いつ飲む?豆乳ダイエットの効果8つと正しいやり方

soy-milk

大豆から作られる飲み物といったら「豆乳」。ダイエットに良いと人気を集めています。

なぜなら、豆乳にはビックリするぐらいのダイエット効果があるから。そして、「豆乳ダイエット」というダイエット法まで生まれました。

正しいやり方で豆乳を飲むことが、とても重要なんですよ!

スポンサーリンク

豆乳ダイエットの8つの効果

痩せる3

豆乳ダイエットには8つの効果があります。どれもこれも、ダイエットする人にとってうれしい効果なんですよ!

1.食事をしても太りにくくなる

バランスの良い食事

私たちが太るほとんどの原因が「食べ過ぎ」。だから、ダイエットといったらまず食事制限から始めますよね。でも、これがなかなか難しい。

豆乳ダイエットは、そんな食事制限をラクにしてくれます。

豆乳に含まれる「大豆サポニン」は、食べ物に含まれる「脂肪」や「糖質」の吸収を抑え、さらに満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があります

食べ過ぎの予防や、体脂肪の蓄積を防いでくれるんですよ。

2.体脂肪が落ちやすくなる

太る3

身体に付いた脂肪。本当にしつこくて、鏡に映る自分の姿を見て、ため息が出ることありませんか?

そんな体脂肪を落とすのにも、豆乳ダイエットが効果的!

豆乳に含まれる「大豆ペプチド」に脂質代謝を良くする働きがあるため、体脂肪を落ちやすくしてくれるんです。

ダイエット中は、ぜひとも豆乳から大豆ペプチドを摂っておきましょう。

3.代謝を上げて痩せ体質に

汗2

ダイエットするなら目指したい「代謝のアップ」。

身体のエネルギー消費量が増えるため、ダイエット後のリバウンドの心配もなくなり、痩せ体質になることも可能です。

それができるのが豆乳ダイエット。

豆乳に含まれる「大豆タンパク質」には血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える効果があるので、血流がアップして代謝が上がります

さらに、大豆タンパク質は筋肉を大きくする栄養素にもなります。全身の筋肉量が増えて、代謝のアップにつながるんですよ。

4.疲労回復しやすくなる

背伸び

毎日、家事や仕事などでだんだん疲れがたまり、ダイエットをするのが嫌になることありませんか?

豆乳ダイエットなら、その日々の疲れをいち早く回復することができます。

なぜなら、大豆ペプチドに筋肉の疲労を回復する効果もあるから。毎日元気にダイエットができるようになるんですよ。

5.身体のむくみを解消

顔のむくみ

体重以上に太って見えてしまう身体のむくみ。顔や下半身のむくみに悩んでいる方も多いことでしょう。

そんな身体のむくみの原因の1つが「塩分の摂り過ぎ」。その摂り過ぎた塩分を豆乳ダイエットなら対処できます。

豆乳に含まれる「カリウム」に、摂り過ぎた塩分を身体の外へ排出させる働きがあります

つまり、むくみを解消させる効果があるんです。

6.便秘を解消してお腹スッキリ

便秘

女性に多い便秘。お腹が苦しくなる厄介なものです。ダイエット中に便秘になる方も少なくありません。

豆乳ダイエットには、そんな便秘解消の効果もあります。

なぜなら大豆に含まれる「オリゴ糖」が、腸内環境を良くするの善玉菌のエサになるから。

その結果、腸内の善玉菌がどんどん増えて腸内環境が改善されるんですよ。

7.美肌効果で弾力と潤いのあるお肌に

美肌2

歳を重ねれば重ねるほど、肌の弾力や潤いがなくなっていきます。

その理由は、歳とともに「エストロゲン」の分泌が減少するから。そして、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を作る力が低下するんです。

そこで豆乳ダイエットです。豆乳に含まれる「大豆イソフラボン」が、エストロゲンと同じ役割を果たしてくれます

エストロゲンの減少を防いで、逆に増やすこともできるんですよ。

8.生活習慣病を予防できる

生活習慣病

血液中のコレステロールや中性脂肪が増えると、動脈硬化が起こりやすくなり、さらには「心筋梗塞」「脳卒中」「脳梗塞」などの生活習慣病まで引きをこすといわれています。

今や生活習慣病は「現代病」とも呼ばれていますが、恐れることはありません。

豆乳の大豆タンパク質が、血液中のコレステロールと中性脂肪を抑えます。生活習慣病を予防できるんですよ。

豆乳ダイエットの正しいやり方

VAAMを飲む

豆乳ダイエットの効果をより良くするには、豆乳の選び方や飲み方など、正しいやり方で行うことが大切です。

豆乳の選び方

バランス

豆乳ダイエットは、どの豆乳を選ぶかで効果の具合が変わります。現在、市販されている豆乳には次のものがあります。

市販の豆乳の種類
  • 【無調整豆乳】
    大豆と水だけを材料にした豆乳。クセが強いですがが、豆乳の効果を最も得られます
  • 【調整豆乳/豆乳飲料】
    無調整豆乳を飲みやすくしたもの。ただし、大豆タンパク質の量が無調整の3分の1未満

豆乳ダイエットをするなら、効果の高い無調整豆乳がオススメ。もし、無調整豆乳の味がダメなら、調整豆乳か豆乳飲料に変えて様子を見ましょう。

豆乳の一日の摂取量

計量

豆乳がダイエットに良くても、摂取量に注意しないといけません。

じつは、豆乳を飲み過ぎるとホルモンバランスが崩れてしまうため、骨粗しょう症や女性の場合「生理が遅れる」などの生理不順になる恐れがあるんです。

ですので、1日の豆乳の摂取量は200~400mlにしましょう。キッコーマンの小さな紙パックの豆乳なら1日1~2本が適量になりますね。

豆乳ダイエットは、1日の決められた量を守って毎日飲み続けることが大切です。

豆乳を飲むベストタイミング

ランチタイム

豆乳を飲むタイミングは、摂取量さえ守ればいつでも構いません。ただ、効果を上げるベストなタイミングがあります。

その豆乳を飲むベストタイミングは、食事をする20~30分前

その後に食べたものが脂肪になりにくくなりますし、お腹が膨らみやすくなって食べ過ぎを予防できます。

とくに食べ過ぎを起こしやすい「夕食前」に飲むことをオススメします。

朝食を食べる時間がない時、豆乳で置き換えるのもアリ です。

スポンサーリンク

豆乳ダイエットと相性の良い食材

食材

豆乳にほかの食材を混ぜることで、豆乳の効果を上げることができます。味を変えることができるので、豆乳が苦手な方にもおすすめですよ。

きな粉

きなこ牛乳の効果

きな粉は、豆乳や豆腐と同じ大豆からできてるため、豆乳との相性は抜群です。

豆乳にきな粉を混れば、大豆のダブルパワーでダイエット効果を上げることができます

とくに、通常の豆乳よりもお腹が膨らみやすいので、食べ過ぎに悩んでいる方は、ぜひきな粉を混ぜて飲んでみてはいかがでしょうか?

バナナ

バナナ

バナナは、栄養が豊富でダイエットに良いとされる食材です。

とくに含まれる「ビタミンB群」は体脂肪をたまりにくく落としやすくするなど、豆乳に似た効果を持っています

豆乳にミキサーにかけたバナナを入れれば、より素晴らしいダイエット効果が期待できるでしょう。

朝食の置き換えにもおすすめです。

 ココア

ココア

ココアは豆乳と同じように、満腹中枢を刺激して食欲を抑える効果があります。

さらに、ココアに含まれる「ポリフェノール」や「デオブロミン」は、血管を拡張して血流を良くする働きがあるため、代謝のアップも期待できるんです。

豆乳にココアを混ぜれば、その効果は倍増です!

ちなみに、ココアは無糖のものを使ってください。

豆乳ダイエットに役立つレシピ

レシピ

豆乳をただ飲むだけじゃなく、料理やおやつに利用するだけでもダイエットに役立てることができるんです。

そこで、オススメのレシピをご紹介しましょう。

簡単アレンジ「美肌豆乳スープ」

美肌豆乳スープ

豆乳をベースに、味噌・えのき・レタスなどを入れた簡単なスープ。

味噌・えのき・レタスはダイエットはもちろんのこと、美肌効果もある食材なので、ぜひダイエット中の食事に一品、加えてみてはいかがでしょうか?

レシピ→フォローアップ!豆乳寒天 by もぎゅmogyu 【クックパッド】

簡単おやつ「豆乳寒天」

豆乳寒天

ダイエット中なら小腹が空くことがあるはず。そこでオススメなのが「豆乳寒天」です。

水・豆乳・寒天・ミルク粉しか使っていないので、豆乳ダイエットにピッタリなおやつなんですよ。

レシピ→フォローアップ!豆乳寒天 by もぎゅmogyu 【クックパッド】

レモンで爽やか「豆乳鍋」

豆乳鍋

豆乳は、鍋のベースとしても人気。「豆乳鍋」と呼ばれ親しまれています。

こちらの鍋は鶏団子やレモンを使い、ビタミンC・イソフラボン・コラーゲンをたくさん摂れることから美肌効果があるそうですよ。

レシピ→簡単うまい!鶏肉団子の豆乳レモン鍋 by マカロン【クックパッド】

スポンサーリンク

正しいやり方で一歩ずつ進めよう!

私もダイエット経験があり、一度失敗しています。その原因は「焦り」からくるものでした。

「早く痩せたい!」という気持ちが抑えられず、無理してしまったんですね。

どんなに素晴らしいダイエット法でも、「焦り」が台無しにすることがあるわけです。

豆乳ダイエットも一緒です。とくに摂取量を間違うと、健康を損ねることがあります。

毎日、正しいやり方でコツコツと豆乳ダイエットを続けていく。

そうすれば、必ずあなたはダイエットの成功へ近づいていきますので、安心して進めていきましょう。