寝ている間に痩せる?睡眠でダイエットする方法10個

sleep-diet

昨晩、あなたはぐっすり眠ることができましたか?そして、朝スッキリ目覚めることができたでしょうか?

もしそうでないのなら、あなたの身体は太りやすくなっているかもしれません。

なぜなら、睡眠とダイエットには密接な関係があるといわれているから。

あなたが良質な睡眠をとれているのなら、寝ている間に痩せやすくなる可能性があるんです。

スポンサーリンク

なぜ良質な睡眠で痩せられるの?

睡眠

なぜ、良質な睡眠で痩せることができるのか?それには、こんな理由があるんです。

成長ホルモンが分泌される

成長ホルモンとは名前のとおり、子供が成長する時の多く分泌されるホルモン。良質な睡眠をとるとたくさん分泌され、痩せやすくなるんです。

じつは「ヤセホルモン」とも呼ばれていて、代謝のアップや筋肉の活性化を促すダイエット効果があるホルモンだから。

睡眠不足になっていると、成長ホルモンの分泌が少なくなるため、太りやすくなってしまいます。

成長ホルモンは、寝始めて3時間が最も多く分泌されます。睡眠でダイエットしたいなら、この3時間がまさに大切といえますよね。

成長ホルモンが増えるほど、消費カロリーがアップします!

食欲が抑えられる

ホルモンの中には、食欲を増進させる「グレリン」と呼ばれるホルモンと、食欲を抑える「レプチン」と呼ばれるホルモンがあります。

もし睡眠不足になると、体内のグレリンが増えてレプチンが減るため、食欲がわきやすくなります。

さらに、自律神経のバランスまで崩れるので、ストレスによるムダ食いが増えやすくなります。

なので良質な睡眠をとれば、グレリンやレプチン、自律神経のバランスが整うため、食欲が抑えられて痩せやすくなるんですよ。

活発的に一日を過ごせる

夜、熟睡することができれば、朝スッキリ目覚めることができて、身体も軽やかに活発的になります。

一日中、自然と身体が動いて、知らず知らずのうちエネルギーが消費されるため、ダイエットにとってプラスになるんです。

そして、一日の終わりにはほど良い疲れを感じ、また熟睡できるようになるんです。

まさに熟睡のループ。このループの中にあなたが入れば、身体がだんだん痩せやすくなるでしょう。

スポンサーリンク

何時に寝る?睡眠でダイエットする方法

寝る2

あなたが睡眠でダイエットをするために、とっておきの方法をご紹介しましょう。

1.7~9時間の睡眠をとる

朝

あなたの身体の中の「成長ホルモン」は、0~6時の間に最も多く分泌されます。

つまり、この時間帯に熟睡していることが大切で、7~9時間がダイエットをする上で理想的な時間といわれているんですよ。

あなたが睡眠でダイエットするなら、23時前後に寝るのがオススメ。できるなら0~6時の間は熟睡できるようにしましょう。

「一日中ただひたすら寝る」のは、身体のリズムを崩す恐れがあるのでやめましょう。昼寝はOKです。

2.18~20時に運動する

ながら運動

成長ホルモンは、運動でも分泌させることができます。とくに、18~20時の間に運動をすると、より多くの成長ホルモンが分泌されるんです。

運動はどんなものでも構いません。ダイエットが目的なら、有酸素運動であるウォーキングをすると、体脂肪が落ちやすくなります。

最も成長ホルモンが分泌される運動は「筋トレ」といわれています。

ぜひ、あなたも無理ない範囲で運動をしてみませんか?

3.毎朝、太陽の光を浴びる

朝ダイエットで痩せる習慣

睡眠でダイエットをする上で、成長ホルモン以外に大切なホルモンがあります。それは「メラトニン」といいます。

メラトニンには眠気を誘う働きがり、太陽の光を目で感じてから14時間後に分泌されるといわれているんです。

朝起きてしっかり太陽の光を浴びれば、夜にはメラトニンの働きで眠たくなります。寝付きが良くなるので、睡眠でダイエットできます。

4.寝る直前にスマホを見ない

スマートフォン

あなたの身近に、メラトニンの働きを悪くするものがあります。それはスマホの画面やテレビで使われている「ブルーライト」や「バックライト」です。

もし、あなたが寝る直前までスマホやテレビを見ているのなら、睡眠を阻害してダイエットにとってマイナスになっている可能性があるんです。

なので睡眠のダイエットの効果を上げるためにも、寝る1~2時間前までにスマホやテレビを見るのをやめましょう

5.間接照明で本を読む

間接照明

寝る1~2時間前を有効利用するために、間接照明で本を読んでみましょう。

間接照明はあなたの精神を落ちつかせ、睡眠に導く効果があるといわれているんです。

そして間接照明の光で本を読むことで、さらに睡眠へと導くため、睡眠のダイエット効果が上がるんですよ。

雑誌や漫画でも構いません。あなたの好きな物を間接照明で読みましょう。

間接照明は、白熱電球のような「暖色系」の光を出すもので、光量を調整できる調光装置が付いているものがベストです。

6.寝る前にストレッチをする

自宅ストレッチ

寝る前にストレッチをすると、1日の身体のコリをほぐすことができて血液の流れが良くなります。

さらに、自律神経への働きもあって身体がリラックスできて、眠気も出てきやすくなります。効果的に睡眠でダイエットができるんですね。

寝る前のストレッチは、10分程度で構いません。簡単なストレッチから始めましょう。

7.寝る3時間前に食事を済ます

家族で食事

睡眠の質を良くするには、お腹の中に食べ物がいっぱいでも空っぽでもダメといわれていてます。

お腹の中に食べ物がいっぱいだと、胃腸が活発に動くため、興奮状態になって寝付けなくなります。

空っぽの場合、胃腸が消化をしないため、消化で使わなくなった血液が脳にまわって脳が目覚めたままになります。

なので睡眠のダイエットの効果を上げるなら、寝る3時間前に食事を済ましてある程度お腹に食べ物を残しておくと良いんですよ

どうしても夕食の時間が遅くなる場合は、脂っこい食べ物をなるべく避けましょう。消化に時間がかかります。

8.寝る1時間前に「はちみつ」を食べる

はちみつ

睡眠でダイエットする時、寝る前に「はちみつ」を食べてみませんか?はちみつには、成長ホルモンを分泌させやすくする効果があるんです。

大さじ1杯のはちみつをコップ1杯のお湯に溶かして寝る1時間前に飲むだけOKです。

ただ食べ過ぎは注意。はちみつは100gで294kcalあるので、食べ過ぎると太ってしまいます。

9.ホットミルクを飲む

ホットミルク

寝る前のホットミルクもオススメです。

牛乳には寝付きを良くする効果があり、温めることでより眠りやすくなるため、睡眠ダイエットにいいんです。

冷たい状態だと、睡眠中にお腹を壊す恐れがあるので、できるだけホットミルクを飲むようにしましょう。

10.睡眠を補助するサプリを飲む

ダイエットサプリの選び方

どうしても、あなたが寝付きが悪いと感じているのなあ、サプリを利用するもの1つの方法です。

例えば「グリシン」「GABA(ギャバ)」「トリプトファン」といった成分は、睡眠に導く効果があり、睡眠不足の解消にも良いといわれています。

ドラッグストアなどでも、これらの成分が含まれた睡眠用サプリが置いてあります。

ただ、ダイエットのためにサプリに頼りすぎるのもよくありません。本当に困った時に、利用するようにしましょう。

スポンサーリンク

あなたの生活が変わる「睡眠」

あなたが睡眠不足になった時、いろいろ身体に不調を感じることありますよね?それだけ睡眠は、あなたの身体に影響を及ぼします。

ご紹介してきたようにダイエットはもちろんのこと、美容や健康にも。

だから、睡眠でダイエットをする方法で、あなたも熟睡してみませんか?

ただ熟睡できるだけ毎日気持ちよく過ごせたら、あなたの生活もガラリと変わるはずです!ダイエットのモチベーションがアップします!