1. TOP
  2. 運動
  3. 腹筋500回=スクワット15回?効果的にダイエットできるスクワット

腹筋500回=スクワット15回?効果的にダイエットできるスクワット

 2015/01/06 運動   41,837 Views
驚きのスクワット

あなたは信じますか?

腹筋を500回するのと、スクワットを15回するのが同じ運動の効果があるということを。

腹筋を500回やるなんて無理…。せいぜい50回ぐらいが限界じゃないでしょうか。

逆にスクワットを15回やるのは簡単ですよね。何十回もスクワットをやるのと比べれば全然楽です。

どうして、きつい腹筋500回と楽なスクワット15回が同じなのか…。今回はこの謎を解き明かすのと一緒に、効果的なスクワットをご紹介します。

スポンサーリンク

「腹筋500回=スクワット15回」の理由

疑問

ダイエットを始めると体重が落ち始め、だんだん脂肪も減っていきます。

脂肪は「お腹だけ」とか「足だけ」のように部分的に減ることはなく、全身まんべんなく減っていきます。

よく部分痩せというのがありますが、ある体の一部分だけの脂肪が減って痩せるわけじゃなく、一部分を筋トレやむくみを解消して”引き締める”というのが正しいです。

よっぽどきつくて激しい筋トレをしないと、気になる部分の脂肪を落とすことは不可能んですね。

じゃあ、「ダイエットで筋トレなんてしなくてもいいじゃん」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

脂肪を減らすのは食事制限と有酸素運動で。そして、筋肉を増やして基礎代謝を上げて、痩せやすい美しい体を作るのが筋トレなんです。

ダイエット中の筋トレは大切なんですよ。

で、人間の体で筋肉の占める量が多いのが下半身で、下半身には

・大臀筋
・大腿四頭筋
・ハムストリングス

といった、体の中で大きな部類に入る筋肉が下半身に集中しています。

つまり、上半身の筋肉を鍛えるよりも、下半身の筋肉を鍛えた方が増える筋肉の割合が多くなる。

腹筋を500回やって腹筋だけを鍛えるのと、スクワットを15回やって先程の大臀筋、大腿四頭筋、ハムストリングスを鍛えるのとでは、増える筋肉の割合が同じになるというのも納得ですよね。

スクワットはベスト・オブ・筋トレ

ナンバーワン

前項でスクワットは腹筋だったり、腕立て伏せだったり、いかにもつらそうな筋トレよりも楽なのに、ダイエット効果がいちばんあることを分かっていただけたともいます。

ですが、まだまだスクワットには、こんなありがたいことがあるんですよ。

それは、スクワットをして下半身を鍛えると…

・血行促進
・リンパの流れが良くなる
・冷え性改善
・むくみ解消

などの効果もあります。これはダイエットをする方にとってはうれしい効果ですよね。

またスクワットは、腹筋や腕立て伏せと比べて、立つスペースがあればどこでもできます。

例えば…

・交差点で信号待ちしている時
・エレベータを待っている時
・電車を待っている時

などなど、人の目が気になるところもありますが、スクワットできる場所はどこにでもあります。

まさにスクワットは、ベスト・オブ・筋トレといっても過言じゃないですよね。

スポンサーリンク

ダイエットに良いスクワットはコレ!

OK

では、早速、ダイエットに良いスクワットをご紹介したいと思います。

独自の方法でスクワットをしても良いですが、ネット上では効果的な多くのスクワットが紹介されていますので、それを見習って効率よく痩せましょう。

1.正しいスクワットをしてダイエット

まずは、正しいスクワットのご紹介です。スクワットで効果を出すためにはルールがあって、例えば

・腰を落とした時、ももは地面に平行

・腰を下ろした時、膝がつま先より前に
 出てはダメ

・腰を上げた時に膝を伸び切ってはダメ

というのがあります。

動画では、そういったスクワットの細かいところまでやり方を教えてくれるので、まずはスクワットの基本を学んでみましょう。

2.お腹と背中の脂肪まで落とすスクワット

このスクワットは下半身を鍛えるだけじゃなく、上半身の動作も加えてお腹と背中の脂肪までを落とす、一石二鳥のスクワットです。

先程のスクワットと比べるとだいぶ変則的ですが、やっていると下半身だけじゃなく、お腹と背中が熱くなってきて脂肪が燃焼しているのが感じられます。

よりダイエット向きのスクワットなので、オススメですよ。

3.話題のスロトレのスクワットで脂肪燃焼

次はスロースクワットです。筋トレは回数ではなく、どれだけ筋肉に負荷をかけるかが大切だといわれています。

その点に注目した筋トレがスロートレーニング(スロトレ)です。スロートレーニングをして体脂肪を減らそうという書籍がたくさん出回っていますが、それだけスロートレーニングはポピュラーなものになっています。

スクワットの回数を少なくして効果を上げたい方は、こちらをどうぞ。

4.きついけどダイエットに良い「ブルガリアンスクワット」

こちらのスクワット、徹底的に下半身を追い込むスクワットです。なので、下手するとケガをする恐れがありますので、できる範囲で行ってください。

私も以前、テレビを見ていて同じようなスクワットを知って、チャレンジしてみました。

私は下半身に自信があったのですが、たった10回で悲鳴を上げてしまいました。

このスクワットをマスターできるぐらいになれば、間違いなく基礎代謝を上がっていることと思いますので、いずれはできるようになりたいスクワットですね。

スポンサーリンク

ダイエットに役立つトレーニングの関連記事

次の記事では、スクワット以外のダイエットに役立つトレーニングを紹介しています。お腹痩せや体幹を鍛えるトレーニングもありますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最初に、「腹筋を500回するのと、スクワットを15回するのが同じ運動の効果がある」といわれた時、疑問がわいたんじゃないかと思いますが、その理由を聞いてみたら納得されたんじゃないでしょうか。

下半身を使った運動をした方が基礎代謝も上がりやすく、ダイエットで痩せることができる。

ということで今回は、下半身の強化にいちばん効果があるスクワットをご紹介しました。

またスクワットだけじゃなくウォーキングだったり、ジョギングするのも、有酸素運動+下半身強化になって痩せることができますので、スクワットが嫌だという方はウォーキングなどをしていただければと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

驚きのスクワット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 1週間で効果を実感!脚やせダイエットできるエクササイズ12選

  • 自宅で50回するだけ!レジ袋をキックする簡単ダイエットの方法

  • 1日3分でOK!5つの寝る前のストレッチでダイエット

  • バランスボール5つの効果と使い方/ダイエットに良いサイズは?

  • 一緒に脂肪も燃やす!簡単にくびれ美人になる1分間ストレッチまとめ

  • 運動嫌いでもできる!ダイエットに効く痩せるストレッチ6選