肋骨を締める4つの方法で簡単ダイエット!

rib-fasten

ダイエットしても痩せられないことってありますよね。

痩せられいない原因はいろいろありますが、「肋骨」もそのひとつ。肋骨が広がっていると痩せられなくなるのだとか。

逆に、広がった肋骨を締めると痩せることができるのですが、なぜなんでしょうか?

そして、どんな方法で肋骨を締めるのでしょうか?

スポンサーリンク

肋骨が広がるとこうなる!

太る4

加齢や悪い姿勢がクセになると、肋骨が横へ開きやすくなります。すると、通常は肋骨の中におさまっているはずの内臓の位置が下がってしまいます。

その結果、胴まわりが太くなる「ずん胴体型」になってしまうです

肥満というと、食べ過ぎがほとんどの原因になりますが、この場合はあまり関係ないんですね。

効果は?肋骨を締めるとどうなる?

ウエスト4

今までダイエットしても痩せなかったのに、肋骨を締めると痩せられる。その具体的な効果について見ていきましょう。

くびれを作る!

くびれの作り方

まずは何といっても、くびれを作る効果です。

肋骨を締めることで、下がった内臓を肋骨の中に戻して固定することができます

内臓の位置が上がった分、胴まわりがスッキリしてずん胴体型を解消!くびれを作ることができるんですよ。

代謝アップで痩せやすくなる

汗2

後程ご紹介する肋骨を締める方法の中に、呼吸を取り入れたトレーニングがあります。

そのトレーニングをすると、身体のインナーマッスルと鍛えることができ、体内の筋肉量が増えます

筋肉量が増えれば代謝もアップ。自然と消費エネルギーが増え、痩せやすい体づくりができるんですよ。

インナーマッスルを鍛えるとことは、ウエストの引き締めにとてもいいんですよ!

バストアップ

バスト

広がった肋骨を締めると、肋骨の幅が狭くなります。そして、アンダーバストのサイズもダウンします。

ということは胸のカップ数が大きくなり、バストアップの効果も期待できるんですよ。

肋骨を締める簡単な方法

腰

肋骨を締めるといっても、難しく考える必要はありません。これからご紹介する簡単な方法なら、無理せずに肋骨を締めることができるんですよ。

スポンサーリンク

1.ヨガの呼吸法で締める!

こちらの動画は、ヨガの呼吸法を利用した方法。

ヨガの呼吸法には「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2つがありますが、動画ではピラティスでも使われる「胸式呼吸」で肋骨を締めます。

とても簡単なんですよ。

動画解説
  1. 座ってあぐらをかきます
  2. 背筋をしっかり伸ばします
  3. 左右の肋骨に手をそえる
  4. 鼻でゆっくり息を吸って胸を広げます
  5. ゆっくり口から息を吐きながら、両手で肋骨を内側に押して締めていきます
  6. 腹筋に力を入れて息を吐き切ります
  7. 手順5~6を数回繰り返します
グッと腹筋に力を入れることで、運動をしたぐらい身体が熱くなります。汗も出るくらいなので、ダイエットに効果的です!

2.タオルで肋骨を締める

こちらの動画は、タオルを使って肋骨を締める方法です。

手で肋骨を締めるよりも、タオルを使うことで弱い力で締められるため、女性にオススメです。

動画解説
  1. 足を肩幅程度に開いて立ちます
  2. 上半身を少し前に倒します
  3. タオルを肋骨に巻き付けます(みぞおちの位置ぐらいで)
  4. 鼻から息を吸います
  5. ゆっくり口から息を吐きながら、タオルの端を引っ張って肋骨を締めます(強く締め過ぎないように)
  6. 手順4~5を数回繰り返します
もし、タオルの長さが足りなかったら、2本の端を縛って長さを足すなどして工夫しましょう。

3.ストレッチで肋骨を締めやすく

こちらの動画は、肋骨を締めやすくするストレッチ。肋骨をストレッチすることで、肋骨の可動域が増えて締まりやすくなります。

また、肺活量が増えるので健康にも良く、血流が良くなって代謝のアップも期待できるんですよ。

動画解説
  1. イスに座って深呼吸をします
  2. 頭の後ろで手を組んでヒジを張ります
  3. 上半身を右側に倒して呼吸を10回します
  4. 上半身を左側に倒して呼吸を10回します
  5. 上半身を元に戻して深呼吸します
上半身を左右に倒した時、お尻を浮かせずに脇腹の伸びをしっかり感じましょう。

4.【10分間】肋骨エクササイズ

こちらの動画は、上級者にオススメの肋骨エクササイズ。呼吸から筋トレまで10分間みっちりトレーニングして肋骨を締めていきます。

体力に自信のある方は、ぜひチャレンジしてみましょう!

動画解説

エクササイズは胸式呼吸で行っていきます。

  1. ツイスト(お腹をひねります)
  2. キャットアンドドッグ(背中を丸めて肋骨を締めます)
  3. サイドクランチ(脇腹の腹筋運動で肋骨を締めます)
  4. コアトレ(インナーマッスルを鍛えます)
  5. サイドキック(肋骨を伸縮させます)
  6. サイドヒップリスト(横向きで肋骨を締めます)
かなりハードな運動です。やっていて辛くなったら、無理をせずに中断しましょう。

肋骨締めのビフォーアフター【口コミ】

ウエスト02

実際に肋骨を締めるトレーニングをして、そのビフォーアフターをSNSで披露してくれている方がいらっしゃいます。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まずは2週間続けよう!

ご紹介した肋骨を締める方法は、ある程度の期間行わないと効果が現れてきません。そこで、まずは2週間は続けてみましょう。

それで効果が感じられなくても焦ってはダメ!

焦りは精神的に自分を追い詰めてしまうため、ダイエットにいいことなんて1つもありません。

毎日コツコツ続けることがいちばん大切。

そしてある日、自分の姿を鏡で見て「あれ?くびれができたかも!」と、突然効果を実感するものなんですよ。