1. TOP
  2. 唐辛子を超える?脂肪燃焼する食べ物「ラズベリー」の凄い6つの効果

唐辛子を超える?脂肪燃焼する食べ物「ラズベリー」の凄い6つの効果

 2015/04/16 食事   11,443 Views
脂肪燃焼する食べ物ラズベリー

あなたは、脂肪を燃焼させる食べ物といったら、どんな食べ物を思い浮かべるでしょうか。

多くの方が、さまざまな食べ物を思い浮かべると思いますが、その中で唐辛子を思い浮かべた方もいらっしゃると思います。

唐辛子にはカプサイシンを含んでいるので、このカプサイシンを摂ると体の中から温まり、脂肪燃焼効果があるといわれています。ですが、この唐辛子をはるかに超える脂肪燃焼効果を持つ食べ物があるんですよ。

その食べ物とはラズベリー。ラズベリーには脂肪燃焼効果を含め、ダイエットするのにありがたい効果がいくつもあるんです。

ということで今回は、脂肪燃焼する食べ物であるラズベリーの凄い効果についてご紹介します。

スポンサーリンク

ラズベリーとは?

ラズベリー

ラズベリーは果物で、名前ぐらいは耳にしたことがある方も多いと思いますが、いったいどんな果物なんでしょうか。少し簡単にご紹介したいと思います。

ラズベリーは木イチゴの仲間。北半球の温帯地域にある国々で栽培されて、日本にはアメリカ・カナダ・メキシコなどから輸入をしています。とくに輸入されているラズベリーの80~90%はアメリカ産なんですよ。ちなみにラズベリーは、フランスでは「フランボワーズ」と呼ばれています。

ラズベリーは果汁が多く甘酸っぱいのですが、生で食べると甘味が少ないため、ジャムやケーキ、タルトにして食べられることが多いんですね。

そして含まれる栄養は、ビタミンやミネラルなどがバランス良く含まれているため、健康に良い食べ物とされているんですよ。

ラズベリーの凄い効果

うれしい

冒頭でお伝えしたように、ラズベリーは唐辛子をはるかに超える脂肪燃焼効果があるといわれています。では、実際にラズベリーにはどんな効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

1.脂肪燃焼効果は唐辛子の3倍

ラズベリーには、「ラズベリーケトン」という芳香成分を豊富に含んでいます。じつは、このラズベリーケトンに脂肪を燃焼させる効果があるといわれているんですね。

ラズベリーケトンは、脂肪を燃焼させる効果のある酵素であるリパーゼを脂肪と結びつけて、脂肪の分解を助ける効果があります。この脂肪分解効果は、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンの3倍もあり、とても強力なんです。

なのでラズベリーを食べれば、唐辛子を食べるよりも脂肪が燃焼して落ちやすくなって、ダイエットにつなげられます。また、もしあなたが唐辛子が苦手だったら、なおさらラズベリーを食べて脂肪燃焼効果を得ると良いですよ。

2.筋肉を大きくして代謝を上げる

先述したようにラズベリーのラズベリーケトンは、脂肪をの分解を助ける効果がありますが、脂肪は分解されると遊離脂肪酸とグリセロールに分けられます。

このうち遊離脂肪酸は血液にのって運ばれ、筋肉のエネルギーになったり筋肉をつくる材料になったりします。つまり、遊離脂肪酸は筋肉を大きくする効果があるんですね。

筋肉が大きくなれば代謝が上がって消費エネルギーが増えて、ダイエットがしやすくなります。さらには、筋肉が大きくなることで体が引き締まりますので、体のラインが整って美しく見えるようになりますよ。

3.生活習慣病の予防

ラズベリーは、果物の中でも食物繊維を豊富に含んでいます。その食物繊維は「ペクチン」という水溶性の食物繊維なんですね。

ペクチンは体の中に入ると、コレステロールが腸で吸収されるのを抑える効果があります。なので血液中のコレステロールも抑えることができ、コレステロールが原因で起きる動脈硬化を予防できます。

動脈硬化は、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞などの生活習慣病を招きます。つまり動脈硬化を予防は、生活習慣病の予防にもなるんですね。

4.血糖値の上昇を緩やかになって太りにくくなる

食事をする時に急激に血糖値が上昇すると、その後に口にしたものが脂肪として体にたまりやすくなります。ですので食事をして体に脂肪をためにくくするには、血糖値の上昇を緩やかにする必要があるんですね。

先ほど登場した水溶性の食物繊維であるペクチンは、血糖値の上昇を緩やかにする効果があります。というのも、ペクチンは体の中に入ると水分を吸収して粘り気が出るので、ペクチンが体の中にある状態で食事をすると、食べたものがゆっくりと腸に向かうようになります。

すると血糖値を上昇させる糖質もゆっくり腸へ向かうため、糖質の吸収が緩やかになって、結果的に血糖値の上昇も緩やかになるんですね。

このことから食前にラズベリーを食べてペクチンを摂っておけば、その後の食事で脂肪がたまりにくくなって太りにくくすることができるんです。

次の記事では、血糖値と太る仕組みについて詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

やり過ぎは危険?炭水化物抜きダイエットを賢く効果的に行う方法5つ

5.眼病予防

ラズベリーにはポリフェノールが豊富に含まれています。このポリフェノールには眼病予防に役立つとされるんです。

ラズベリーに含まれるポリフェノールは、「アントシアニン」と呼ばれるポリフェノール。アントシアニンは強い抗酸化力を持っているため、白内障や緑内障などの眼病を予防する効果があるといわれているんですね。

例えば白内障に関していうと、アントシアニンが目の水晶体が太陽の紫外線から受けるダメージから守るため、白内障を予防できるんだとか。マウスを使った実験で、マウスにアントシアニンが含まれているえさを与えたところ、白内障の進行が緩やかになったんだそうです。

さらにはラズベリーは目の疲れや視力の改善にも効果があるということで、日頃から目を使い過ぎている方には、ぜひラズベリーを食べていただきたいですね。

6.アンチエイジング効果

ラズベリーはビタミンEを含んでいて、先ほどのアントシアニンと一緒にアンチエイジングにも効果を発揮してくれます。

ビタミンEとアントシアニンは、老化の原因とされる体内の活性酸素を抑える働きがあるため、活性酸素による細胞の老化を防ぐことができるんですね。

さらにビタミンEとアントシアニンは血行を促進する働きもあります。なので、肌のハリやツヤを与えることもできるんですよ。

スポンサーリンク

ラズベリーで脂肪燃焼させるなら「ラズベリー酢」

VAAMを飲む

さて、ここまででラズベリーがもたらす効果について、分かっていただけたと思います。

そんなラズベリーの効果を得たいなら、積極的にラズベリーを食べればよいのですが、じつはラズベリーとお酢を組み合わせた「ラズベリー酢」をつくることで、より脂肪燃焼効果を高めてダイエットできるんですよ。

ということで、ここからはラズベリー酢の作り方の飲み方についてご紹介します。

ラズベリー酢の作り方

では早速、ラズベリー酢の作り方をご紹介します。とても簡単な方法ですので、材料をそろえて実践してみましょう。

<材料>
ラズベリー:200g
黒砂糖  :150g
黒酢   :350ml

<作り方>

1.密閉できる容器を用意する

2.容器にラズベリー・黒砂糖・黒酢を
  入れる

3.ラズベリーを入れた容器を冷蔵庫に
  入れて、2週間待つ

以上となります。とても簡単ですよね。

ちなみに、お酢として使う「黒酢」にもダイエット効果があります。というのも黒酢にはアミノ酸やクエン酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるんです。

そのため黒酢は

・ダイエット
・便秘解消
・むくみ解消
・生活習慣病予防
・疲労回復
・冷え性改善
・美容効果

などの効果があるんですね。

つまりラズベリー酢を飲めば、先ほどご紹介したラズベリーの効果と黒酢の効果を一緒に得ることができるので、ダイエット効果が非常に期待できます。また黒酢が苦手な方でも、ラズベリー酢にすることで飲みやすくなりますよ。

次の記事では、黒酢のダイエット効果について詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

ダイエットから美容まで何でも来い!黒酢の凄すぎる6つの効果

ラズベリー酢の飲み方

食前に飲む場合

ラズベリー酢の飲み方はいろいろありますが、ラズベリー酢を炭酸水で割って飲むのがベストな方法です。

先述したように、ラズベリーには水溶性の食物繊維が含まれているため、食前にラズベリー酢を飲めば血糖値の上昇が緩やかになって、その後の食事で太りにくくなります。また炭酸水も食前に飲めば、胃が炭酸で膨らんで満腹感を得られるようになるため、その後の食事量が抑えられます。

つまり食前にラズベリー酢を炭酸しいで割ったもの飲めば”血糖値の上昇を緩やかにして食事の量を抑えられる”、ダイエットをする方には本当にありがたいスーパードリンクに大変身するんですね。

食事をする10分前にラズベリー酢の炭酸割りを飲む。ぜひこの飲み方にチャレンジしてみてください。

運動前に飲む場合

さらにはラズベリー酢を運動をする前に飲むのも良いですね。ラズベリー酢を飲めば、脂肪が分解されて先勝されやすい状態になっています。

なので、ラズベリー酢を飲んでからウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をすれば、より脂肪が燃焼してダイエット効果がアップするんですね。

ラズベリー酢は運動をする30分前に飲むようにしましょう。30分前に飲めば十分脂肪が燃焼しやすい状態になっています。

そして運動前に飲む場合は炭酸水で割らないこと。炭酸水で割ったものを飲むとお腹が膨らんで、運動に支障をきたしてしまいますから、水で薄めて飲むようにしましょう。

ラズベリーが手に入れにくい

正直なところ、ラズベリーはスーパーなどではあまり売られていません。スーパーで売っていたとしても、冷凍されたものがほとんどだそうで、なかなか手に入りにくいんですね。

ですのでラズベリーを手に入れるには、ネットショップや通販を使うのが便利。ちなみにネットショップや通販でも生のものは売られていませんので、冷凍されたラズベリーになります。

またラズベリー酢をつくるのが面倒臭い場合は、すでにつくられたラズベリー酢がネットショップなどで売られていますので、そちらを購入されるのも良いですよ。

スポンサーリンク

痩せるの食べ物の関連記事

次の記事でも、痩せる食べ物につい得紹介していますので、ぜひラズベリーと一緒に食べてダイエットしていきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ラズベリーは、ケーキなどのお菓子をじゃないとあまり口にしない食べ物だと思います。

ですが、脂肪燃焼効果や健康面や美容面にも良いとなると、積極的に食べたくなりますよね。

さすがにケーキと一緒にラズベリーを食べても逆に太ってしまいますので、ラズベリーをそのまま食べたり、ラズベリー酢にして飲むようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

脂肪燃焼する食べ物ラズベリー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 野菜の代わりになる?野菜ジュースで効果的にダイエットするコツ5つ

  • ダイエットの強い味方!簡単にできる「おから」のレシピ27選

  • 食べて、飲んで、痩せる!内臓脂肪を減らす食べ物と飲み物12個

  • 血流アップで痩せる!血液サラサラにする食べ物&飲み物8選

  • 痩せる食生活6選!食事で脂肪燃焼してダイエットしよう!

  • コンビニで買える!ダイエット中の間食に良いおやつ6個