1. TOP
  2. 運動
  3. ヨガより凄いかも?ダイエットに使えるピラティスの驚くべき効果5つ

ヨガより凄いかも?ダイエットに使えるピラティスの驚くべき効果5つ

 2015/02/12 運動   93,710 Views
ピラティスでダイエット

最近、スポーツジムなどで教室が開かれている「ピラティス」。

あなたは、このピラティスをご存知でしょうか?

ピラティスは、ヨガに似たような動きをするエクササイズでダイエットにも良いとされているんです。

でも、いまいちピラティスはヨガとさほど変わらないような気がしますし、ダイエットにどんな効果があるかあるのか分からないんじゃないでしょうか。

ということで今回は、ヨガよりも凄いかもしれないピラティスの効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

ピラティスとはこんな運動

二の腕エクササイズ

まず最初に、「ピラティスとは何なのか?」について、ご紹介していきたいと思います。

ピラティスをテレビや雑誌などで見たことがある方は、ピラティスをストレッチやヨガに似た運動だと感じたんじゃないでしょうか。

最近になってピラティスは、体のラインや姿勢を整えるエクササイズとして知られてきていますが、もともとは第一次世界大戦で負傷したドイツ兵のためのリハビリ運動として考案されたものだそうです。

筋トレのようなハードな運動や、エアロビクスのようなリズミカルな運動と違って、普段の生活ではなかなか使われない体の奥に眠る筋肉(インナーマッスル)を意識して強化する運動なんです。

体を激しく動かすのではなく、じわじわ~っとゆっくりといろんなポーズをとって、インナーマッスルを強化していくんですね。

そのため、リハビリだけじゃなく、ケガの防止、体のラインや姿勢の矯正など、さまざまな効果があるといわれています。

ピラティスとヨガの違い

違い

ピラティスは「じわじわ~っとゆっくりといろんなポーズをとる」ということで、「やっぱりピラティスはヨガと変わらないんじゃないの?」のような疑問がわいてくると思います。

それもそのはず、ピラティスはヨガを参考にして考案された部分があるので、ヨガに似ててあたり前なんですね。

ですが、ピラティスとヨガでは、その得られる効果は少し違います。

先述したようにピラティスは、普段の生活では使われないインナーマッスルを強化する運動だとご紹介しました。

一方、ヨガは、今では健康のためにされている方も多いですが、もともとはインドで悟りを開くための修行法として行われてきたので、運動ではありませんでした。

現在では、ピラティスもヨガも健康法とされているわけで、それぞれ次のような特徴があります。

・ヨガは呼吸とストレッチに重点をおきながら、筋肉を強化する
・ピラティスは、正しい骨格を意識しながら、体幹の筋肉を整える
(出典:All About)

つまり、ピラティスとヨガは健康法ではありますが効果は異なり、自分の体をどうするのかによってピラティスをするのか、それともヨガをするのか選択する必要があるんですね。

ピラティスの凄い効果

ビックリ

ピラティスとヨガの違いが分かったところで、ピラティスをしてインナーマッスルを強化すると、私たちにどんな効果が表れるのか詳しく見ていきましょう。

1.代謝が上がってダイエットしやすい体へ

ダイエットをする上で、リバウンドせず健康的に痩せるためには代謝を上げることが大切。それは、代謝を上げると体にたまった脂肪が燃えやすくなるからです。

ダイエットの目標を達成して食事制限をやめたとしても、代謝が高く脂肪が燃えやすい体なら普通に食事をしていても太ることはありません。

しかし、代謝を上げることを無視してダイエットをすると、目標を達成した時にダイエットをやめて食事を元に戻した瞬間から、太り始めてしまう恐れがあるんですね。

そんな代謝を上げる方法はいろいろありますが、体の筋肉量を多くすることで基礎代謝を上げることもできます。

ピラティスで強化できるインナーマッスルは筋肉です。つまり、ピラティスをして普段あまり使わないインナーマッスルを強化すると、インナーマッスルが発達して筋肉量が多くなり、代謝を上げることができるんですね。

もちろん、代謝が上がればダイエットもしやすくなりますので、ダイエット中の方にはピラティスはオススメですよ。

2.体の歪みを直してきれいな姿勢をキープ

ピラティスで強化できるインナーマッスルですが、インナーマッスルの役割とは一体何なんでしょうか。

インナーマッスルの役割とは、体の関節と関節をつないで細かな動きを調整し、姿勢を整えたり体のバランスを保ったりすること。つまり、インナーマッスルを強化すると、姿勢を整えて保ちやすくなるんですね。

私たちは普段の生活で、知らず知らずのうちに姿勢が崩れてしまいがちですが、これはインナーマッスルが弱っていることが原因に挙げられます。

ですから姿勢が崩れると体が歪み、肩こりや腰痛を引き起こしてしまうんですね。

肩こりや腰痛などに悩んでいる方は、ピラティスをすることでインナーマッスルを強化して体の歪みを直すことで、肩こりや腰痛を解消できるんですよ。

3.リラックスして自律神経の乱れを正す

自律神経が乱れると、太りやすい体になるとともにストレスがたまりやすくなったり、病気にかかりやすくなったりと健康面にも問題が表れます。つまり、自律神経を正すことでこういった問題を解決できるんですね。

ピラティスはインナーマッスルを強化する運動とご紹介しましたが、ピラティス中の呼吸法にもメリットがあります。

ピラティスで行う呼吸法は胸式呼吸で、この胸式呼吸はインナーマッスルを強化するのに適しているんだそうですが、この呼吸と自律神経は密接に関係しています。

例えば私たちがストレスを感じた時、呼吸が浅くなります。これはストレスを感じたことで自律神経に乱れが生じて、呼吸に影響が出た結果なんですね。

普段からストレスを感じている方は呼吸が浅くなっているので、ピラティスで深い呼吸をすることでリラックス効果を得て、自律神経の乱れを正すことができます。

4.固い体を柔らかくしてケガ防止

体が固いと、引き起こしやすくなるのが「ケガ」です。

例えば、お相撲さんは相撲の取り組みで、土俵の上から下へ転げ落ちたりしてますが、落ちてもあまり怪我をすることはありませんよね。

その理由は、体が脂肪で守られているのもありますが、お相撲さんはケガをしないようにしっかり柔軟をしていて、体が柔らかいからなんです。

ピラティスをするといろいろなポーズをとったりしますが、このポーズの1つ1つが固くなった体を柔らかくする効果があります。

年を重ねていくと、ちょっとしたことで転んだりしますが、ピラティスで体を柔らかくしておくことでケガをしにくい体を作ることができるんですよ。

5.血流が良くなって冷え性改善

体が固い人というのは、体の柔らかい人と比べると血流が悪く、代謝低いといわれています。

これは筋肉が全身へ血液を送るポンプの役割をしていて、筋肉が固いとポンプの役目が弱まってしまい、代謝が落ちて血流が弱まってしまいます。

血流が弱まると、手足の指先まで血液が届きにくくなって、冷え性の原因となります。

ですので先述したように、ピラティスには体を軟かくする効果もありますので、固くなった体を柔らかくすることで血流を良くし、末端まで血液を届けて冷え性を改善することができます。

冷え性に悩んでいる方には、ピラティスすることをオススメしたいですね。

スポンサーリンク

ピラティスにチャレンジしてみよう

スタート

さて、ここまででピラティスとその効果についてご紹介していましたが、ピラティスについてお分かりいただけたでしょうか?

もしかしたら、「私もピラティスをやってみよう!」と、思われているかもしれませんね。

ここからは、実際にピラティスとはどういうものなのか、見ればすぐわかる動画をご紹介したいともいます。

ちなみに、ピラティスは自宅でも簡単にできますので、よかったら動画を見てチャレンジしてみてくださいね。

まずは呼吸法を学みましょう

ピラティスの呼吸法といえば胸式呼吸でした。

ピラティスを始める前にこの胸式呼吸を学んで、効率よくインナーマッスルを強化しましょう。

また、先述したようにピラティス中に深い呼吸をすれば、自律神経の乱れを整える効果もありますので、この胸式呼吸をマスターしましょう。

お腹の脂肪を落とす

こちらは、お腹に力を入れて体を丸くして、お腹の脂肪を落とすピラティスです。

ただ単に体を丸くした状態をキープするだけなので、とても簡単にできます。

もし、このピラティスをしている最中にお尻が痛く感じるなら、座布団や薄いクッションを使ってすると良いですよ。

下腹を引き締めに効果もあります

こちらもお腹に効くピラティスですが、今度は下腹を引き締めるピラティスです。

開脚して、上半身をねじったりして行っていきますので、体の固い方には少しきついかもしれません。

できる範囲で構いませんのチャレンジして、だんだん体を柔らかくしていきましょう。

下半身のシェイプアップ

こちらは、四つん這いになって足を持ち上げることで、下半身をシェイプアップしていくピラティスです。

しっかり胸式呼吸をしながら体のバランスをとることで、下半身をシェイプアップしていきましょう。

お腹と太ももを同時にシェイプアップ

こちらは、お腹と太ももを同時にシェイプアップするピラティスです。

仰向けになって行い、体のバランスと柔軟性が必要になりますので、レベルは高いかもしれません。

下腹部、太ももの前面、膝裏に負荷がかかりますが頑張ってチャレンジしてみましょう。

上半身シェイプアップ

最後に腕を動かすことで肩甲骨まわりを動かし、上半身をシェイプアップするピラティスです。

肩こりに悩んでいる方は、このピラティスをすると良いですよ。

スポンサーリンク

インナーマッスルを鍛えて代謝を上げる記事

次の記事では、インナーマッスルを鍛えて代謝を上げる方法が紹介されていますで、気にいっていただいたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

以前、次の記事でヨガについて書かさせていただきました。

おうちヨガでダイエット!初心者でも効果が出る簡単ポーズ10選
ダイエット・美容・花粉症なんでも来い!ホットヨガの凄い効果9つ

この記事を見ていただくと分かるように、今回ご紹介したピラティスとヨガでは、似てはいますけど少し違いますよね。

そんなピラティスは自宅でも簡単にできて、体のバランスをとってインナーマッスルを強化して、ダイエットや健康に役立つ体を作ることができます。そして、ヨガも同じように役立ちます。

ですので、「ピラティスとヨガがのどちらがダイエットに良いのか」というわけではなく、それぞれの目的にあう方を選んでダイエットをしていただければと思います。

さて、あなたはピラティスとヨガ、どちらを選びますか?

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ピラティスでダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 徹底!お腹ダイエットでくびれを手に入れる簡単エクササイズ4選

  • ウォーキングのダイエット効果を上げる!歩き方のポイント5つ

  • 安心して跳べる!エア縄跳びダイエットに効果的な跳び方5選

  • 1日10分でOK!フラフープダイエット7つの効果とやり方

  • 小尻ならおまかせ!簡単にできるお尻を小さくする方法5つ

  • ラクで簡単!スロージョギングのダイエット効果6つ&走り方