体重の維持も簡単になるためリバウンドしにくくなるからです。

その代謝の種類は3つがあり、エネルギー消費の割合は次のとおりになります。

3つ代謝とエネルギー消費割合
  • 基礎代謝:60%
  • 身体活動代謝:30%
  • 食事誘発性熱産生(DIT):10%

つまり、代謝によるエネルギー消費のうち、基礎代謝が占める割合がいちばん多いわけです。

そして基礎代謝量のうち、7割も占めるのが臓器のため、臓器の働きを活性化させることで、効率よくダイエットできるんですよ。

働き方改革が必要な臓器とは?

胃腸

では、働き方改革が必要な臓器とは、実際にどの臓器なのか?次のとおり、「からだにいいこと」の中の工藤先生が紹介しています。

働き方改革が必要な臓器
  • 肝臓
  • 腎臓

これら5つの臓器を活性化させる方法として、次の8つの方法

  • 寝たままスクワット
  • なりきりセレブ食べ
  • 髪しばりデトックス
  • デブ菌退治酸っぱ食
  • 孫悟空式ベルト巻き
  • ヒハツ豆乳
  • ツボ押しテーピング
  • 自分ポスター

が紹介されています。名前を見るとユニークなものが多く、実際に効果があるのか疑いたくなるかもしれませんね。

でも、ご安心ください!

「からだにいいこと」の読者さんや編集部の方たちが実際にチャレンジして、その結果を教えてくれています。

しかも、ビフォー・アフターが写真付きで紹介されているので、効果は一目瞭然ですよ!

工藤先生は「孫悟空式ベルト巻き」を紹介

女性ベルト

監修医師の工藤先生も、先ほどの8つの方法のうち「孫悟空式ベルト巻き」について解説されています。

ベルトでお腹を締め付けることで、もし日頃の生活でダイエットに悪いことをした時、お腹に不快感を与えるというもの。

つまり、ベルトが「ダイエットの正しい道に戻りなさいよ!」と、教えてくれるわけですね。

「からだにいいこと」では、「孫悟空式ベルト巻き」のポイントについて詳しく紹介されていて、読者さんが2週間体験した結果も紹介されていますよ。

たった2週間ですが、その効果は絶大ですよ!

ここまでの内容の詳細は、「からだにいいこと・2018年9月号」で紹介されていますので、ぜひ一度読んでみてください。

「からだにいいこと」のバックナンバーはこちら

 

様々な情報が見られる「からだにいいこと」

実は私も「からだにいいこと」の長年の読者。毎月、必ず購読していて、ダイエット・美容・健康について本当に勉強させてもらっています。(そのため、自宅の本棚がいっぱいです…)

さらには、生活に役立つ「知恵袋」も教えてくださるので、あなただけじゃなく、ご家族や友人・知人などにも喜ばれる情報でいっぱいです。

ぜひ、あなたも一冊、手に取ってみてはいかがでしょうか?

毎月14~16日が新号の発売日です!

「からだにいいこと」のバックナンバーはこちら

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ボディスタ1カ月チャレンジ!リンパマッサージは本当に効果ある?