1. TOP
  2. 絶対痩せるための7カ条・ダイエット成功の秘訣はコレだ!

絶対痩せるための7カ条・ダイエット成功の秘訣はコレだ!

 2015/01/05 ダイエット成功の秘訣   15,605 Views
ガッツ

どうしてもダイエットを続けられない…痩せられない…。

あなたは、ダイエットでこんな悩みを抱えていませんか?

ダイエットというのは、ある日突然5キロ、10キロも体重が減るわけじゃなく、徐々に体重が減っていきます。

だから、いろんなダイエット法を知っていても、続けないと成功できません。これは断言できます!

では、どうしたらダイエットを続けて成功できるのか…。

今回は、ダイエットに成功するための秘訣である、絶対に痩せるための7カ条をご紹介しますので、あなたのダイエットにお役にたてたらと思います。

スポンサーリンク

1.簡単なことからダイエットを始める

スタート

「さあ、ダイエットを始めるぞ!」とダイエットを決心した時、ついついいれ込んでダイエットされる方って多いですよね。

例えば、突然、食事の量をいつもの7分目にしたり、5キロのジョギングを始めたりなど、ついつい無理をしてしまうじゃないでしょうか。

こういった突然無理してダイエットを始めると心にも体にも重い負担がかかって、よっぼど意思が固い人でしか長続きしないですよね。

そこで、ダイエットを長く続けるために、ダイエットを始めた時はまず簡単なこと始めてみましょう。

簡単なことから始めて、それを確実にこなしていくことで、ダイエットをする習慣を自分の体に覚えさせていくんです。するとダイエットが自分の生活の一部になって、いつまでも長く続けられるようになります。

そうなれば、もうダイエットに成功したのも間違いなし!絶対に痩せられますよ。

2.ダイエットに対する意識を変える

楽しい

ダイエットは成功して痩せれば「うれしい!」と感じるでしょうが、ダイエット中だったりダイエットを始める前は「苦しい」と感じることも少なくありません。

「ダイエットは苦しくて辛い」と感じるなら痩せたい気持ちがあったとしても、いつまでたってもダイエットを始められないし、続けられないですよね。

だから、逆にダイエットは「楽しい!」と思えるように意識を変えることができれば、長く続けられるのですが…。どうしたら、そう思えるようになるんでしょうか?

その答えは、先程の”ダイエットは簡単なことから始める”にヒントが隠されています。

簡単なことを始めて、毎日確実にクリアすることができれば、それはダイエットに成功していることになります。

小さな成功かもしれませんが、小さな成功を積み重ねることでモチベーションも上がるし結果も付いてくるので、だんだんダイエットが楽しくなってくるんですね。

あと、体重計の数字に敏感に反応しないことも大切です。

ダイエット中の体重はずっと右肩下がりに減っていくわけじゃなく、増減をくりかしながら減っていくもの。なので、ちょっと体重が増えただけでガッカリしててもきりがないですし、心も疲れてしまいます。

そうならないためにも体重計で体重を計った時は、前日よりも1カ月前の数字と比べてどうなったかを意識するようにしましょう。これもダイエットに成功するために秘訣ですよ。

3.ストレスをためない

ストレス解消

私たちは、人間関係や仕事などでストレスがたまりやすくなってます。

ストレスは

食欲のコントロールには様々な神経伝達物質やホルモンが関係しており、ストレスによってそれらのバランスや機能が乱されると過食の状態を引き起こしてしまう

恐れがあるんです。

ストレスが原因で食べ過ぎて太ってしまった方の話をよく耳にしますが、このような原因があったんですね。

また、人間はストレスを感じると、身を守るためにエネルギーを使うようになって、食べものを消化するエネルギーが抑えられます。すると、ストレスを感じている時にたくさん食事をしてしまうと消化不良を起こしてしまうんですね。

消化不良で胃腸の働きが悪くなると基礎代謝が下がって、太りやすくなってしまいます。

だから、なるべくストレスをためない生活を送るように心がけましょう!といってもストレスと無縁な生活なんてありえないので、ストレスがたまったら趣味などで発散しましょう。

どうしてもストレスが発散できない時は、消化の良いものを食べるようにしてみてくださいね。

4.停滞期でも諦めない

停滞期脱出

ダイエットに失敗しる原因のNo.1に挙げられるのが、停滞期ですよね。

ダイエットをしていて停滞期に突入すると、何をやっても体重が減りません。逆に、停滞期中に食べ過ぎてしまうとリバウンドしてしまいます。

停滞期に突入する原因は、短期間で体重が減ったことで体が身を守ろうとするホメオスタシス効果が発動することにあります。簡単にいうと体が飢餓状態になったと思って、エネルギーの消費を抑えようとするんですね。

ホメオスタシス効果が発動する条件は一般的にダイエットを始めて1カ月前後か、短期間で元の体重の5%(60キロの方なら3キロ)で減った時といわれています。また、停滞期の期間も人それぞれ。

だから、もしダイエットをしていて体重が減らなくなった…、停滞期に突入した…と思っても、自分のしてきたダイエットを信じで諦めず続けましょう!

ちなみに「停滞期なんて嫌だ!」という方は、1カ月で1キロ体重が減るぐらいのスローペースなダイエットをすれば、停滞期を回避できますよ。

スポンサーリンク

5.退路を断つ

ガッツ

ダイエット中で、元の体重に戻らないようにする方法があります。それは…

太っていた時に着ていた服を全部捨てる

方法です。つまり、自分の退路を断つ方法ですね。

太っていた時の服を全部捨ててしまっては、もし、また太った時は服を買いなおさなければなりません。

そう思うと、「二度と太れない!」という気持ちが強くなって、ダイエットによりいっそう力が入りますよね。

じつは私もダイエット中に太っていた時の服を全部捨てて、逆に痩せたら着たい服を買いました。そしたら、ダイエットのモチベーションが上がって無事痩せることができたので、オススメの方法ですよ。

6.ダイエットをすると宣言する

手を挙げる

ダイエットを始めるときに、家族や友人、会社の同僚などに宣言するのもいいですね。

さらに、「ダイエットをやめてしまったら夕食をおごるよ」ぐらいの約束をするもいいかもしれません。

そうすれば自分がダイエットをする決意も固くなりますし、損したくないですからね。

ただ、期限を設けるようなことはやめましょう。なぜなら、期限を設けると期限がプレッシャーになって、過度なダイエットをしてしまう恐れがあるからなんです。過度なダイエットはリバウンドする可能性大。

まわりの人には「ダイエットします」とだけ言ってみましょう。

7.食事の食べる順番を考える

やり方

他の記事でも紹介していますが、食べものの食べる順番を考えて食事するだけでも、ダイエット効果を得られます。

食物繊維→たんぱく質→炭水化物

の順番で食事をすると、血糖値の上昇が緩やかになって痩せやすくなります。

というのも、最初に炭水化物を食べると血糖値が急上昇し、血糖値を抑えようとインスリンが分泌されます。

このインスリンは血中の糖をエネルギーに変えようとしますが、糖の代謝が追いつかなくなると、余った糖を脂肪として蓄えようとするので、太ってしまうんですね。

だから先程の順番で食事をして糖質の吸収を緩やかにして、インスリンが糖の代謝をしっかりできるようにするのが大切なんです。

この方法なら自宅はもちろんのこと、外食をした時でもできますし、ダイエット効果も感じられやすいのでオススメです。

スポンサーリンク

継続してダイエットできる関連記事

次の記事では、継続してダイエットできる方法について紹介しています。ダイエットは、継続さえしていれば必ず痩せることができますので、ぜひご覧ください。

まとめ

いかがだったでしょうか?

いろんなダイエット法を知っていたとしても、気持ちがついてことなかったらダイエットに成功して痩せることなんてできません。

それだけダイエット中のやる気やモチベーションを保つことが、ダイエット成功の秘訣なんですね。

今回ご紹介した7カ条を実践できれば、絶対に痩せることができますので、どれか一つでもチャレンジしてみてください。

今までうまくいかなかったダイエットが、急に上手くいくようになりますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

ガッツ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お菓子を我慢する!ダイエット中の間食をやめる方法8選

  • 痛みを解消して代謝アップ!超回復を促す筋肉痛の治し方5つ

  • ダイエットのモチベーションが上がる!「痩せてよかったこと」まとめ

  • 元気にダイエットする!疲れやすい体を体質改善する方法6選

  • 必見!ダイエット中の停滞期を脱出するチートデイのコツ6つ

  • もう大丈夫!ダイエット中の停滞期を脱出する6つの方法