1. TOP
  2. 食事
  3. 杜仲茶の効能6つ/ダイエット効果のある飲み方もご紹介!

杜仲茶の効能6つ/ダイエット効果のある飲み方もご紹介!

 2018/03/03 食事   93,763 Views
tochu-tea

お茶の種類には、ダイエット効果があるものがあります。もし、お茶を飲んで痩せられるなら、こんなにうれしいことないですよね。

そんなダイエットに良いお茶の仲間の1つが「杜仲茶」です。

杜仲茶は、コンビニやスーパに行けば手に入れることができますが、なぜダイエットに良いんでしょうか?

そして、その他にもどんな効能があるんでしょうか?

ということで今回は、杜仲茶の効能とダイエットに効果のある飲み方についてご紹介します。

スポンサーリンク


【監修医師】
dr_kudou_link

杜仲茶はどんなお茶?

はてな

そもそも、杜仲茶とはどんなお茶なんでしょうか?そこで、杜仲茶の基本情報を少しご紹介しましょう。

原料は「杜仲」の葉

杜仲葉

私たち日本人にとっていちばんなじみ深い「緑茶」は、摘み取った茶葉(チャノキの葉)を原料にしています。

一方、杜仲茶は中国原産の「杜仲の葉」を原料にしています。

この杜仲の葉は、漢方薬としても使われていて、中国で古くから薬草としても使われていました。

そのため杜仲茶にはいろんな効能があることが分かっていて、杜仲茶の飲めば「ダイエット」「美容」「健康」に役立てることができるんですよ。

1990年代にブームになった杜仲茶

スタート

日本で、杜仲茶は2000年代に入ってから一般的に飲まれるようになったイメージがある方も多いと思いますが、1990年代に一度ブームになりました。

ブームの火つけ役になったのは、杜仲茶を健康茶として紹介したテレビ番組でした。

そして最近では、「脂肪を燃やす」「脂肪をためない」といったトクホ(特定保健用食品)の飲み物が増えていますが、杜仲茶はトクホの第1号の飲み物だったんです。

トクホの飲み物というと、ダイエットや健康に良いイメージがありませんか?

ですので、ぜひ杜仲茶を飲んでダイエットや健康に役立てましょう!

杜仲茶の「効能」は?

痩せる3

それでは杜仲茶に、実際どんな効能があるのかご紹介します。

1.気になる内臓脂肪を落とす

太る3

まずは、ダイエットに役立つ杜仲茶の効能をご紹介しましょう。

杜仲茶には「ゲニポシド酸」と呼ばれる成分を含んでいます。

このゲニポシド酸は、体内の脂肪を分解したりコレステロールの吸収を抑える働きがあるため、杜仲茶には内臓脂肪を落とす効能があります。

ダイエットをする方にとって、内臓脂肪は悩みの種ですよね?お腹にたまった内臓脂肪をどうにかしたい方も多いと思いことでしょう。

そこで杜仲茶を飲んでゲニポシド酸を摂れば、内臓脂肪が落ちやすくなってダイエットに役立てることができるんですよ。

ちなみに杜仲茶で内臓脂肪を落とすには、食事と一緒に飲むと良いといわれています。ですので、ぜひ食事と一緒に杜仲茶を飲みましょう。

2.血流を良くして代謝が上がる

汗

杜仲茶のゲニポシド酸は、内臓脂肪を落とすだけじゃなく、まだダイエットに役立つ効能があります。

それは血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える効能で、血流を良くして代謝のアップにつなげることができます。

そして、代謝が上がれば消費エネルギーを増えるので、ダイエットにとても効果的なんです。

さらに杜仲茶に限る話ではありませんが、水分を摂ることも血流を良くすることにつながります。

水分を摂ることで、血液中の水分量が増えるため、血液がサラサラになって流れが良くなり、これも代謝のアップにつながります。

つまり、杜仲茶の代謝を上げる効能は非常に高く、ダイエット効果が高いんですね。

3.血糖値の上昇が緩やかにする

血糖値

ダイエットと血糖値は、切っても切れない関係にあります。

血糖値が急上昇すると、食事したものが脂肪になりやすくなるため、太りやすくなってしまうんですね。

じつは杜仲茶には、そんな血糖値の上昇を緩やかにする効能があり、体脂肪をためにくくできます。

例えば食事と一緒に杜仲茶を飲むと、血糖値が上がりにくくなるので、食事をしても太りにくくすることができます。

ちなみに、食事と一緒に杜仲茶を飲んでいるからといって、食べ過ぎては太ってしまいますので気をつけましょう。

4.生活習慣病予防にも良い

太る

今や現代病とも呼ばれている「生活習慣病」。生活習慣病が原因で、命を落とす方も少なくありません。

その生活習慣病の原因となるのが、血管が硬くなる「動脈硬化」。そして動脈硬化から

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 脳卒中
  • 下半身壊死

などの生活習慣病を引き起こしてしまいます。

つまり、動脈硬化を防ぐことが生活習慣病の予防になるのですが、そこで役立つのが杜仲茶です。

杜仲茶には血液中のコレステロールや中性脂肪を抑える効能があり、血圧をコントロールして動脈硬化の予防の効果があり、生活習慣病の予防にも期待できるんですよ。

5.利尿作用でむくみを解消

顔のむくみを解消する方法

ダイエットをしている方の中には、体のむくみに悩んでいる方もいらっしゃると思います。

体のむくみは、体重以上に太って見えてしまうので、本当に最悪な状態です。

そんな体のむくみの原因にはいろいろありますが、体にたまった余分な水分もその1つです。

細胞と細胞の隙間に余分な水分が入り込むため、その部分が膨れ上がってむくみとなってしまうんです。

そこで杜仲茶です。杜仲茶には、利尿を促す効能があります。

杜仲茶を飲めば、利尿作用で体にたまった余分な水分を排出できるので、体のむくみを解消できるんですよ。

6.美肌にも良い

美肌2

杜仲茶の利尿を促す効能は、美肌効果も期待できます。

なぜなら、杜仲茶を飲んでたくさん尿を出せば、体にたまり続けている老廃物を排出できるから。

その結果、肌にハリや潤いが戻るため、杜仲茶は健康的な美肌づくりにも役立つんですよ。

逆に体に老廃物がたまり続けると、肌荒れが起きるようになり、さらにはシワやたるみなどができやすくなります。

このように杜仲茶の効能には、ダイエットや健康だけじゃなく、美肌などのアンチエイジングにも役立つので、杜仲茶は健康的で美しい体づくりにオススメなんですよ。

スポンサーリンク

ダイエット効果のある杜仲茶の飲み方

VAAMを飲む

せっかく杜仲茶を飲むなら、少しでもダイエット効果を上げたいですよね?

そこで、ダイエット効果のある杜仲茶の飲み方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

食事と一緒に飲む

血液サラサラにする食べ物&飲み物

すでにご紹介していますが、食事と一緒に杜仲茶を飲む飲み方は、ダイエットにとても効果的です。

杜仲茶の効能には、「脂肪の分解」「血糖値の上昇を緩やかにする」などがありますので、ダイエットにかなり期待できます。

また、食事と一緒に水分をたくさん摂ると、お腹が膨らみやすくなります。そのため、食べ過ぎの予防にもなりますので一石二鳥ですよ。

自分で杜仲茶を作って飲む

急須

杜仲茶は、ペットボルトに入ったものならコンビニやスーパー、ドラッグストアに行けば簡単に買うことができます。また、ティーバッグに入ったものもあります。

でも、毎度毎度ペットボトルの杜仲茶やティーバッグをを買っていたら、お財布の中が心配になってきますよね?

そこでオススメなのが、茶葉を買って自分で杜仲茶を作って飲む飲み方です。自分で作れば経済的にも安心ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

茶葉は杜仲茶葉100%のものを使用

市販されている杜仲茶葉には、他の茶葉がブレンドされたものがあります。

そうしたブレンド茶葉だと、せっかくの杜仲茶の効能が薄れる可能性がありますので、杜仲茶葉100%のものを選んで使用しましょう。

杜仲茶の作り方の手順

杜仲茶は次の手順で作っていきましょう。

手順
  1. やかんに水を1リットル入れる
  2. 杜仲茶葉(3g)を煮出し用のパックに入れ、やかんの中に入れて火にかける
  3. 沸騰したら火を弱めて10~15分ほど煮出す

以上となります。なお、濃いめの杜仲茶を飲みたい場合は、煮出す時間を増やしてみましょう。

 杜仲茶の保存方法は、常温で冷やしてから保存容器に移して冷蔵庫に入れてください。

杜仲茶葉の値段の相場は?

値段

杜仲茶をご自分で作る場合、杜仲茶葉の値段が気になる方もいらっしゃるでしょう。

杜仲茶葉の値段の相場は

100gで約500円

になり、100gの茶葉で約30リットルの杜仲茶が作れます。

杜仲茶のティーバックは100gだと約1200円。杜仲茶のペットボトル30リットルは約7000円となりますので、茶葉のほうが安いことが分かりますね。

もし杜仲茶でダイエットされる場合は、どのように購入するか参考にしていただけたらと思います。

杜仲茶でダイエットする時の注意点

ストップ

ここまで、杜仲茶の効能と飲み方についてご紹介してきましたが、杜仲茶でダイエットする時、注意していただきたいことがあります。

それは杜仲茶の飲む量です。いくら杜仲茶がダイエットに良くても、飲み過ぎると体に悪影響を与える恐れがあるんです。

その悪影響の代表的なものが「下痢」です。原因は、水分により胃酸などの消化液が薄くなるため、消化不良を起こすからなんです。

下痢になると腸の働きが悪くなったり、体の水分が失われて血液の流れが悪くなるので、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。

ですので、杜仲茶の飲む量は1日コップ5杯までにしましょう。

例えば、朝起きてすぐに1杯。そして1日3回の食事に1杯ずつ飲んで、残りの1杯は好きなタイミングで飲むと良いですよ。

スポンサーリンク

痩せる飲み物の関連記事

次の記事では、ダイエットに役立つ痩せる飲み物について紹介していますので、ぜひ杜仲茶の一緒にのでダイエットに役立ててみてください。



まとめ

いかがだったでしょうか?

最近のお茶には、ダイエットや健康に良いものが増えています。例えば、「カテキン緑茶」や「黒烏龍茶」などが有名ですよね。

でも、その効果ゆえにお値段も高いです。

そこで今回ご紹介した杜仲茶は、値段が安い上にそれらのお茶と同じような効能があります。しかも自分で作ることもできますので、とても経済的です。

もし、あなたが「ダイエットしたい!」「健康的な体になりたい!」と思っていらっしゃるなら、食事とともに杜仲茶を飲んでみませんか?

\ SNSでシェアしよう! /

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の注目記事を受け取ろう

tochu-tea

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 食べて、飲んで、痩せる!内臓脂肪を減らす食べ物と飲み物12個

  • スッキリ感が最高!レモン水のダイエット効果8つ&作り方

  • チーズダイエットの意外な効果/食べるべきオススメの種類は?

  • 飲めばダイエットや美容に良い!ルイボスティーの効果6つ

  • きなこ牛乳8つの効果が凄い!ダイエットにいい健康ドリンク

  • 食べて痩せたい!ダイエットにいい「痩せる食べ物」36個