1. TOP
  2. きなこ牛乳7つの効果が凄い!ダイエットにいい健康ドリンク

きなこ牛乳7つの効果が凄い!ダイエットにいい健康ドリンク

 2017/04/18 食事   59,265 Views
きなこ牛乳の効果

ダイエットに良いといわれる飲み物って、たくさんありますよね。その中に、「きなこ牛乳」という飲み物があるのをご存知でしょうか?

名前のとおり、きなこと牛乳を混ぜただけの飲み物なんですが、これがダイエットや美容、健康にも良いといわれているんです。

私が以前ダイエットをしていた時も、きなこ牛乳には本当に助けられました。そして現在、体重維持をするためには欠かせない健康ドリンクなんですよ。

ということで今回は、健康ドリンクである「きなこ牛乳」の効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

「きなこ」の基礎知識

きな粉

お餅やおはぎなどに良く使われる「きなこ」。ほとんどの方は、きなこを口にしたことがあるんじゃないでしょうか?

でも、きなこが何からできていて、どんなふうにつくられているのか、知らない方も少なくないと思います。

きなこの原料は大豆

きなこは何からできているのかというと、大豆からできています。

その大豆を炒って皮をむき、挽いてつくられたのがきなこなんですね。大豆を炒る段階で加熱されますから、大豆特有の臭みが消えます。

しかも香ばしい香りになるので、「安倍川餅」や「きなこ棒」などのお菓子にもよく使われています。

大豆はダイエットにいい食材

きなこは大豆からつくられていますから、以前「【必見】女性に優しい!豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ20選」の中でご紹介した豆腐と同じような栄養が含まれています。

そのため、きなこはダイエットや美容、健康にいい食材といわれているんです。

また、きなこは「粉」ですので、豆腐と比べれば簡単に食べることができます。

きなこを食べれば、手軽に大豆の栄養をとることができるため、ダイエット食材として人気があるのも分かりますよね。

きなこ牛乳の凄い7つの効果

ビックリ

さて先述したように、きなこ牛乳は、「きなこ」と「牛乳」を混ぜて簡単に作られた健康ドリンクです。

きなこの大豆パワーだけじゃなく、牛乳のパワーを兼ね備えています。

この2つのパワーが組み合わせることで、どんな効果が生み出されるんでしょうか?ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

1.食欲を抑えられる

きなこには、不溶性の食物繊維が豊富に含まれています。

きなこを食べた時に、胃や腸に入った不溶性の食物繊維は、水分を吸収して何倍にも膨れ上がります。そのため、お腹が膨れ上がって満腹感を感じやすくなります

つまり、きな粉牛乳を飲めば、食欲を抑えられるんです。

私がきなこ牛乳を飲んでいた時も、食欲を抑えるために飲んでいました。とくに食前に飲めば、食欲を抑えられた分、簡単に食事制限をすることができました。

ダイエットは、運動とともに食事制限をすることも大切です。でも、食事制限中に食欲を抑えるのもストレスがかかって一苦労します

そんな食欲を緩和させるのに、きなこ牛乳は最適な飲み物なんですよ。

2.脂肪を燃焼できる

きなこには、「大豆サポニン」といわれる成分を含んでいます。大豆サポニンは、脂肪の合成や吸収を抑えたり、脂肪の分解を促す効果があります

さらには、血液中の脂質を除去したりコレステロールを抑えたりするため、血液をサラサラにする効果もあるんです。

血液がサラサラになれば、血流が良くなるため代謝が上がり、体脂肪が燃えやすくなります。

つまり、きな粉牛には体脂肪を効率よく燃焼させる効果があるので、きなこから大豆サポニンを摂って、どんどん体脂肪を燃やしましょう!

3.腸内環境と整え便秘解消

きなこに含まれる不溶性食物繊維は、体内に入ると膨らみます。

すると、自然と便の量が増えてスムーズに排出されるようになるので、便秘がちの方がきなこを食べると、便秘の解消につながります。

さらに、きなこには食物繊維に加え、オリゴ糖も含まれています。オリゴ糖は、腸内環境を整えることで有名なビフィズス菌のエサになります。

きなこと食べると、腸内のビフィズス菌を増えるため、腸内環境を整えて腸の働きを活発にさせることができるんですよ。

ちなみに腸が活発に動くと、それだけエネルギーが消費されて代謝が上がるため、痩せやすくなります。

4.生活習慣病予防

きなこに含まれる大豆サポニンは、血液中に含まれる脂質とコレステロールを抑え、この血液をサラサラします。

この効果は、動脈硬化の予防につながります。

動脈硬化は

  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 脳梗塞
  • 下半身壊死

などの生活習慣病の原因になるといわれています。

そこで、きなこを食べて動脈硬化を予防すれば、生活習慣病を予防できるんです。健康にもいいきなこ。ぜひ食べておきたい食材ですね。

5.骨を強くして骨粗しょう症予防

きなこ牛乳の牛乳には、ご存知のとおりカルシウムが豊富に含まれています。意外かもしれませんが、きなこにもカルシウムが含まれているんですよ。

なので、きなこ牛乳を飲めば、カルシウムをたくさん摂ることができるので、骨を強くして、カルシウム不足でおきる骨粗しょう症を予防することができるんですね。

また以前、「花粉症にも効く?ホットヨーグルダイエットの効果と方法まとめ」の中でご紹介したように、血液中のカルシウムが不足する分泌される甲状腺ホルモンは、体に脂肪が蓄積されるのを助けてしまいます。

カルシウム不足は、骨をもろくするだけじゃなく、太りやすい体になってしまうため、牛乳で日頃からカルシウムを積極的に摂っていきたいものです。

6.ストレスを解消できる

私たちの体には、普通に生活しているだけでもストレスがたまります。

ストレスは体に悪影響を与えるだけじゃなく、ダイエット中にたまればギブアップにつながる恐れがある厄介なものです。

そんなストレスと牛乳に含まれるカルシウムには、密接な関係があります。体がカルシウム不足になると、体が興奮しやすくなってストレスがたまりやすくなるんです。

もし、あなたが「最近、イライラするな…」と思ったら、きな粉牛乳でカルシウムを摂りましょう。

カルシウム不足を解消し、ストレスに強い体つくりができますよ。

7.美容効果

きなこには「大豆イソフラボン」と「大豆タンパク質」という成分を含んでいます。

大豆イソフラボンは、肌にできたシワを改善して、肌の弾力を高める効果があり、髪のハリやつやを保つ効果もあります

そして大豆タンパク質は、肌の潤いを保つ「セラミド」を増やす効果もあるんですね。

歳を重ねると、若かった頃の肌からだんだんとかけ離れていってしまいます。

ですが、大豆イソフラボンと大豆タンパク質のような美肌効果のある成分を積極的に摂ることで、少しでも若い肌に近づけることができます。

「もう、歳だから…」と諦めずに、まずはきなこ牛乳を飲んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

混ぜるだけ!きなこ牛乳の簡単な作り方

料理をする

ここまでで、きなこ牛乳の凄い効果が分かったところで、続いては、きなこ牛乳の作り方についてご紹介します。

材料と作り方の手順

といっても、とても簡単ですので、サクッと作り方を覚えちゃいましょう。次のとおりです。

◆材料

牛乳:200ml
きなこ:大さじ1杯(7g)

◆作り方の手順

  1. マグカップに牛乳(200ml)を入れる
  2. 電子レンジで温める
    ※私はいつも牛乳を50℃に温めています
  3. 温めた牛乳にきなこ(大さじ1)をいれて、よくかき混ぜる
    ※よくかき混ぜないと、きなこがカップの底にたまったままになります

以上となります。

できれば牛乳を温めましょう

ご紹介した作り方では牛乳を温めていますが、もちろん冷たい牛乳でもきなこ牛乳をつくれます。

ですが、冷たい牛乳を飲むと、体の中から冷やしてしまいます。すると、内臓の働きが悪くなったり血流が悪くなるため、代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

ダイエットのためには、なるべく牛乳を温めてからきなこ牛乳にして飲むようにしましょう

きなこ牛乳を飲むタイミング

VAAMを飲む

きなこ牛乳はダイエットや美容、健康に良い飲み物です。でも、きな粉牛乳の効果を発揮させるには飲むタイミングが大切になってきます。

きなこ牛乳を飲むタイミングは、いくつかあります。例えば

  • 食事をする5~10分前
  • 小腹がすいた時

などがあります。

私がこの中かオススメしたいのは、「きなこ牛乳を食事をする5~10分前に飲む」です。

きなこ牛乳はお腹を膨らませて食欲を抑える効果がありますので、食事をする5~10分前に飲むことで、その後の食事量を抑えて食べ過ぎを予防できます

もちろん、小腹がすいた時に、一時的に食欲を抑えるのもきなこ牛乳を飲むのも有効です。下手にお菓子などを食べるよりも、きなこ牛乳を飲んだほうがダイエットに良いです。

また「朝、時間がなくて朝食を食べる暇がない…」という方も、朝食代わりにきなこ牛乳を飲んでお腹を膨らませて、きなこと牛乳から栄養をとるのも、たまには良いと思います。

きなこ牛乳の注意点

ストップ

きなこ牛乳はダイエットにいいといっても、飲み過ぎてしまっては、カロリーをとり過ぎで太ってしまいます。

きなこのカロリーは大さじ1杯(7g)で31kcalと、カロリーが少なくてヘルシーなんですが、牛乳は200mlで134kcalと高めです。

なので、きなこ牛乳は1日1~2杯に抑えるようにしましょう。

もし、牛乳のカロリーが気になるようでしたら、低脂肪牛乳を使うと良いでしょう。低脂肪牛乳なら、200mlで92kcalまで抑えられます。

ちなみに私がきなこ牛乳を飲む時は、夕食前の1杯とだけ決めています。

夕食は、朝食や昼食を比べるとカロリーが高くなってしまいますし、夕食を食べた後はほとんど活動しませんので、消費カロリーも少なくなります。

ですので、夕食を食べても太らないように、夕食前にきなこ牛乳を飲むことで食事量を減らしてたんですよ。

スポンサーリンク

痩せる飲み物の関連記事

次の記事では、きなこ牛乳以外の痩せる飲み物について紹介していますので、ぜひ飲んでみてくださいね。



まとめ

いかがだったでしょうか?

きなこ牛乳はとてもつくりやすく、大豆と牛乳の栄養を簡単に摂ることができるので、ダイエットに適した健康ドリンクだといえます。

また、食欲をコントロールする効果もありますので、食欲を抑えるには好都合な飲み物。さらには、きなこ牛乳はダイエットだけじゃなく、健康や美容に良い効果もあります。

私が以前ダイエットしていた時も、きなこ牛乳のおかげで楽にダイエットをすることができました。

先述したように、どうしてもカロリーを摂り過ぎてしまう夕食ですが、きなこ牛乳のおかげで、摂取カロリーを抑えることができました。

ですので、健康的でスリムな体をつくるために、きなこ牛乳を飲んでみましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

きなこ牛乳の効果

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 食べると痩せる?ホットヨーグルトダイエットの6つの効果

  • 食前に食べるだけ!大根おろしダイエット5つの効果&やり方

  • 【必見】女性に優しい!豆腐ダイエットの効果と簡単レシピ20選

  • 夏定番のアノお茶で痩せる?ダイエットに効く麦茶の効果8つ

  • コンビニダイエットできる食品40選!痩せる食事にピッタリ!

  • 保存版!グルテンフリーダイエットの効果&レシピ7選